神に頼って家族が阻む日々を乗り越えてきた(II)

    そして、姉妹は神の御言葉から次の二節を私に読んでくれました。「ノアの箱舟の時代を振り返って見よう。人類はひどく堕落し、神の祝福から迷い出てしまっていた。もはや神の配慮は得られず、神の約束を失ってしまっていた。闇の中を、神の光のないまま生きていた。そうして彼らの性質は放縦となり、おぞましい堕落に身を任せた。……ノアだけが神を礼拝し、悪を避けたの

    神に頼って家族が阻む日々を乗り越えてきた(I)

    著者は60代にして運よく神の御国の福音を受け入れることができました。意外なことに、彼女は信仰心のない家族からありとあらゆる形で邪魔をされてしまったのです。彼女は否定的な状況の中でどうやってサタンの妨害を突破して、神に頼りながらサタンに打ち勝ったという証しをしたのでしょうか? マンマン(香港) 私は60歳、以前は円満な家庭を持っていました。私の息子た

    クリスチャンの証言:私が体験した霊的戦いの曲折

    目次 1つ目の戦い:私は事実をもってインターネット上の噂に立ち向いました 2つ目の戦い:牧師と説教師の嫌がらせを受ける中で、神は私が堅く立てるようにしてくださりました 第3の戦い:私は夫に離婚すると脅され弱気になりました 苦しみの中、私は真の神と出会いました 2007年、私は家計の都合により韓国に出稼ぎに行きました。当時、生活が厳しかっ

    最も困難な時期に神の御手は家族を助けてくださった

    2015年、私の友人が全能神の御国の福音を私に説いてくれました。彼女はこう言って交流しました:「最初に人間が神に創造された時、人間は罪を犯したことがありませんでした。後に、人類はサタンに誘惑されて善悪の知識の木から実を食べてしまうと、サタンの毒を受けてサタンの支配下で生きるようになってしまったのです。次第に、彼らはサタンによって増々深く堕落させら

    ネット上の話を鵜呑みにして、主のお迎えのチャンスを逃しかけた私(II)

    その後、映画の主人公であるシャオイーがこのように語っている場面を観ました。「なぜ中国共産党は全能神教会を人間の組織だと言うの?なぜ受肉された神様には触れないの?『言葉は肉において現れる』のこともそうだ。中国共産党は全能神が表した真理を恐れているからさ。共産党は知ってるんだ。全能神の信者はみな『言葉は肉において現れる』を読んで全能神を受け入れた

    ネット上の話を鵜呑みにして、主のお迎えのチャンスを逃しかけた私(I)

    【編集者注記】今日、ネットワーク情報が発達したこの時代、多くの人々はインターネットのプラットフォームを信頼し、そこからの情報を物事の善悪を測る基準とみなしています。しかし、ウェブやプラットフォーム上の情報が本物で客観的かどうかを見分けることは滅多にありません。真の道を探究することに関して、この記事の著者はインターネット上のあらゆる報道や情報の

    霊的戦い:子供が病気にかかったが、私は神様の特別な恵みを見ました(II)

    寄稿家:Lian Yan(アメリカ) 娘が又しても病に陥り、祝福を求める私の動機が明らかにされました その数日後、私は次女の太ももの内側にしこりのような物を発見しました。私が彼女を病院に連れて行くと、それはリンパ節だと医者は言いましたが、血液検査をしても原因は分かりませんでした。娘が声をからすほどに泣くのを見て私の心臓は引き裂かれそうになりました。切羽

    霊的戦い:子供が病気にかかったが、私は神様の特別な恵みを見ました(I)

    (あらすじ)神の新たな働きを受け入れて間もなく、サタンからの試練が相次いで彼女に降りかかりました。彼女の娘二人は共に病に罹ってしまいましたが、彼女は神の御言葉と兄弟姉妹の交流を通じてサタンの害悪と卑劣さを見抜き、祝福を得ようとしていた自分自身の動機についてもある程度理解することができました。娘たちは病に罹ってしまったものの、彼女はこの体験を通

    9か月も続いた霊的戦いの中で、彼女が神の証を立てた方法とは

    寄稿家:イカオ(マレーシア) 2017年の初め、私はインターネットで数人の兄弟姉妹と知り合いになりました。時間がある時、私たちは一緒に聖書を読みました。 聖書の勉強会の時、ある兄弟が私たちに終わりの日の全能神の働きを証言してくれました。全能神に関する集会や兄弟姉妹たちによる交流を通じて私は、「全能神は主イエス様の贖いの働きを土台として人間を罰し、

    私はサタンからどのように邪魔をされようと、最後まで神についていきます (II)

    寄稿家:シンヂィ(韓国) その後、私は自信を取り戻し、息子と義理の兄から束縛されることもなくなりました。全能神への信仰に固執する私を見た息子は私が彼と一緒に私たちの牧師と会うことをせき立て、牧師を使って私の邪魔をしようとしました。私はこう思いました:「私は何も間違ったことはしていないわ。一緒に行って、いい機会だから牧師に神の御国の福音を説いて

    私はサタンからどのように邪魔をされようと、最後まで神についていきます(I)

    寄稿家:シンヂィ(韓国) 私は幼い頃から家族に倣って主を信仰してきました。過去45年の間、私の最も大きな願いは主が再臨なさる時に天国に受け入れてもらうことでした。しかし、最近、牧師たちは新しい見解が何もなく、いつも古くさくて陳腐なことばかり説教しています。信者たちは魂の備えが受けられず、彼らの信仰は大体において冷めていました。私は私たちの教会で

    噂や嘘を見抜いた後は光が見つかるでしょう(II)

    著者:シャオカオ(米国) そして、姉妹は続けてこう交流しました、「真の道と偽の道を見極めるために、私たちはその道が人間を導いて、普通の人間性をもっと貫き、神に関する知識をもっと得られるようにしてくれるかどうかを見分けるべきなのです。兄弟姉妹たちは中国で福音の伝導活動を行う際、中国共産党からの迫害を受けますが、彼らは神の御導きの下で困難や危険を

    噂や嘘を見抜いた後は光が見つかるでしょう (I)

    寄稿家:シャオカオ(米国) 「賢い人は噂に耳を傾けない」という諺があるように、根拠のない噂は応じる価値がありません。しかし、噂が広まってきた時、私たちはそれをどう扱うべきでしょう?特に、真の道を調べている時、私たちクリスチャンは噂を耳にしながらどのように真理を求めるべきなのでしょう? 私は偶然の機会により神の御国に関する福音を耳にしました。兄

    聊天前请阅读并同意我们的隐私权政策。

    您已阅读并同意我们的隐私权政策吗?