聖書の言葉―主は戸を叩き、あなたは神の声を聞きましたか

    聖書の言葉 見よ、わたしは戸の外に立って、たたいている。だれでもわたしの声を聞いて戸をあけるなら、わたしはその中にはいって彼と食を共にし、彼もまたわたしと食を共にするであろう。 ヨハネの黙示録3:20 この聖句は私たちに主を迎える道を示しています。終わりの日に、ある人は主が再来されて言葉を発されると証しする時に、私たちは尋ね求め考察すべきです。

    聖書の言葉-主イエスの教え・正直な人こそが天国に入れる

    聖書の言葉 よく聞いておくがよい。だれでも幼な子のように神の国を受けいれる者でなければ、そこにはいることは決してできない。 マルコによる福音書10:15 この聖句から、神様は幼な子のような素朴で、率直で正直な人を好み、このような人こそ天国に入れることが分かりました。それでは、私たちはどのように追い求めれば正直な人になれるのでしょうか。 1、祈る時

    聖書の言葉-すべてを捨てて主に従います・マタイによる福音書4:22

    聖書の言葉 すぐ舟と父とをおいて、イエスに従って行った。 マタイによる福音書4:22 この聖句に「おいて」に触れたが、私たちが知っている通り、当時ペテロが魚に行ったが、何の穫物もなく、主イエスが彼を再度魚に行かれて、穫物がいっぱいありました。同時に主イエスが彼に従うようにペテロたちに呼びかけて、つまり主の弟子となり、この時彼たちは舟をおいて、網

    聖書の言葉-何事も思い煩ってはならない・ピリピ人への手紙4:6

    聖書の言葉 何事も思い煩ってはならない。ただ、事ごとに、感謝をもって祈と願いとをささげ、あなたがたの求めるところを神に申し上げるがよい。 ピリピ人への手紙4:6 この聖句から私たちは祈りの重要性を理解しました。私たちは神様の前に来て求めて祈る時に、純真で率直で感謝の気持ちを持って神様に本音を言うべき、間違った動機を持って神様に求めてはならず、故

    聖書の言葉-あなたがたは世の光である・マタイによる福音書 5章14節

    聖書の言葉 あなたがたは、世の光である。山の上にある町は隠れることができない。 マタイによる福音書 5:14 ここで、主イエスは私たちにこの世の光であることを求めます。つまり、私たちが日常生活の中で聖徒らしい品位を生き、私たちの生きるを通して、神を証しし、神に栄光をもたらすことで、世のあらゆるものが私達の善行を見るとき、私達から神の栄光を見る。

    聖書の言葉-道であり、真理であり、命である・ヨハネによる福音書 14章6節

    聖書の言葉 イエスは彼に言われた、「わたしは道であり、真理であり、命である。だれでもわたしによらないでは、父のみもとに行くことはできない。」。 ヨハネによる福音書 14:6 我々みな主イエスが受肉したキリスト、天の神様が肉となって地上に来られたことを知っています。キリストが神様の霊の化身だからこそ、神性の本質を備えています。神様の霊は全能と知恵、

    聖書の言葉-賢い者と思慮のない者・箴言 22章3節

    聖書の言葉 賢い者は災を見て自ら避け、思慮のない者は進んでいって、罰をうける。 箴言 22:3 この聖句から教えられたことは、我々の日常生活の中にはどのような人と物事を接すればいいのか、真の聡明な人は、心の中に神様の地位があり、神様に従順し畏れ敬い、何かあった時に神様の御心を追い求め、自分の好みと想像によって接さず、ゆえに神様の啓きと導きが得られ

    聖書の言葉-望みをいだいて喜び、患難に耐え、常に祈りなさい

    聖書の言葉 望みをいだいて喜び、患難に耐え、常に祈りなさい。 ローマ人への手紙 12:12 生活上で、私たちが直面している苦境にかかわらず、不平を言ってはいけません、悲しんではいけません、避けてはいけません。忍耐強くなることを学び、いつも喜び、すべてが神の赦しと神のご厚意があることを信じることです。「たゆまず祈る」、神様は私たちが困難な時にのみ祈る

    聖書の言葉-すべてのわざには時がある・伝道の書 3章1節

    聖書の言葉 天が下のすべての事には季節があり、すべてのわざには時がある。 伝道の書 3:1 天が下のすべての事には季節があり、すべてのわざには時がある。この言葉は、すべてのものを支配する神の権威を感じさせます!神の権威のゆえに、すべてのものは規則の下で秩序ある方法で交替することができます。神は言われました:「神は、万物を支配する規則の主であり、

    聖書の言葉-見える人、見えない人・ヨハ9章39節

    聖書の言葉 そこでイエスは言われた、「わたしがこの世にきたのは、さばくためである。すなわち、見えない人たちが見えるようになり、見える人たちが見えないようになるためである」 ヨハネによる福音書 9:39 安息日に主イエスが生れつき盲人を治したと聖書には書き記されています。この生れつき盲人は肉体の目が見えないですが、霊的の目は見えていて、主イエスが

    聖書の言葉-兄弟を愛する・ヨハネの第一の手紙4章21節

    聖書の言葉 神を愛する者は、兄弟をも愛すべきである。この戒めを、わたしたちは神から授かっている。 ヨハネの第一の手紙 4:21 この聖句から分かることは、神様を愛する人として実際の行いは周りの兄弟姉妹を愛し、兄弟姉妹と互いに愛することは神様が我々に対する要求と命令です。私たちが守るべきです。だが実生活の中で、多くの時に私たちは兄弟姉妹と正常の関

    聖書の言葉-異邦人の中でりっぱにふるまう・ペテロの第一の手紙 2:12

    聖書の言葉 異邦人の中にあって、りっぱな行いをしなさい。そうすれば、彼らは、あなたがたを悪人呼ばわりしていても、あなたがたのりっぱなわざを見て、かえって、おとずれの日に神をあがめるようになろう。 ペテロの第一の手紙 2:12 この聖句では、私たちが日常生活の中で異邦人と付き合いするときに、私たちの行動に関心を持つように教えられています。品行が正し

    聖書の言葉-人はパンだけで生きるものではない・マタイによる福音書 4:4

    聖書の言葉 イエスは答えて言われた、「『人はパンだけで生きるものではなく、神の口から出る一つ一つの言で生きるものである』と書いてある」。 マタイによる福音書 4:4 この聖句は多くのクリスチャンの座右の銘になり、神様の言葉は真理で、権威があり、我々のいのちの糧です。主イエスは真理があるから、荒野の40日間の誘惑を受けても、サタンの詭計を見破り、サタ

    聖書の言葉-思い煩いを主にゆだねなさい

    聖書の言葉 神はあなたがたをかえりみていて下さるのであるから、自分の思いわずらいを、いっさい神にゆだねるがよい。 ペテロの第一の手紙 5:7 神は人類を思いやる。これは、神に従う者が誰でも感じ取ることです。歴史に記載した1604年、英国王室はすべてのピューリタンに国教会であることを認めさせ、英国の司教に従わせました、従わない者は追放されたり処刑され

    聖書の言葉-愛する事、守る事・ヨハ14:23

    聖書の言葉 イエスは彼に答えて言われた、「もしだれでもわたしを愛するならば、わたしの言葉を守るであろう。そして、わたしの父はその人を愛し、また、わたしたちはその人のところに行って、その人と一緒に住むであろう。 ヨハネによる福音書14:23 主イエスは彼を愛する人はきっと彼の道を守り、神様の道を歩む人は神様の国に連れて行かれると言われました。いった

    聖書の言葉-また祈る時には、偽善者たちのようにするな・マタイによる福音書 6:5

    聖書の言葉 また祈る時には、偽善者たちのようにするな。彼らは人に見せようとして、会堂や大通りのつじに立って祈ることを好む。よく言っておくが、彼らはその報いを受けてしまっている。 マタイによる福音書 6:5 この聖句では、神は私たちに人間の前で行動せず、神の前で行動するよう求めています。何かをするときに大小に関わらず、人が高く見えるかどうか気にせ

    聖書の言葉-罪人を招くために-マルコによる福音書 2:17

    聖書の言葉 丈夫な人には医者はいらない。いるのは病人である。わたしがきたのは、義人を招くためではなく、罪人を招くためである。 マルコによる福音書 2:17 主イエスが取税人を弟子として招き、罪人と共に食卓に着き、パリサイ人は主の弟子に「どうしてあなたがたは、取税人や罪人などと飲食を共にするのか。」と言いました。主イエスは答えて言われました、「健康

    聖書の言葉-神のパン・ヨハ 6:33

    聖書の言葉 神のパンは、天から下ってきて、この世に命を与えるものである。 ヨハネによる福音書 6:33 私たちは主の御言葉から、神のパンは神の御言葉であり,私たちに与える命のパンであることを知ることができます。神自身がいのちであり、神が授けたいのちは神の御言葉である。神は私たちにご自身の言葉を与え、私たちが神からのいのちの道を得ることを望んでいま

    聖書の言葉-受肉とは・ヨハ 1:14

    聖書の言葉 そして言は肉体となり、わたしたちのうちに宿った。わたしたちはその栄光を見た。それは父のひとり子としての栄光であって、めぐみとまこととに満ちていた。 ヨハネによる福音書1:14 受肉とは何か。受肉の本質は何か。 参照聖書箇所 「そして言は肉体となり、わたしたちのうちに宿った。わたしたちはその栄光を見た。それは父のひとり子としての栄光であ