ヨナが魚に飲み込まれたことから神の性質を知る

    2018年 07月 09日

    ある日、私は聖書の写真を閲覧していた時、ヨナが海で大魚に飲み込まれる写真に惹かれました。そして私は聖書の中にあるヨナ書を開き、聖句にこう記述されているのを見ました、「主の言葉がアミッタイの子ヨナに臨んで言った、『立って、あの大きな町ニネベに行き、これに向かって呼ばわれ。彼らの悪がわたしの前に上ってきたからである』。しかしヨナは主の前を離れてタルシシへのがれようと、立ってヨッパに下って行った。ところがちょうど、タルシシへ行く船があったので、船賃を払い、主の前を離れて、人々と共にタルシシへ行こうと船に乗った。時に、主は大風を海の上に起されたので、船が破れるほどの激しい暴風が海の上にあった。…やがて人々は互に言った、『この災がわれわれに臨んだのは、だれのせいか知るために、さあ、くじを引いてみよう』。そして彼らが、くじを引いたところ、くじはヨナに当った。…そして彼らはヨナを取って海に投げ入れた。すると海の荒れるのがやんだ。…主は大いなる魚を備えて、ヨナをのませられた。ヨナは三日三夜その魚の腹の中にいた」ヨナ書 1:1-4,7,15,17。「ヨナは魚の腹の中からその神、主に祈って、…主は魚にお命じになったので、魚はヨナを陸に吐き出した」ヨナ書 2:1,10。「そこでヨナは主の言葉に従い、立って、ニネベに行った。ニネベは非常に大きな町であって、これを行きめぐるには、三日を要するほどであった」(ヨナ書 3:3)。「ヨナはその町にはいり、初め一日路を行きめぐって呼ばわり、『四十日を経たらニネベは滅びる』と言った」(ヨナ書 3:4)。

    これらの聖句を読んだ後、私はこう思いました:「どうしてヨナはヤ―ウェからの任務を拒否したのかしら?どうして彼は神の言うことを聞かなかったの?私のこの疑問にとても困惑しました。

    ある日の集会で、私はヨナがヤ―ウェ神からの任務を拒否した困惑について話しました。すると、ある兄弟がこう言って交流しました:「ヤ―ウェ神がヨナと話をして、彼に大きな町ニネべに行って神の御言葉を伝えるよう命じられた時、ヨナは二ネベの人々はヤ―ウェ神を礼拝しない、ヤ―ウェ神に抵抗までする異邦人だと思ったのでそこには行きたがりませんでした。神は直々に彼らを滅ぼすべきで、神の御言葉を伝える必要などはないと思っていたのです。こうして、ヨナはヤ―ウェ神の命令通りには行動しませんでした。すると、背を向けたせいでヨナに災いが下ったのです。ヨナはヤ―ウェ神の御言葉を2回目に聞いた時はそれに背こうとしませんでした。しかし、その時のヨナの姿勢は、神は間違いなく彼らを滅ぼされるからあまり喋る必要はない、というものでした。従って、ヨナは僅か1文しか伝えなかったのです。「四十日を経たらニネベは滅びる」ヨナが神の御言葉をいかにも簡略に伝えたことより、ヨナは二ネべの人々のいのちのために二ネべに行ったのではなく、むしろそれは形式的な理由であったことが分かります。もしヨナがイスラエルの人々に神の御言葉を伝えていたとしたら、彼は間違いなくそれについてもっと話していたでしょう。なぜなら、イスラエルの人々は神を信じており、神に選ばれた人々であったからです。しかし、彼は神の御言葉をこのような簡潔な文で二ネべの人々に伝えただけでした。ヨナの行動から、ヨナは神を恐れる心を持っていなかったことが分かります。彼は神の御旨に気を配らず、人間を救うことに対する神の御心を理解せず、神から託されたこともただ単に自分の我意を頼りに行っていたのです。神は怒りを発する決断をなさる時、それでも人々に悔い改める機会を与えてくださるということをヨナは知りませんでした。神は御自分で創造された人類をその御手で破壊することは耐えられないのです、そして神は人間が自分たちの堕落と抵抗を知る時にそれを悔い改めることができるようになることを望んでおられます。しかし、ヨナは神の御心を理解することも、神の御気遣いと御考えを把握することもできていませんでした。さらに、彼は、神の義なる性質には慈悲があることを知らなかったので、神の働きを限定してまでいました。そして、ヨナは庵を建てる場所を見つけ、神があの大きな町二ネべをどうやって滅ぼすかを見るためにその中で座っていました。ヨナはヤ―ウェ神が間違いなく二ネべを滅ぼすと思っていましたが、意外にも神は二ネべの人々による真の悔い改めにより彼らに対する姿勢を変え、彼らを滅ぼすことを思い返し、彼らに憐みと寛容を与えたのです。ヨナが神を恐れる心を持っていなかったこと、そして自分の観念と想像で神を限定していたことは明らかです。神を恐れる人間は、何かを理解できない時、または神の行動が自分の観念と一致しない時はこう考えます:「神が成されることは全てが義であり、神の行動には常に原則があります。私たち人間は愚かで無知であり、霊的領域を理解できません、そして私たち死を免れない者たちは神を知り得ません。」彼は神に対する観念や誤解を抱いていないので、神の各行動に対応する際には心の内に神に対する従順な姿勢を維持することができるのです。従って、彼は悪を遠ざけ、神を非難したり、神に抵抗することを避けるのです。

    兄弟の交流を聞いた後、私は突然明かりが見えました。ヨナが神の任務を拒否したのは神を恐れる心を持っていなかったからなのです。彼は神の働きを非難し、限定し、自分の観念と想像に基づいて神から託された任務を行っていたのです。彼は二ネべの人々は異邦人で、神の選ばれし人々であるイスラエルの人々はそうでないと思っていたのです。では、彼らに伝えることに何の意味があるのでしょう?神は直接彼らを滅ぼすべきです。従って、彼は神からの任務に背き、結果として魚に飲み込まれてしまい、3日3晩その腹の中で過ごすことになったのです。

    神からの任務に対するヨナの態度から神の私たちに対する寛容さが分かります。ヨナは神に反抗し、神からの任務に背きましたが、神はそれでも彼に悔い改める機会を御与えになりました。ヨナは大魚に飲み込まれましたが無傷でした。これより、神は邪悪なものを嫌われ、神に逆らい神の性質を害するものを罰せられるということが分かります。しかし、神は人々が悔い改め、変化を遂げると、御慈悲と寛容を差し伸べてくださります。神の性質は威厳と憤りを有するだけでなく、御慈悲と愛も有しているのです。

    ヨナの行いは私たちへの重要な警告です。これを通じて、私はこう理解しました:神が私たちのために何の働きをされ、神が私たちに何を要求されようとも、私たちは自分たちの想像によって神の働きを非難するべきではなく、むしろ神の前で神に従い、神の御心を求めて理解し、心の中で神に対する敬虔の念を持ち続けるべきなのです。こうすることでのみ、私たちは神の性質を害さなくて済むのです。諺にもあるとおり、「従順は祝福をもたらし、反抗は不幸をもたらす」ということです。この諺は正に真実なのであります。

    もっと見る:預言者ヨナ

    コメントを残す

    ニネベに届いたヤーウェ神の警告

    (ヨナ書1:1-2)ヤーウェの言葉がアミッタイの子ヨナに臨んで言った、「立って、あの大きな町ニネベに行き、これに向かって呼ばわれ。彼らの悪がわたしの前に上ってきたからである」。 (ヨナ書3章)時にヤーウェの言葉は再びヨナに臨んで言った、「立って、あの大きな町ニネベに行き、あなたに命じる言葉をこれに…

    人類に対する創造主の真摯な思い入れ

    人々は、神を知ることは簡単ではない、と言うことが多々ある。しかし、わたしは、神を知ることが困難なことは全く無い、と述べている。なぜなら、神は人間が業を目にすることを頻繁に許しているからである。現在に至るまで、神が人間との対話を辞めたことは無い。神が人間から隠れ去ったことも無く、自らが隠れたことも無い…

    人類に対する創造主の真の思い

    この聖句のヤーウェ神とヨナの対話は、創造主の真の思い入れを表出するものであることに異論は無い。この対話は一方では、神の支配下にある創造物全体に対する創造主の認識を人々に伝えるものであり、それはヤーウェ神が、「ましてわたしは十二万あまりの、右左をわきまえない人々と、あまたの家畜とのいるこの大きな町ニネ…

    イースター(復活祭)とは?復活祭の意味は何か

    イースター(復活祭)とは?イースターの本当の意味は何か、あなたは知っていますか?2019年のイースターは4月21日(日)です。多くの人は復活祭がイエスの復活を祝うためのものであると信じています。実際には、そこにこめられているのはもっと深い意味です。イースター(復活祭)とは?イースターの起源イースター…

    創造主の義なる性質は現実であり、生きている

    希なのは、神の憐れみと寛容さでなく、人間の真の悔い改めである 神のニネベの人々に対する怒りの程度を問わず、ニネベの人々が断食を宣言して粗布と灰を身に付けるとすぐに、神の心は次第に軟化し、神の心が変化を始めた。神がニネベを破壊すると宣言した時、ニネベの人々による罪の告白と悔い改めの前の時点で、神は依然…

    ペテロが天国の鍵を得た原因の探求

    聖書を読んで困惑する 私は朝早く起きると、祈り、聖書のマタイによる福音書16章19節を開きました。主イエス様がペテロに語った内容が書かれている箇所です。「わたしは、あなたに天国のかぎを授けよう。そして、あなたが地上でつなぐことは、天でもつながれ、あなたが地上で解くことは天でも解かれるであろう」。この…

    神への信仰が真実であれば、頻繁に神の労りを与えられる

    ニネベの人々に対する神の心の変化には、躊躇や曖昧さが一切含まれていなかった。むしろ、その変化は純粋な怒りから、純粋な寛容さへの変化であった。これが神の本質の真の明示である。神は、業に関して優柔不断であることや躊躇することが決して無い。神の業の根底にある原理と目的はすべて明白かつ明瞭であり、純粋で完璧…

    神は、ニネベの人々の心の底からの真摯な悔い改めを確認した

    ヤーウェ神の警告に対するニネベとソドムの反応の明らかな相違点 滅びる、とは何を意味するであろうか。言葉通りに解釈すれば、消滅するということである。しかし、どのようにして消滅するであろうか。一体誰が町全体を滅びさせることができようか。当然、そのようなことは人間には不可能である。ニネベの人々は愚かでは…

    聊天前请阅读并同意我们的隐私权政策。

    您已阅读并同意我们的隐私权政策吗?