ペテロが天国の鍵を得た原因の探求

    聖書を読んで困惑する 私は朝早く起きると、祈り、聖書のマタイによる福音書16章19節を開きました。主イエス様がペテロに語った内容が書かれている箇所です。「わたしは、あなたに天国のかぎを授けよう。そして、あなたが地上でつなぐことは、天でもつながれ、あなたが地上で解くことは天でも解かれるであろう」。この句を読んで私は困惑し、思いました。「ペテロは大した

    ヨハネの黙示録における「書き加えるな」という箇所の意味

    寄稿家:遅恒(中国) 自動車のクラクションの「ビ4ーッ、ビーッ」という鋭い音が狭い路地で鳴り響いたため、徐敏は考え事から我に返りました。振り向くと、「私ったら、牧師が今朝言ったあのことを考え込んでぼーっとしている間、後ろの車の邪魔になっていたのに気づかなかったのね」と悟りました。急いで謝って、車を通る場所ができるように横に移動したので、そこには彼

    パリサイ人達のメシア預言との向き合い方からの学び

    二千年前、イスラエルの人々は、メシアの到来を待ちわびていました。にも関わらず、メシアである主イエス様がいよいよ来られたというその時、パリサイ人達はメジアを十字架にかけ、その結果神様の罰を受けることになりました―イスラエルの崩壊です。このイスラエルの苦い失敗を通して、私たちも自身を顧みる必要があります。何世代にも亘って神様を信じてきたパリサイ人

    聖書のことばー「違った福音」をどう理解すべきか

    聖書にはこう記されています。「あなたがたがこんなにも早く、あなたがたをキリストの恵みの内へお招きになったかたから離れて、違った福音に落ちていくことが、わたしには不思議でならない。それは福音というべきものではなく、ただ、ある種の人々があなたがたをかき乱し、キリストの福音を曲げようとしているだけのことである。しかし、たといわたしたちであろうと、天

    ソロモン王の知恵:「2つの花籠」から得た御啓示

    ソロモン王の時代に人気のあった話があります。それは、こんな話です。ある日、ソロモン王は近隣の王国の使節から珍しい花が入った2つの花籠を受け取りました。これらの2つの籠の中の花は、その葉っぱも花びらも極めてよく似ていました。使節はソロモン王に「陛下、これら2つの籠の内、1つは本物の花で、他方は造花です。陛下のお知恵は世界中に知れ渡っており、我が国の

    主イエスが復活後に人類の前に出現された意義の2つの側面

    聖書にはこう記されています。「こう話していると、イエスが彼らの中にお立ちになった。〔そして「やすかれ」と言われた。〕彼らは恐れ驚いて、霊を見ているのだと思った。そこでイエスが言われた、「なぜおじ惑っているのか。どうして心に疑いを起すのか。わたしの手や足を見なさい。まさしくわたしなのだ。さわって見なさい。霊には肉や骨はないが、あなたがたが見ると

    イースター(復活祭)とは?2019年はいつ?復活祭の意味は何か

    イースター(復活祭)とは?イースターの本当の意味は何か、あなたは知っていますか?2019年のイースターは4月21日(日)です。多くの人は復活祭がイエスの復活を祝うためのものであると信じています。実際には、そこにこめられているのはもっと深い意味です。 イースター(復活祭)とは?イースターの起源 イースターとは、復活の主日とも呼ばれ、主イエスが十字架につけ

    バプテスマを受けて新たに生まれ変わりを表していますか

    【編集者メモ】多くのキリスト教徒は、洗礼とは主イエスによって罪が赦され、生まれ変わることであると信じています。しかし私たちの多くが困惑していることに、なぜ洗礼を受けた後でも罪という足かせを取り払うことができず、罪を犯す状態で生きることが多いのか、ということです。洗礼は生まれ変わりを意味するのでしょうか。 寄稿家:セドリック(カナダ) 幼少期に

    イースター(復活祭)の起源と主イエスの復活の意味

    イースターがもうすぐそこまで来ていたのです。聖書にも記録がある通り、イースターは次のように発端しました:イエス・キリストが弟子の1人の裏切りにより裁判所に連れていかれ、世界中の罪を贖うため、金曜日に進んで自らを犠牲にして十字架に釘付けにされました。ユダヤ法によると、土曜日は全ての活動を中止する必要があるとされた安息日でした。こうして、キリスト

    聖書に記されている二人の「お金持ち」—ソロモンとヨブの結末は、何故違うのか

    寄稿家:フアンレ(中国) 【編集者メモ】周知のとおり、聖書に登場するソロモンとヨブは、二人とも大富豪だったが、最後にはそれぞれまったく異なる結末を迎えた。ヨブが神に認められた一方で、ソロモンは神にひどく嫌われ、拒絶された。彼らの結末これほど異なった理由をご存知だろうか?以下の記事を読んで知っていただきたい。 本日は、旧約聖書に登場する二人の「金

    聖書の「死者の復活」とはいったいどういうことでしょうか

    エゼキエル書37:5-6にはこういう記録があります。「 主なるヤーウェはこれらの骨にこう言われる、見よ、わたしはあなたがたのうちに息を入れて、あなたがたを生かす。わたしはあなたがたの上に筋を与え、肉を生じさせ、皮でおおい、あなたがたのうちに息を与えて生かす。そこであなたがたはわたしがヤーウェであることを悟る。」 そして、テサロニケ人への第一の手紙4:16には

    神の恵みとは何か。神から人間に対する最も偉大な恵みとは?

    寄稿家:シンディ(米国) 恵みは神から来るもので、神は私たち人間を創造なさったので、神の恵みは常に私たちと共にあります。神の恵みの例を挙げるとしたら、兄弟姉妹たちの多くは、「神は彼らの病気を治してくださった」、「神は彼らの家庭の平安を保証してくださる」、または「神は彼らの家族を幸せにし、全てが順調に進むようにしてくださる」等と言うかも知れませ

    ヨブ記感想-発病や苦難もまた神の恵みです

    寄稿家:シァンフェイ(中国) 御恵みの話しになると、私たちは普段それを神の祝福と愛に結びつけます。しかしながら、私たちの日常生活は全てが常に順調なわけではありません。病気や苦難に見舞われることがよくあります。そのような時、私たちは反抗的で、抵抗的で、不満げな態度を見せてこう考えます:「主イエス様は私たちに御恵みを与えてくださるのではないのか?

    主イエス様が働きをされた時、たとえ話を語られた理由

    主イエス様は働きをされた時、当時の人々に多くの御言葉を話されました。その中にはとても分かりやすい御言葉があります。例えば、主イエス様は頻繁にこう言われました:「よくよくあなたがたに言っておく…」主イエス様がピリポに仰った:「わたしが父におり、父がわたしにおられることをあなたは信じないのか…」(ヨハネによる福音書14:10)、という遠回しのお言葉もあり

    ラザロを蘇らせた奇跡の裏に隠された神の御旨とは?

    主イエス様を信仰する私たちの兄弟姉妹たちは誰もが恵みの時代に主イエス様が人類に対する贖いの働きをなさったことを知っています。主は私たちに思いやりと寛容をお与えくださり、寛容であり、我慢強くあること、そして悔い改めて告白することを教えてくださっただけでなく、盲目を見えるようにして、足の不自由な者を歩けるようにしたり、らい病患者を癒されたり、5000

    福音とは何か。なぜ福音を宣べ伝えるべきか

    「福音」とは、「よい知らせ」のことです。イザヤ書第61章1節にこう書かれています。「主はわたしに油を注ぎ、主なる神の霊がわたしをとらえた。わたしを遣わして貧しい人によい知らせを伝えさせるために。打ち砕かれた心を包み、捕らわれ人には自由を、つながれている人には解放を告知させるために」。 福音というと、コリントの信徒への手紙二第1章10節に「神は、こ

    妨害をどう捉えるか

    多くの兄弟姉妹誰もが、私達は主を信じており、主の御加護と愛により、すべてのことはスムーズに進むはずで、妨害や問題は私達に起きるはずがないと信じることがよくあります。しかし、現実には、私達の人生や働きの中には、あらゆる不快な物事があり、私達は妨害や苦難によく遭遇します。これらに遭遇することを避けることはできません。では、私達はこれらをどう捉える

    ヨナが魚に飲み込まれたことから神の性質を知る

    ある日、私は聖書の写真を閲覧していた時、ヨナが海で大魚に飲み込まれる写真に惹かれました。そして私は聖書の中にあるヨナ書を開き、聖句にこう記述されているのを見ました、「主の言葉がアミッタイの子ヨナに臨んで言った、『立って、あの大きな町ニネベに行き、これに向かって呼ばわれ。彼らの悪がわたしの前に上ってきたからである』。しかしヨナは主の前を離れてタ

    五つのパンと二匹の魚の奇跡は主イエス様のどういった御旨を伝えたのか?

    伊藤兄弟へ 私たちが最後に会ってからもうすぐ2年になります。すべて順調ですか?2年前にあなたが私に主イエス様の福音を説いてくださって以降、私は敬虔に聖書を読み、スケジュール通りに集会に参加し、ある程度は結果を出せている気がしています。特に、私が最近読んだ聖句で、主が5つのパンと2匹の魚で5000人を食べさせたということからは、神の比類なき権威と御力が分

    主イエス様はどうしてトマスの信仰を称賛されなかったのか?

    聖書にはこう記述されています、「八日ののち、イエスの弟子たちはまた家の内におり、トマスも一緒にいた。戸はみな閉ざされていたが、イエスがはいってこられ、中に立って『安かれ』と言われた。それからトマスに言われた、『あなたの指をここにつけて、わたしの手を見なさい。手をのばしてわたしのわきにさし入れてみなさい。信じない者にならないで、信じる者になりな

    特別なクリスマスの プレゼント

    福山羽生にとって今年のクリスマスは特別な意味があります。なぜなら、彼は特別なプレゼントがもらえるからです。 クリスマス当日、教会には空席がありません。兄弟姉妹たちは聖なる食事を取ったり、パフォーマンスを行いながら祭事に参加しています。端っこに座っている福山羽生を除いて、全員が喜びで輝いています。なぜなら彼は痛ましい現象を目にしていたのです:

    聖書を学ぶための秘訣

    聖書を読むのは各キリスト教徒にとって必須課程です。多くのキリスト教徒たちは聖書の解釈に上達して主の御心をより良く理解しようと聖書の学習方法を幾つか考えました。第1に、彼らは聖書の何バージョンを読むかを選択します。今現在、聖書は、「The Daily Study Bible」、「The Cross References of the Bible」、「Abundant Life Study Bible」等沢山のバージョンが存在しています。また、多くの

    神はどうしてダビデは神の御心に沿っていると言われたのでしょう?

    ダビデはイスラエルの民から深く尊敬され支持された王でした。 ダビデの名前を聞くと、彼の勇敢な行為が私の頭の中に沢山浮かびます:彼は石を投じて巨人ゴリアテを殺しました。彼は勇敢に戦いに挑み、各戦いに勝利しました。彼はプサルテリーとハープを奏でてヤ―ウェ神を讃えました⋯しかし、私はウリアを殺し彼の妻バテシバを力ずくで奪ったという彼の汚点も覚えて

    神様を崇拝することと偶像を崇拝することの違い

    インターネット上に主イエス様のイラストを掲載したり、これを兄弟姉妹と共有したりすることは偶像崇拝に当たり、神様を崇拝することにならないという旨のステートメントがオンライン上で出回っています。それは本当でしょうか?神様を崇拝することと偶像を崇拝することを私達はどのように区別することができるでしょうか? 主イエス様は次のように仰っています。「し

    賢いクリスチャンは果実によって彼らを見分ける

    「すべて良い木は良い実を結び、悪い木は悪い実を結ぶ。良い木が悪い実をならせることはないし、悪い木が良い実をならせることはできない」(マタ7:17-18)。 今日は、皆さんとあることを分かち合いたいと思います。誰かが主は戻られたと説教するのを聞くとき、彼らが伝道する福音が主の再来の福音であるかをどのように見定めるべきでしょうか?そして、どのようにしたら、

    毎日の聖書への信仰心:あなたの心の中で神様と神殿はどちらのほうが偉大な存在ですか?

    聖書には次のように記載されています:「 あなたがたに言っておく。宮よりも大いなる者がここにいる。『わたしが好むのは、あわれみであって、いけにえではない』とはどういう意味か知っていたなら、あなたがたは罪のない者をとがめなかったであろう。人の子は安息日の主である」(マタ12:6-8)。私が神様を信仰し始めた頃にこれらの聖句を読みました。当時、私が分かっていた

    ご覧なさい。福音の種はふわふわと飛び、大地に蒔かれている最中です - タンポポの綿毛の種を通して送られた愛をあなたは受け取りましたか?

    太陽のような黄色い花が芝生の上に点在しています。これらの花はバラのように華やかでもなければ、百合のような上品さもありません。これらの花は美しいドレスも、豊かな果実も身に着けず、注目もされません。その姿は、丘でも、空き地でも、道端でも、街角でも、いたる所で見受けられます。秋が来ると、これらの花は徐々に熟して、命の種を付けた無数の小さな傘のふわふ

    イサクの燔祭の逸話から神様を知る

    聖書の関連箇所: 「神はまたアブラハムに言われた、『あなたの妻サライは、もはや名をサライといわず、名をサラと言いなさい。わたしは彼女を祝福し、また彼女によって、あなたにひとりの男の子を授けよう。わたしは彼女を祝福し、彼女を国々の民の母としよう。彼女から、もろもろの民の王たちが出るであろう』。アブラハムはひれ伏して笑い、心の中で言った、『百歳

    ペテロは主に従った後、何を得たのでしょうか?

    主の信仰者の中に、ペテロを知らない人はいません。聖書の記録によると、ペテロは主イエス様と出会う前は漁師だったそうです。ある朝、主イエス様はゲネサレト湖にやって来られ、人々は主イエス様の説教を聞こうと主に押し迫りました。その時、ペテロとその仲間たちはガリラヤ湖で夜通し漁を行ったばかりで、舟の隣で網を洗っていました。主イエス様はペテロの舟に乗り込

    主の言った「真夜中」とはどういう意味か

    主を信じたばかりの時、わたしはマタイによる福音書第25章6節に「真夜中に『花婿だ。迎えに出なさい』と叫ぶ声がした」と書いてあるのを見ました。そのため、わたしは、主は人が眠っている真夜中に来られる、と思っていました。再来した主に引き上げられる機会を逸しないように、わたしは毎夜、時間どおりに起きて祈りました。何回も起きて祈る夜はたくさんあります。しか

    なぜ主がわたしの祈りを聞き入れないのか

    祈りは、クリスチャンが神との正常な関係を維持する手段の一つです。特に早祷と晩祷はクリスチャンにとって不可欠なことです。内山さんは毎日必ず祈ることにしていますが、しかし主が自分の祈りを聞き入れないといつも感じ、主の臨在さえ感じられません。彼はインターネットで自分の感じを書いた後、すぐ多くの兄弟姉妹の共感を呼びました。 内山さんの言葉が真実であ

    なぜ主イエスがカナンの女の信仰を良しとされたのか

    聖書にこう記されています。「すると、この地に生まれたカナンの女が出て来て、『主よ、ダビデの子よ、わたしを憐れんでください。娘が悪霊にひどく苦しめられています』と叫んだ。しかし、イエスは何もお答えにならなかった。そこで、弟子たちが近寄って来て願った。『この女を追い払ってください。叫びながらついて来ますので』。イエスは、『わたしは、イスラエルの家

    聖書を読む4つの原則は、あなたが把握しているのか

    聖書を読むことは、クリスチャンが毎日霊的生活を送るのにしなければならないことです。では、どのように聖書を読めば、よい効果を収めることができますか。あなたが四つの原則を把握したら、予想外の収穫を得られます。 第一に、神の即時的な言葉を読む 神の即時的の言葉は神の最も新しい働きを代表します。それは神がわたしたちの当面の必要に応じてわたしたちに供

    あなたは「子供のようになりたい」のか

    天の国は神の国、聖なる神の国であり、信者のわたしたちが寝ても覚めてもあこがれている所です。主イエスが受肉して天の国の福音をもたらしてから二千年の間、わたしたちすべての信徒は主が再来される時、自分は生きていて、しかも主によって天の国の中に携え上げられると望んでいます。わたしは常にこう考えます。「主が来られる時、わたしは主によって天の国の中に携え

    誠実な人こそが心から神を愛することができる

    主イエスはわたしたちにこう教えられました。「はっきり言っておく。心を入れ替えて子供のようにならなければ、決して天の国に入ることはできない」(マタ18:3)。主はわたしたちが子供のようになることを要求されますが、では主が言うような子供はどんなふうな人ですか。単純で誠実で、神をひたむきに愛していて、神を満足させるためだけに生きている人です。このような

    エチオピアの宦官が福音を受け入れたことによってもたらされる啓示

    聖書にこう記されています。「さて、主の天使はフィリポに、『ここをたって南に向かい、エルサレムからガザへ下る道に行け』と言った。そこは寂しい道である。フィリポはすぐ出かけて行った。折から、エチオピアの女王カンダケの高官で、女王の全財政の管理をしていたエチオピア人の宦官が、エルサレムに礼拝に来て、帰る途中であった。彼は、馬車に乗って預言者イザヤの

    永遠の命に至る道はあなたが見つけたのか

    主を信じる人は誰でも、神だけが永遠のいのちの道を持っていることを知っています。主イエスはこう言われました。「わたしは道であり、真理であり、命である。……」(ヨハ14:6)。ヨハネの黙示録第22章1節から5節にこう記されています。「天使はまた、神と小羊の玉座から流れ出て、水晶のように輝く命の水の川をわたしに見せた。川は、都の大通りの中央を流れ、その両岸には

    「モーセが人をカナンの土地の偵察に遣わした」ことによって考えさせられること

    聖書の旧約にこう記されています。「モーセは主の命令に従い、パランの荒れ野から彼らを遣わした。彼らは皆、イスラエルの人々の長である人々であった」(民数記 13:3)。「イスラエルの人々の間に、偵察して来た土地について悪い情報を流した。『我々が偵察して来た土地は、そこに住み着こうとする者を食い尽くすような土地だ。我々が見た民は皆、巨人だった。そこで我々が

    なぜヨナは魚に呑み込まれたのか

    ある日、わたしは聖書に関するいろいろな絵を見る時、魚がヨナを呑み込んでいる絵に引きつけられました。そして、わたしは聖書を開いて、ヨナ書にこう書かれているのを見ました。「主の言葉がアミタイの子ヨナに臨んだ。『さあ、大いなる都ニネベに行ってこれに呼びかけよ。彼らの悪はわたしの前に届いている』。しかしヨナは主から逃れようとして出発し、タルシシュに向

    用心しろ!霊的に盲目になるな

    主イエスがこう言われました。「わたしがこの世に来たのは、裁くためである。こうして、見えない者は見えるようになり、見える者は見えないようになる」(ヨハ9:39)。「見えなかったのであれば、罪はなかったであろう。しかし、今、『見える』とあなたたちは言っている。だから、あなたたちの罪は残る」(ヨハ9:41)。 わたしは聖書のこの二箇所の言葉を読むたびに、疑問に

    聖書を読む:賢いサマリアの女

    サマリアの女の物語は、多くの人がよく知っています。サマリアの女は水をくみに行った時、彼女から飲み物を求める主イエスに出会いました。主イエスとの対話によって、彼女は主イエスが預言の中の来たるべきメシアだと分かりました。 一人の普通の女はそんなに多くの聖書の知識を持たず、また宗教の上層部の人に接触しなかったが、神の声を聞き分けられました。わたし

    神の性質の中には、慈しみ、憐れみだけがあるのか

    わたしたちが知っているように、律法の時期の末期、人は極めて深く腐敗して、律法を守れないため、律法によって罪定めされ、死刑にされるという危険な状態にありました。受肉した主イエスはわたしたちの罪を担うために、十字架につけられてわたしたちを罪の中から贖い戻されました。彼はわたしたちの罪を赦し、またわたしたちに豊かな恵みと祝福を与えられました。そのた

    日曜日に関しては、わたしたちは何問正しく答えられるか

    一、一週間には何日ありますか。 こう聞かれたら、皆さんはきっと口をそろえて、「もちろん七日あります。これはだれも知っていますよ。聞く必要がないのではありませんか」と答えます。 二、週の初めの日はいつですか。 多くの人は考えもせずに、こう答えるでしょう。「もちろん月曜日です。なぜなら、土曜日、日曜日連続して休んだ後、さまざまな職業の人々は一週間の

    ファリサイ派とサドカイ派の人々のパン種に注意すべきだ

    「ファリサイ派とサドカイ派の人々のパン種によく注意しなさい」(マタ16:6) 主イエスはどんな背景の下でこう言われましたか。聖書にこう書かれています。「ファリサイ派とサドカイ派の人々が来て、イエスを試そうとして、天からのしるしを見せてほしいと願った。イエスはお答えになった。『あなたたちは、夕方には「夕焼けだから、晴れだ」と言い、朝には「朝焼けで雲が

    なぜ主イエスは普通の姿で人の間で働かれたのか

    わたしは牧師で、主のために長年働き、道を説きました。しかし、主イエスがこの世に来て働かれる時、なぜ普通で平凡な人の姿を取られたのかという疑問はずっとわたしの心底にあります。主イエスの容貌が平凡なので、多くの人は彼が神ご自身であることを否定します。多数の人は彼を普通の人と見なしてしまいます。特に祭司長、律法学者、パリサイ人はそうです。彼らは主イ

    なぜ主イエスは安息日に働かれたのでしょうか

    ヤーウェ神が人に安息日を守るように要求されました 旧約聖書には、ヤーウェ神が律法と戒めを発布してわたしたち人類に守らせたことが記されています。安息日を守ることは、人の遵守すべきことの一つです。第四の戒めはこう言っています。「安息日を心に留め、これを聖別せよ。六日の間働いて、何であれあなたの仕事をし、七日目は、あなたの神、主の安息日であるから、

    なぜ主イエスは安息日に弟子たちが麦の穂を摘んで食べることを許されたのか

    「そのころ、ある安息日にイエスは麦畑を通られた。弟子たちは空腹になったので、麦の穂を摘んで食べ始めた」(マタイによる福音書12:1)。 以前この節を見た時、なぜ主イエスが安息日に外出なさったか、なぜ彼が麦畑を通られた時、弟子たちに麦の穂を摘んで食べることを許されたか、全然分かりませんでした。律法の規定によれば、安息日にすべての仕事を止めて神を礼拝す

    ユダヤ人の血と涙は世の終わりの人にどんな警告を与えたのか

    ユダヤ人というと、わたしたちはこの民族が二千年近く虐殺されたり、亡命したりしていたという長い歴史を思い出します。1948年イスラエルが復国する前に、ユダヤ人は故郷も祖国もなく、世界各地に亡命し、各国の人に唾棄され、排斥されていました。最もひどいことに、何度も大虐殺に遭いました。 紀元70年、ローマ帝国の皇帝ウェスパシアヌスの皇太子ティトゥスは十万人

    主を信じるわたしたちが一度救われたら永遠に救われたというのは本当なのか

    聖書にこう書かれています。「口でイエスは主であると公に言い表し、心で神がイエスを死者の中から復活させられたと信じるなら、あなたは救われるからです」(ロマ10:9)。「主の名を呼び求める者はだれでも救われる」(ロマ10:13)。これらの聖書の言葉を見た後、ある人たちは、主イエスを信じた人がもう永遠に救われたと思っています。では、わたしたちが一度「救われ」たら永

    なぜペテロだけが主イエスがキリストだと分かったのか

    聖書にこう書かれています。「イエスは、フィリポ・カイサリア地方に行ったとき、弟子たちに、『人々は、人の子のことを何者だと言っているか』とお尋ねになった。弟子たちは言った。『「洗礼者ヨハネだ」と言う人も、「エリヤだ」と言う人もいます。ほかに、「エレミヤだ」とか、「預言者の一人だ」と言う人もいます』。イエスが言われた。『それでは、あなたがたはわた

    なぜ福音を宣べ伝えなければならないのか。 福音を宣べ伝える時に拒絶されたらどうするか。

    福音とは何か 福音とは、「祝福をもたらす声」、「祝福をもたらす情報やよい知らせ」であり、万物を創造された唯一の真の神が世の人に与えたい祝福です。この知らせが人にとってどんなに重要なのかを本当に知りたいなら、わたしたちは悪い知らせが何かをまず知らなければなりません。人類の祖先アダム、エバがサタンに腐敗させられた後、人類は死亡に直面しているように

    「新たに生まれる」とはどういうことか

    「新たに生まれる」という言葉は、主にある兄弟姉妹がみな知っていると、わたしは信じています。「新たに生まれる」というと、兄弟姉妹は聖書に記されている主イエスとニコデモの次の対話を思い出します。「イエスは答えて言われた、『はっきり言っておく。人は、新たに生まれなければ、神の国を見ることはできない』。ニコデモは言った。『年をとった者が、どうして生ま

    敬虔にヤーウェに仕えるパリサイ人はなぜ、主イエスに逆らったのか

    わたしはキリスト教家庭に生まれ、16歳から主に仕えています。教会の中で、わたしは合唱をリードします。25歳で神学院を卒業した後、神に仕える道を正式に歩みました。わたしは、一生主に仕えることが最も光栄なこと、最も意義のあることだと思い、また、以前神に遣わされた人を羨んでいます。特に「遣わされないで、どうして宣べ伝えることができよう。『よい知らせを伝

    恋しい人よ、あなたはどこにいるでしょうか

    長年主を信じた兄弟姉妹はみなこんな体験があります。聖霊の働きを持ち、神と正常な関係がある時、どんなことをしても神の導きを感じられます。それはある詩歌の歌詞のとおりです。「恋しい人はわたしを奥の部屋に導き入れる。わたしたちが打ち明け話をし始めるときりがなくなる。わたしたちの愛情は死に打ち勝つことができるほど強く、大水によっても覆うことができない

    聖書に述べられている「勝利を得る者」とはどういう意味か

    主を信じるすべての人は主の心にかなう人、勝利を得る者になりたく、十四万四千人の勝利を得る男の子の一人になりたいです。勝利を得る者が言及される時、ある兄弟姉妹がこう言うかもしれません。「わたしたちが主の御名を守り、主のために労苦し働き、さまざまな迫害、患難の中で主の証しのために立つことができれば、勝利を得る者になることができ、主が戻られる時、天