ディボーションノート-聖書の中身は全てが神の御言葉なのでしょうか

    2018年 12月 17日

    聖書クリスチャンの正典、私たちの信仰の基礎です。私たちは主を信仰しているので、それぞれが聖書を持っています。私たちは頻繁に聖書を読み、宝として大切にしています。また、私たちは生活と仕事における最も重要な基準として、聖書の御言葉に従います。パウロはかつてこう言いました:「聖書は、すべて神の霊感を受けて書かれたものであって、人を教え、戒め、正しくし、義に導くのに有益である。」(テモテヘの第二の手紙 3:16)。これには、聖書は全て神の霊感を受けて書かれていると、より一層考えさせられます。しかし、聖書にはサタンの言葉や、ロバがバラムに言ったとされる言葉も含まれていると言う人々がいます。明らかに、それらは神の御言葉ではありません。私はこの事柄について、自分の考えを話したいと思います。

    兄弟姉妹の多くがこのパウロの言葉を信じています。しかし、パウロの言葉は単なる人間の言葉であり、神の御言葉を表しているのではないということを私たちは知っておくべきです。聖書には全部で66冊の書が存在しますが、聖書は全て神の霊感を受けて書かれている、もしくは聖書の御言葉は全て神の御言葉である、と神が仰ったという記録はどこにもありません。神はそう仰っておられないので、パウロの声明は神の御言葉に適っていると言えるでしょうか?これを証明する聖霊の御言葉は存在するのでしょうか?パウロのこの声明を支持する主イエス様または聖霊の御言葉があるのであれば、私たちはそれを受け入れて従うでべきです。これは主の御旨と完全に合致しています。彼がどのような人であれ、その言葉が主イエス様もしくは聖霊の御言葉に支持されていないのであれば、私たちはそれをうのみにすることはできません。私たち人間は単なる人間であり、創造物なのです。従い、私たちの心は創造主の御心を表すことなどできません。私たちが信仰する主イエス様は天国の主であります。私たちは神の御言葉通りに実践してこそ、神に認めていただけるのです。

    ディ ボー ション ノート,聖書の言葉,神の御言葉

    私たちは皆、パウロは神に抵抗し、主イエス様に反抗していたということを明確に知っています。彼が主イエス様の働きに反抗した者たちのリーダー的存在であったことは一般的に周知の事実です。主イエス様は福音を告げ知らせる使徒としてパウロを選ばれましたが、彼はそれでも創造物のままでした。従って、彼の言葉が人間の言葉であることに疑いの余地はありません。主イエス様は神であり、主イエス様の使徒と弟子たちは全員が人間でした。彼らは主イエス様御自身とは比べものにならないのです。これ故に、人間の言葉の話しになると、私たちはそれをうのみにして、従うことはできないのです。私たちはそれが神の御心に適っているのかどうかを探求するべきで、それは天国に入るためには非常に重要なことなのです。

    「聖書は、すべて神の霊感を受けて書かれたものである」とパウロが言った経緯とは?

    人々はテモテへの第二の手紙3章16節に書かれている通り、聖書はすべて、神の霊感を受けて書かれたものであり、聖書の御言葉はすべて神の御言葉であると考えていますから、まず最初にパウロがその発言に至った経緯を調べてみましょう。誰もが知っての通り、「聖書はすべて、神の霊感を受けて書かれたものである」という言葉はパウロがテモテへの手紙の中で書いた言葉です。彼がこの手紙を書いた時は、まだ旧約聖書しか存在していませんでした。後の新約聖書は教会で保管されていた数多くの手紙であり、未だ書籍としては編集されていませんでした。新約聖書が完成したのは西暦300年以降の話しです。言い換えると、新約聖書はパウロがこの手紙を書いてから200年経った後に誕生したということです。従って、パウロの言葉は旧約聖書の内容を参照しているということが分かります。

    しかし、モーゼが創世記を書いた時期と主イエス様が働きに来られた時期の間には少なくとも1000年の隔たりがありました。パウロは旧約聖書のいずれの著者とも全く知り合いではありませんでした。彼はどうやって旧約聖書が神の霊感を受けて書かれていたことを知り得たのでしょう?旧約聖書の著者が彼に直接そう伝えた、または旧約聖書に「聖書は神の霊感を受けて書かれている」、と明確に書かれていない限り、彼はそれを知ることができなかったはずです。しかし、その著者たちは彼にそう伝えていなければ、旧約聖書にも聖書は神の霊感を受けて書かれているとは記録されていません。これ故に、パウロの言ったことは事実に基づいていないということになるのです。

    ヘビがイブを誘惑した時に口にした言葉や、サタンがヨブを非難した時に言っ言葉、それにロバがバラムに言った言葉などはどうでしょう?これらを神の御言葉とみなすことができるでしょうか?サタンは神を裏切った大天使であり、神の敵であること、そしてロバは動物であると誰もが知っています。これらが神の御言葉であると主張し続けるのなら、神を冒涜していることになってしまいます。これは私たちの本質における深刻な問題です。従って、「聖書はすべて、神の霊感を受けて書かれている」というパウロの言葉は彼自身の想像であり、真理には即していないことが分かります。

    聖書に記されたどの言葉が神の御言葉なのでしょうか?

    実際に、神が話された御言葉はすべて聖書の中ではっきりと分かるように記されています。ヤーウェ神の霊感を受けた預言者の言葉は常に、「ヤーウェ神はこう言われる」と記されています。例えば、エゼキエル書34章11節「主なる神はこう言われる、見よ、わたしは、わたしみずからわが羊を尋ねて、これを捜し出す。」そしてイザヤ書1章2-3節「天よ、聞け、地よ、耳を傾けよ、主が次のように語られたから、『わたしは子を養い育てた、しかし彼らはわたしにそむいた。牛はその飼主を知り、ろばはその主人のまぐさおけを知る。しかしイスラエルは知らず、わが民は悟らない』」。これらは、預言者たちが神の御言葉を伝達し、神御自身が仰った御言葉を繰り返し告げていたことを示しています。主イエス様の御言葉は、「イエスは彼らに言われた、」、「イエスは答え、彼らに言われた」および「イエスは言われた」のように記されているか、もしくはそれが主イエス様の仰った御言葉であると聖句の中で端的に記述されています、例えば、マタイによる福音書 4章19節「イエスは彼らに言われた、『わたしについてきなさい。あなたがたを、人間をとる漁師にしてあげよう』」、マタイによる福音書 5章1-4節「イエスはこの群衆を見て、山に登り、座につかれると、弟子たちがみもとに近寄ってきた。そこで、イエスは口を開き、彼らに教えて言われた。『こころの貧しい人たちは、さいわいである、天国は彼らのものである。悲しんでいる人たちは、さいわいである、彼らは慰められるであろう。』」、とマタイによる福音書18章22節「イエスは彼に言われた、『わたしは七たびまでとは言わない。七たびを七十倍するまでにしなさい。』」ヨハネの黙示録に記述されている神の御言葉は「主なる神が仰せになる、」や「すると、御座にいますかたが言われた、」のように明確に記されています。例えば、ヨハネの黙示録1章8節 「今いまし、昔いまし、やがてきたるべき者、全能者にして主なる神が仰せになる、『わたしはアルパであり、オメガである』」。とヨハネの黙示録21章5節「すると、御座にいますかたが言われた、『見よ、わたしはすべてのものを新たにする』。また言われた、『書きしるせ。これらの言葉は、信ずべきであり、まことである』」

    これらの聖句より、聖書の言葉はヤーウェ神の御言葉、ヤーウェ神が預言者たちに言われた御言葉、主イエス様御自身が言われた御言葉、そしてヨハネに明らかにされた神の御言葉のみが神の御言葉であり、それ以外は何らかの歴史的事実や、40人以上の著者が記録した人間の個人的な体験および知識を記した言葉であることが分かります。彼らの個人的な体験と知識は聖霊の御啓示から来るものですが、それを神の御言葉と同等視することはできません。旧約聖書にある通り、聖句が記す内容の殆どは神が律法の時代に働きをされたことを証明するための何らかの歴史的事実であり、それ以外にはサタンが発した数少ない言葉やロバの言葉等が含まれています。新約聖書では、著者たちが引用した神の御言葉を除くと、その全てはペテロ、パウロ、そしてテモテ等が書いた手紙にあるような人間の知識、見識、および理解が記述されています。彼らの手紙は単に人間の働きや各々の体験と知識を表しているだけなのです。彼らは教会の兄弟姉妹たちを助け励ますためにそれぞれの理解を書きましたが、それは主から受けた任務には全く含まれていないことでした。さらに、彼らは自分の言葉は神の御言葉であるとは決して言わず、各々の手紙の冒頭ではっきりとそれぞれの名前を書き記していました。これは事実です。

    神の御言葉と人間の言葉の違いとは?

    神は創造主であり、私たち人間は創造物です。創造主と創造物との間には実に大きな違いがあります。この二つは同じレベルに置くことも、混同することもできません。神の働きと御言葉は堕落した人間の働きと言葉で入れ替えることはできません。私たちが神の働きを体験する過程において、私たちが聖霊から受ける体験、理解、および啓示がどれだけ偉大な形で他の人々の役に立っていようとも、それは神の御言葉として扱うことはできず、参照目的で使用することしかできません。当時のパウロ、ペテロ、そしてマタイも同じで、彼らの言葉は有益で建設的ではありましたが、それらが聖霊の御言葉であるとは言えないのです。これには疑う余地がありません。神の御言葉は神の性質の表れであり、神が有する全ておよび神そのものです。これらは肯定的なものであり、人間のいのちとなり得るのです。人間が発する言葉で真理に即しているものは全て人間が神の御言葉と心理を体験し、それを理解することから生まれ、その人のその時点での霊的背丈を表しています。真理に即した言葉は人々にとって多少の助けと利益にしかなりません。それらは人間のいのちにはなり得ないのです。聖霊の啓示と啓蒙を受けた故の言葉であったとしても、それらは依然として人間の言葉であり、神の御言葉とは全く比較できるものではありません。

    以上の交流で、聖書は神の霊感を受けて書かれたものではなく、聖書の言葉もその全てが神の御言葉ではないということが理解できるのではないかと思います。人間の言葉を神の御言葉として扱うということは、人間を神として扱うのを同じことです。それは真理に背き、神を冒涜していることになります。これ故に、私たちは聖書を正しく扱うべきであり、むやみに崇拝してはならないのです。聖書を読む時、私たちは神の御言葉と人間の言葉をはっきりと区別する必要もあります。どのような出来事が降りかかってこようとも、私たちは神の御言葉通りに探求し、実践するべきであり、人間の言葉は参照目的でしか使用できません。人間の言葉が真理に即していれば、私たちはそれを受け入れますが、そうでなければ拒否します。このように信仰を実践してこそ、私たちは神の御旨通りに行動することができるのです。

    通読おすすめ:

    聖書の勉強会で受けた良い知らせ (I)

    聖書を信じることは神を信じることと同じでしょうか?

    聖書の部屋へようこそ。あなたが信仰上で困惑や困難にぶつかることがございましたら、いつでも私たちにご連絡ください。あなたの助けになることを望んでいます。私たちがキリストの中に互いに愛し合うように。

    コメントを残す

    どのように聖書を正しく取り扱うべきか

    寄稿家:アメリカ(連心)聖書は神様の働きを記録された本である聖書は、キリスト教の唯一の宝典であり、旧約聖書と新約聖書二つの主要な部分が含まれ、主に神様が行った二つの段階の働きを記録されており、一つはヤーウェ神が律法の時代での働き、もう一つは主イエスが恵みの時代での働きです。旧約聖書は、神様が律法の時…

    ヨハネの黙示録における「書き加えるな」という箇所の意味

    寄稿家:遅恒(中国)自動車のクラクションの「ビ4ーッ、ビーッ」という鋭い音が狭い路地で鳴り響いたため、徐敏は考え事から我に返りました。振り向くと、「私ったら、牧師が今朝言ったあのことを考え込んでぼーっとしている間、後ろの車の邪魔になっていたのに気づかなかったのね」と悟りました。急いで謝って、車を通る…

    「三位一体説」は主の御言葉と一致するのか

    ジミー(米国)【編集者メモ】「三位一体」とは宗教界が神に関して至った結論の1つである。2000年近くに渡り、この説はほとんどのクリスチャンに受け入れられ、認識されてきました。クリスチャンの中には神の三位一体説の存在に困惑を隠せない人もいて、それは説明が困難であり、神の三位一体説はクリスチャンの心の中…

    聖書のメッセージ:一つの集会が聖書の新たな認識を私にもたらした

    寄稿家:彩虹(マレーシア) 私の霊は暗闇の中でしおれていたが、偶然のきっかけから聖書学習特別クラスに出会った 「ママ、ママ、どうしてまた寝ちゃったの」 娘に目を覚まされて、またも祈りの途中で眠りに落ちたことを思い出し、私は大いに罪の意識を感じました。長く正座していたせいで感覚が麻痺していた両脚を…

    主は違う御姿で再臨されるのでしょうか

    信仰ステーションの兄弟姉妹の皆さんへ: お尋ねしたいことがあります。聖書には「ガリラヤの人たちよ、なぜ天を仰いで立っているのか。あなたがたを離れて天に上げられたこのイエスは、天に上って行かれるのをあなたがたが見たのと同じ有様で、またおいでになるであろう」。(使徒行伝 1:11)、という記述がありま…

    聖書とはどのような書物か、どのように形成されたか、あなたは知っているのか

    神の御言葉による答え:旧約に記録されている事柄はヤーウェのイスラエルでの働きで、新約に記録されているのは恵みの時代のイエスの働きである。これらは神が二つの異なる時代に行った働きを記録している。旧約は律法の時代の神の働きを記録している。だから、旧約は歴史的な書物で、新約は恵みの時代の働きの産物である。…

    私たちクリスチャンはどのように結婚相手を選ぶべきでしょう

    信仰ステーションの兄弟姉妹の皆さんへ私は結婚相手を見つける年頃になりました。私の結婚については両親から心配され、親戚と友人たちからもよく聞かれるので、私は重いプレッシャーを感じています。結婚相手を探す話しになると、私の未信者の友人たちは誰もが、「背が高くて、金持ちで、ハンサム」や「色白で、金持ちで、…

    キリスト教映画「聖書の奥義を解く」聖書の真理を解き明かす

    キリスト教映画「聖書の奥義を解く」聖書の真理を解き明かす 完全な映画のHD 彼女は小さい頃から主を信じ、18歳の時に神学院に入学し、30歳の時には中国山西省の家庭教会のリーダーとなっていました。長い間、聖書は彼女の心の中で神聖な地位、至上な権威を持っていました。彼女は聖書を通してこそ神様を知ること…

    聊天前请阅读并同意我们的隐私权政策。

    您已阅读并同意我们的隐私权政策吗?