聖書の言葉ーわたしの羊は私の声に聞き従う・ヨハネによる福音書10章27節

    2020年 01月 09日

    聖書の言葉

    わたしの羊はわたしの声に聞き従う。わたしは彼らを知っており、彼らはわたしについて来る。

    ヨハネによる福音書10:27

    イエスのこの言葉は私たちに神様を認識し、主の再来を迎える現実的な道を示し、それは神様の声を聞き分けることです。主イエスが来られて働きをなさる時、ペテロ、ヨハネ、サマリアの女とナタナエルなどのように、主イエスの語った言葉、主イエスの行いを通して、主イエスが権威と力を持っているそのお方であり、主イエスが預言の中に預言された来たるべきメシアであることがわかり、それによって主に付き従い、主イエスの救いを得られたのです。しかし、それら宗教パリサイ人、律法学者は主イエスの権威と力を持っている言葉を聞いたが、彼らは自分の観念と想像によって神様を決めつけ、メシアと呼ばない限り神様ではないと思い、また主イエスに抵抗し、主イエスを十字架につけ、神様の性質を侵害し、イスラエル破滅へとつながりました。この歴史の教訓は私たちに、主の再来を迎える肝心なところは、神様の声に耳を傾けることを重視すべきであることを教えています。聖書にはこう書かれています。「耳のある者は、御霊が諸教会に言うことを聞くがよい。勝利を得る者には、神のパラダイスにあるいのちの木の実を食べることをゆるそう。」(ヨハネの黙示録2:7)「見よ、わたしは戸の外に立って、たたいている。だれでもわたしの声を聞いて戸をあけるなら、わたしはその中にはいって彼と食を共にし、彼もまたわたしと食を共にするであろう。」(ヨハネの黙示録3:20)このことからわかるのは、終わりの日に主が再来され言葉を語って私たちに戸を叩くのです。もし私たちは聖霊が諸教会に告げる言葉を尋ね求め、神様の声を聞くことができれば、神様の出現を迎え、子羊の足跡をたどったのです。まさに神様が言われた通りです。「神の足跡を探し求めている私たちは、神の心と、神の言葉、神の発する声を探り求める必要がある。神の新しい言葉があるところには神の声があり、神の足跡があるところには神の業があるからである。神による表現があるところには神の現れがあり、神の現れがあるところには真理と、道と、いのちがある。神の足跡を探し求める中で、あなたがたは『神は真理であり、道であり、いのちなのです』という言葉を無視していた。そのため、真理を受け取っても神の足跡を見出したとは思わない人が多いのである。ましてや、神の現れを認めることなどない。なんと大きな過ちだろうか。」

    聖書の言葉, わたしの羊は私の声に聞き従う, ヨハネによる福音書10章27節

    もっと見る:

    聖書の部屋へようこそ。あなたが信仰上で困惑や困難にぶつかることがございましたら、いつでも私たちにご連絡ください。あなたの助けになることを望んでいます。私たちがキリストの中に互いに愛し合うように。

    コメントを残す

    素晴らしい会話-全宗派が1つになる方法とは

    ゾンパン:2016年、私は待ちわびていました。2017年、私はあともう少しで携挙されるところでした!2018年、主は再臨なさる時に私を天国に連れて行ってくださります! チュアンイン:あなたはキャッチフレーズを復唱しているだけじゃないですか。 ゾンパン:キャッチフレーズを復唱しているとはどういうこ…

    主イエス様は終わりの日にどのように再臨されるのか

    寄稿家:リンリン(中国)【編集者メモ】主イエス様は終わりの日にどのようにして再臨なさるのかという話しになると、主イエス様は雲に乗って公然と私たちの前に現れると大抵の兄弟姉妹は信じています。しかし、これについて当惑している兄弟姉妹もいます。なぜなら聖書には主は盗人のようにこっそり来られると預言されてい…

    どう用意すれば主の再臨を迎えられるか

    寄稿家:ダ・ヂャオ 今日、世界中では様々な災害が勢力を増し、主の再臨をうたう預言の多くが基本的に成就しています。私たちクリスチャンは、主が来臨して私たちを携挙してくださることを早る思いで心待ちにしています。私は主イエス様のこの御言葉を考えることがあります、「だから、あなたがたも用意をしていなさい。思…

    聖書の言葉―主は戸を叩き、あなたは神の声を聞きましたか

    聖書の言葉 見よ、わたしは戸の外に立って、たたいている。だれでもわたしの声を聞いて戸をあけるなら、わたしはその中にはいって彼と食を共にし、彼もまたわたしと食を共にするであろう。 ヨハネの黙示録3:20 この聖句は私たちに主を迎える道を示しています。終わりの日に、ある人は主が再来されて言葉を発され…

    偽キリストを見分けることを学んでこそ、主を迎えることができる

    【編集者メモ】聖書には終わりの日には偽キリストが現れるという預言があります。では、主の再来を迎えつつ、偽キリストに警戒するにはどうすればよいでしょうか。用心して物事を避けるべきでしょうか。それとも神の声に注意深く耳を傾けるべきでしょうか。真偽を見分けるのが難しい時代に、主が来ると知らせる説教を聞いた…

    神様の性別の奥義を理解して、主の再臨をお迎えする(II)

    寄稿家:余光(カナダ)ある日、私が元々所属していた教会の姉妹が自宅に来て、熱心にこう言いました。「姉妹、主を信じる兄弟姉妹はみんな主の再臨を切望しています。いまや主はお戻りになったのですから、神様の性別が自分の観念に合わないからというだけでそれを探し求めも考察もしないなら、神様を閉め出していることに…

    賛美の歌と踊り「神は東方へその栄光をもたらした」

    賛美の歌と踊り「神は東方へその栄光をもたらした」神はイスラエルに神の栄光を与えた後それをそこから取り去りイスラエル人とすべての人々を東方へ連れてきた神は彼らをみな光へと導いた彼らが再びひとつとなり、光と交わるためにこれからはもう光を探し求めなくてもいいように神は求める人すべてに再び光とイスラエルの栄…

    賛美歌「ああ神よ、私の心はすでにあなたのものです」歌詞付き

    ああ神よ、私の心はすでにあなたのものです Ⅰ 神よ、御言葉は全て真理です その啓示により己を知れる 私が神へ愛を叫び、献身し 全てを捨てたのは みな祝福と栄冠を求めてだったと今日知った 私は心から悔いている あなたと取引するなど何と卑しい 刑罰と精錬は私を清め 愛の不純物を除くためにある 神よ!常…

    聊天前请阅读并同意我们的隐私权政策。

    您已阅读并同意我们的隐私权政策吗?