「スーパームーン三連発」は異常なことが起こることを示しています

    専門家の予測によると、2019年2月19日と3月21日に、続けてスーパームーンが現れるとのことで、1月21日に現われた「スーパーブラッド・ウルフ・フムーン」に続く宇宙の珍しい現象が発生するとなるとのことです。 関連する情報によると、「スーパームーン」とは、満月が地球に最も近づく「近地点」のことを指しており、月の直径が通常より14%大きく見え、その光度も30%増

    『スーパー・ブラッド・ウルフムーン』2019ユダヤ教のラビ:世界の終わりが近づいた

    米航空宇宙局(NASA)によれば、米国東部時間2019年1月20日夜9時36分に、めったに見られない奇異な天体現象「スーパー・ブラッド・ウルフムーン」が見られる。これは2018年1月31日にスーパー・ブルームーンが現れた後、再び現れた奇異な天体現象だ。今度の『スーパー・ブラッド・ウルフムーン』は北アメリカ、南アメリカ、欧州の西部とアフリカの部

    聖書の預言について、どう扱われば主の御心に適うのか

    聖書にはこう書かれています:「聖書の預言はすべて、自分勝手に解釈すべきでないことを、まず第一に知るべきである。なぜなら、預言は決して人間の意志から出たものではなく、人々が聖霊に感じ、神によって語ったものだからである。」(ペテロの第二の手紙1:20-21)。「彼は、どの手紙にもこれらのことを述べている。その手紙の中には、ところどころ、わかりにくい箇所もあっ

    強風「山竹」がフィリピン、香港、マカオなどの地を一掃し、避け所はどこに

    超級颱風山竹吹襲香港特集(更新版) 寄稿家:アメリカ 張航 最近、多くのメディアに報道されている今年の台風第22号「山竹」です。台風「山竹」は連続してフィリピン、香港、マカオ、中国広東、広西と海南を襲い、至る所で人員の重大な死傷と建物の酷い損害を与えました。 9月16日、フィリピンでは台風「山竹」による少なくとも64人が死亡、33人が負傷、

    聖書預言-ハルマゲドンの戦い

    ゼカリヤ書14:2 わたしは万国の民を集めて、エルサレムを攻め撃たせる。町は取られ、家はかすめられ、女は犯され、町の半ばは捕えられて行く。しかし残りの民は町から断たれることはない。 ゼカリヤ書14:5 わが山の谷はふさがれる。裂けた山の谷が、そのかたわらに接触するからである。そして、あなたがたはユダの王ウジヤの世に、地震を避けて逃げたように逃げる。こ

    聖書預言-イスラエルの復権

    エレミヤ書30:3 主は言われる、見よ、わたしがわが民イスラエルとユダの繁栄を回復する日が来る。主がこれを言われる。わたしは彼らを、その先祖に与えた地に帰らせ、彼らにこれを保たせる。 イザヤ書11:11 その日、主は再び手を伸べて、その民の残れる者をアッスリヤ、エジプト、パテロス、エチオピヤ、エラム、シナル、ハマテおよび海沿いの国々からあがなわれる。

    聖書預言-終末の教会の現状

    アモス書 4:6-8 「わたしはまた、あなたがたのすべての町であなたがたの歯を清くし、あなたがたのすべての所でパンを乏しくした。それでも、あなたがたはわたしに帰らなかった」と主は言われる。「わたしはまた、刈入れまでなお三月あるのに雨をとどめて、あなたがたの上にくださず、この町には雨を降らし、かの町には雨を降らさず、この畑は雨をえ、かの畑は雨をえない

    2018年7月ブラッドムーンの再現-ヤ―ウェの大いなる恐るべき日来たる

    ブラッドムーンの再現 珍しい天文現象である皆既月食が2018年7月27日の夜20:22:54 UTC(協定世界時)に再び現れます。 ウィキペディアによると、今回の皆既月食では、月の赤経は20°28’12’’、赤緯は19°、半影部分の光度は2.679、そして本影部分の光度は1.609になるそうです。天文現象は全体としてほぼ4時間も続きます。部分月食は235分間、皆既月食は102分間続き、今世紀で最長の

    150年に一度しか見られない珍しい天象「血の色をしたスーパー・ブルームーン」は 何を予告しているのか

    今年1月31日、150年に一度しか見られない珍しい天象――「血の色をしたスーパー・ブルームーン」が現れた。「ブルームーン」が現れた時、皆既月食が起こり、月は赤くなり、まるで血に染まったかのようだった。「ブルームーン」は、青くなった月を指すのではなく、同じ月に満月が 2 度あるときの 2 度目の満月を指す。 月食は半影月食、部分月食、皆既月食の3種類に分けら

    ハリケーンが来襲することが予測されている。わたしたちはどうすれば災難を逃れることができるのか

    9月5日、アメリカ国立ハリケーン・センター(NHC)は、「ハリケーン『イルマ』が5日の夜にカリブ海の東北部の島々、プエルトリコ、ドミニカ、ハイチ、キューバを、今週末にアメリカのフロリダ州を襲う見込みである」と発表した。 ハリケーン「イルマ」が来襲する時、きっと強風と洪水をもたらす。ハリケーンによってもたらされる災害を減らすためには、フロリダ州政府はすで

    超大型ハリケーン「ハービー」が来襲した。「不測の風雲」の背後の警告を求めるべきだ

    最近、アメリカの「風雲の変化」はいつも大衆の注目を集める。それは政治とは関係がなく、世の終わりの奇観、災難と関係がある。8月21日、ほとんどすべてのアメリカ国民は百年に一度しか起こらない皆既日食に驚嘆した。一部のクリスチャンは聖書の預言がすでに実現したのを見たので、「これ以上神に悔い改めないなら、どんな結末を得るだろう」と心配している。まだ一週間

    戦争に至ろうとしている朝鮮半島危機からは、わたしたちはどんな認識を得たのか

    今年、朝鮮半島の核危機に全世界はかつてない大きな関心を寄せている。朝鮮半島はすべてのマスコミの注目を集めている。ここで起こる一つ一つのことは東アジアの、ひいては国際の情勢の動きに影響を及ぼしている。北朝鮮当局は国際社会からの非難を無視し、独断専行して一再ならずミサイルを試射し、しかも核爆弾をアメリカ本土に発射すると息巻いた。そのため、新しいア

    スーパー「皆既日食」がアメリカを横断した――ニネベの町に対するヨナの警告の現代版

    2017年8月21日は特別な日であった。その日、皆既日食は一世紀近くの間に初めてアメリカを横断した。幅約70マイルの皆既日食帯によって、多くの都市は暗くなった。昼は一瞬のうちに暗い夜になり、月が高く昇っているような光景が現出した。今回の皆既日食はまずオレゴン州の太平洋海岸で起こり、そしてアメリカ西南部の内陸を通過し、最後にサウスカロライナ州の大西洋海岸に

    どのように預言を扱うべきか

    聖書に記されている、主の再来に関する預言がたくさんあります。どのクリスチャンもこれらの預言をよく知っています。特に主の再臨を切に待ち望んでいるわたしたちは、主の再来に関する預言を正確に理解し、認識したいと強く思っています。主の再来を見られるように。天の国に入りたいという望みを実現できるように。こういうわけで、どのように預言を扱うかは非常に重要

    スーパー細菌が襲ってきた。あなたは準備ができたのか

    ここ数年来、臨床上細菌感染が敗血症を誘発したために亡くなった患者は少なくない。老人の命であれ若者の命であれ、男の命であれ女の命であれ、体質の丈夫な人の命であれ体質の弱い人の命であれ、細菌、ウィルスの前では同じように弱いのである。さらに恐るべきことは、細菌感染を治療するのに用いられる抗生物質がもはや細菌に抵抗できなくなり、次第に効用を失いつつあ

    聊天前请阅读并同意我们的隐私权政策。

    您已阅读并同意我们的隐私权政策吗?