メニュー

いのちのパン

招かれる者は多いが、選ばれる者は少ない

わたしは地上において、わたしの追随者となるように多くの人々を求めてきた。これら追随者の中には、祭司として仕える人々、先導する人々、子となる人々、民を形成する人々、奉仕をする人々がいる。彼らがわたしに見...

終わりの日のキリストだけが人に永遠のいのちの道を与えられる

いのちの道は誰でも持てるものではなく、また誰にとっても簡単に得られるものではない。いのちは神からしか生じ得ないからである。つまり、神自身のみがいのちの本質を有しており、神自身のみがいのちの道を...

新時代の戒め

あなたがたは神の言葉をもって自らを装備するよう言われているが、あなたがたのために何が采配されようが、すべては神が自らの手で指揮するものであるから、あなたがたの熱心な祈りや嘆願は必要ではない──それらは...

神について何を理解しているのか

人々は長いこと神の存在を信じてきたが、ほとんどの人は「神」という言葉を理解していない。単にぼんやりと後について行くだけである。彼らは一体なぜ神を信じるべきなのか、あるいは一体神とは何かについてまったく...

宗教的な奉仕は一掃されなければならない

全宇宙における神の働きが始まって以来、神は多くの人々を神に仕えるように運命づけてきた。そこにはあらゆる社会的地位の人々が含まれている。神の目的は、神の心を満たすことと、神の地上での働きが、必ずとどこお...

あなたがイエスの霊のからだを見る時は、神が天と地を新しくした時である

:root { --font-size: 18px; } 聖書の部屋へようこそ。あなたが信仰上で困惑や困難にぶつかることがございましたら、い...

神の現れによる新時代の到来

:root { --font-size: 18px; } 聖書の部屋へようこそ。あなたが信仰上で困惑や困難にぶつかることがございましたら、い...

神と人は共に安息に入る

はじめ、神は安息の中にいた。その時、地上には人類も他の何物もなく、神は何も働きをしなかった。人類が存在するようになり、さらに人類が堕落してしまった後、神ははじめて経営(救い)の働きに取りかかった。その...

将来の使命にどのように取り組むべきか

あなたは時代ごとの神の性質を、時代の重要性を踏まえた言葉で表現できるだろうか。神の働きに関するあなたの経験を通して、神の性質を詳しく述べることができるだろうか。あなたはそれをどのようにして適切且つ的...

神を知ることこそ神を畏れ悪を避ける道

あなた方はみな、自分が生涯を通じて神のどのように信じてきたかを新たに吟味し直し、神に付き従う過程で自分が真に神を理解し、認識し、本当に神を知るようになったかどうか、様々な種類の人間に対して神がどのよう...

キリストと融和する道を探せ

わたしは人々の間で多くの働きをしてきた。わたしがその間に発した言葉は数多くある。これらの言葉は人間の救済のためで、人間がわたしと融和するようにと発したものである。しかし、わたしと融和する者は、地上では...

落ち葉が土に還る時、あなたは行ったあらゆる悪事を後悔するであろう

あなた方は皆、わたしがあなた方の間で行った働きを自ら見、わたしが語った言葉を自ら聞き、あなた方に対するわたしの態度も知っている。それ故に、わたしがこの働きをあなた方の内に行っている理由を知っているはず...

適切な牧者が備えておくべきもの

あなたは、聖霊が人々に働きかける時に人々が置かれる多くの状況を理解しなければならない。特に、協調して神に仕える者たちは、聖霊が人々に働きかけることによってもたらされる様々な状況をよりしっかりと把握して...

キリストの本質は父なる神の心への従順

受肉した神をキリストと呼ぶ。キリストは神の霊が肉をまとった姿である。この肉はいかなる肉ある人間とも異なる。キリストは肉と血でできているのではなく、神の霊が受肉したものだからである。キリストは普通の人間...

神は人間のいのちの源である

産声を上げてこの世に生まれてきた瞬間から、あなたは自分の責務を果たし始める。神の計画と定めの中で自分の役割を果たして、いのちの旅を始める。背景が何であれ、また前途がどうであれ、天の指揮と采配から逃れら...

神を知る者だけが神に証しを立てることができる

神を信じ、神を知ることは、天の法則であり地上の原則である。そして、今日、つまり受肉した神がその働きを自ら行なっている時代は、神を知るのに特に良い時である。神を満足させることは、神の心についての理解とい...

神の経営の中でのみ人は救われる

誰もが神による経営(救い)を未知のものだと感じる。なぜなら、神の経営は完全に人間と無関係だと人々は考えるからである。人々はこの経営は神だけの働き、神独自の用事だと考えるので、神の経営の働きに無関心であ...

精錬を経ることでのみ、人は真の愛をもつことができる

精錬の間、どのように人は神を愛するべきだろうか?精錬を経験してからは、精錬の間に人々は真に神を賞賛することができ、欠けているものがどれほどあるかを理解する。精錬が大きいほど肉を捨てることがより可能にな...