聖書には永遠のいのちの道が含まれているか

    偉祥(中国)  ある夜、高兄弟は聖書を手に桂兄弟の家へと急ぎました。 高兄弟がそこに着くと、二人はソファに座りました。 高兄弟は聖書を開いて言いました。「桂兄弟、聖書を読んでいる途中で一つの問題に突き当たったんだけど、どう解決すればいいかわからないんだ。この問題は、僕らが主への信仰を通じて永遠のいのちを得る鍵のような気がする。だから君と一緒

    聖書の歴史:神様の働きと言葉は聖書を越えることができるのか

    信仰ステーションの兄弟姉妹: 皆さんこんにちは。つい最近、ある人が私に終わりの日の全能神の働きの証言をしてくれた上に、全能神の御言葉を記した『言葉は肉において現れる』という書籍もくれました。この本を読んだ後、私は全能神の御言葉には権威と御力があると感じたと同時に、『言葉は肉において現れる』に書かれた御言葉は聖霊によるものであると確信していま

    神の御言葉は本当に聖書以外には存在しないのでしょうか?(II)

    彼が交流した後、私はびっくりしてこう思いました:「長年に渡って主を信仰してきたけど、こんな説教は一度も聞いたことがないわ。彼の交流は合理的だし、実情をとらえているわ。彼はどうやってこんなに多くのことを理解しているのかしら?」 彼は私の心を悟ったかのように話し続けました、「私は神の御言葉を読んでいますから、たくさん理解して、こういった知識を得

    神の御言葉は本当に聖書以外には存在しないのでしょうか?(I)

    教会は荒廃し、私は主の再臨を予期しました 私は16歳の時、主の信仰を始めました。当時、私は教会に足を運ぶ度に心がとても穏やかになりました。特に、神を称賛する讃美歌を耳にした時は喜びを感じ、主の愛情にしばしば感動させられていました。これ故に、私は両親からどのように妨げされても教会に通い続けたのです。聖書を読んでいると、神は人類を救うためにたくさん

    カトリックの信仰:私はやっと神の御名の裏に隠された秘密が分かりました(II)

    神は他の新たな御名をお使いになるとヨハネの黙示録には預言されていた ヤン兄弟は続けてこう言いました:「神は私たちをサタンの束縛から完全に救い出して神の御国に導くことを望んでおられます。しかし、主イエス様が恵みの時代になされた贖いの働きはただ私たちの罪を許すためだけのものでした。私たちの罪深い本質は依然として私たちの内に深く根を張っているため、

    カトリックの信仰:私はやっと神の御名の裏に隠された秘密が分かりました(I)

    神は律法の時代にヤ―ウェという御名を、恵みの時代にはイエスという御名を使われました。そしてヨハネの黙示録には、神がまた他の新たな御名をお使いになることが預言されています。神はどうして御名をお変えになるのでしょうか?私はこの真理を理解してなかったため、主イエス様が再臨されるとは殆ど思っていませんでした。しかし、私はしばらく探求と調査をした後、つ

    聖書の言葉はすべて神の霊感を受けて書かれたものでしょうか?

    クリスチャンのリュウ・スンは、聖書は神の霊感を受けて書かれたもので、それに記述されている言葉はすべて神の御言葉だといつも信じていました。しかし、ある日、彼は聖書を読んでいた時、1つのことに関して2つの異なる意見を発見したのです。これは彼を困惑させました。聖書の言葉が神の霊感を受けて書かれたものなら、ほんの僅かの誤まりすら存在しないはずです。後に

    ディボーションノート-聖書の中身は全てが神の御言葉なのでしょうか

    聖書はクリスチャンの正典、私たちの信仰の基礎です。私たちは主を信仰しているので、それぞれが聖書を持っています。私たちは頻繁に聖書を読み、宝として大切にしています。また、私たちは生活と仕事における最も重要な基準として、聖書の御言葉に従います。パウロはかつてこう言いました:「聖書は、すべて神の霊感を受けて書かれたものであって、人を教え、戒め、正し

    聖書を信じることは神を信じることと同じでしょうか?

    寄稿家:ヂィフイ(マレーシア) 私はクリスチャンの家庭に生まれました。私の家族は貧乏だったので、父はよく出稼ぎに行って、帰ってくることは滅多にありませんでした。そして、母は地元で働いていましたが、毎日朝から晩まで仕事が忙しく私たちの世話をする時間はほとんどありませんでした。なので、私は幼かった頃から家事だけでなく、弟と妹の世話をする必要もあり

    神を信じる-聖書と神のつながりを知ることは重要である

    私が北部に引っ越しする前、説教師は私の手をつかんでこう言いました、「今こそが世の終わりです。誰があなたに福音を伝導してきても、それが私たちの信仰と違うなら信じてはなりませんよ。私たちは、『聖書から逸脱することは主を信仰しないということで、私たちは聖書の権威を否定できない』ということを覚えておくべきです。」この言葉を胸に、私は北部に着いてからは

    聖書には神の御言葉に限らず、人の言葉も記されています

    牧師と長老たちはいつも聖書に記述された言葉は全て神の御言葉であり、聖書は神の霊感を受けて書かれたものであると私たちに言います。聖書にもこう書かれています、「聖書は、すべて神の霊感を受けて書かれたものであって」(テモテへの第2の手紙3:16)。 これ故に、私たちは聖書に書かれている言葉は全て神の御言葉であるという信念を抱いてきている訳です。しかし、今日、

    聊天前请阅读并同意我们的隐私权政策。

    您已阅读并同意我们的隐私权政策吗?