メニュー

聖書の解説

イエスが十字架につけられた時に言われた「すべてが終わった」は何を表しているのか

イエスが十字架の上で『すべてが終った』と言ったのは、人類を救う神の働きが完了したという意味であったと多くの兄弟姉妹は信じています。しかし、本当にそうだったのでしょうか。イエスが『すべてが終った』と言っ...

ぶどう園の労働者のたとえー私は主の御心を理解している

ある晩、私は神様に祈ってから机に向かい、イエス様が(マタイによる福音書20:1~16)で語られたたとえ話を読みました。その話では、天の御国が労働者を雇うぶどう園の主人にたとえられています。労働者たちが...

ペテロが天国の鍵を得た原因の探求

聖書を読んで困惑する 私は朝早く起きると、祈り、聖書のマタイによる福音書16章19節を開きました。主イエス様がペテロに語った内容が書かれている箇所です。「わたしは、あなたに天国のかぎを授けよう。...

ヨハネの黙示録における「書き加えるな」という箇所の意味

寄稿家:遅恒(中国) 自動車のクラクションの「ビ4ーッ、ビーッ」という鋭い音が狭い路地で鳴り響いたため、徐敏は考え事から我に返りました。振り向くと、「私ったら、牧師が今朝言ったあのことを考え込ん...

パリサイ人達のメシア預言との向き合い方からの学び

二千年前、イスラエルの人々は、メシアの到来を待ちわびていました。にも関わらず、メシアである主イエス様がいよいよ来られたというその時、パリサイ人達はメジアを十字架にかけ、その結果神様の罰を受けること...

聖書のことばー「違った福音」をどう理解すべきか

聖書にはこう記されています。「あなたがたがこんなにも早く、あなたがたをキリストの恵みの内へお招きになったかたから離れて、違った福音に落ちていくことが、わたしには不思議でならない。それは福音というべきも...

ソロモン王の知恵:「2つの花籠」から得た御啓示

ソロモン王の時代に人気のあった話があります。それは、こんな話です。ある日、ソロモン王は近隣の王国の使節から珍しい花が入った2つの花籠を受け取りました。これらの2つの籠の中の花は、その葉っぱも花びらも極...

主イエスが復活後に人類の前に出現された意義の2つの側面

聖書にはこう記されています。「こう話していると、イエスが彼らの中にお立ちになった。〔そして「やすかれ」と言われた。〕彼らは恐れ驚いて、霊を見ているのだと思った。そこでイエスが言われた、「なぜおじ惑って...

イースター(復活祭)とは?復活祭の意味は何か

イースター(復活祭)とは?イースターの本当の意味は何か、あなたは知っていますか?2021年のイースターは4月4日(日)です。多くの人は復活祭がイエスの復活を祝うためのものであると信じています。実際には...

イースター(復活祭)の起源と主イエスの復活の意味

イースターがもうすぐそこまで来ていたのです。聖書にも記録がある通り、イースターは次のように発端しました:イエス・キリストが弟子の1人の裏切りにより裁判所に連れていかれ、世界中の罪を贖うため、金曜日に進...

聖書に記されている二人の「お金持ち」—ソロモンとヨブの結末は、何故違うのか

寄稿家:フアンレ(中国) 編集者注: 周知のとおり、聖書に登場するソロモンとヨブは、二人とも大富豪だったが、最後にはそれぞれまったく異なる結末を迎えた。ヨブが神に認められた一方で、ソロモン...

神の恵みとは何か。神から人間に対する最も偉大な恵みとは

寄稿家:シンディ(米国) 恵みは神から来るもので、神は私たち人間を創造なさったので、神の恵みは常に私たちと共にあります。神の恵みの例を挙げるとしたら、兄弟姉妹たちの多くは、「神は彼らの病気を治してく...

ヨブ記感想-発病や苦難もまた神の恵みです

御恵みの話しになると、私たちは普段それを神の祝福と愛に結びつけます。しかしながら、私たちの日常生活は全てが常に順調なわけではありません。病気や苦難に見舞われることがよくあります。そのような時、私たちは...

主イエス様が働きをされた時、たとえ話を語られた理由

主イエス様は働きをされた時、当時の人々に多くの御言葉を話されました。その中にはとても分かりやすい御言葉があります。例えば、主イエス様は頻繁にこう言われました:「よくよくあなたがたに言っておく…」主イエ...

ラザロを蘇らせた奇跡の裏に隠された神の御旨とは

主イエス様を信仰する私たちの兄弟姉妹たちは誰もが恵みの時代に主イエス様が人類に対する贖いの働きをなさったことを知っています。主は私たちに思いやりと寛容をお与えくださり、寛容であり、我慢強くあること、そ...

福音とは何か。なぜ福音を宣べ伝えるべきか

「福音」とは、「よい知らせ」のことです。イザヤ書第61章1節にこう書かれています。「主はわたしに油を注ぎ、主なる神の霊がわたしをとらえた。わたしを遣わして貧しい人によい知らせを伝えさせるために。打ち砕...

妨害をどう捉えるか

多くの兄弟姉妹誰もが、私達は主を信じており、主の御加護と愛により、すべてのことはスムーズに進むはずで、妨害や問題は私達に起きるはずがないと信じることがよくあります。しかし、現実には、私達の人生や働きの...

ヨナが魚に飲み込まれたことから神の性質を知る

ある日、私は聖書の写真を閲覧していた時、ヨナが海で大魚に飲み込まれる写真に惹かれました。そして私は聖書の中にあるヨナ書を開き、聖句にこう記述されているのを見ました、「主の言葉がアミッタイの子ヨナに臨ん...