奇跡!医学的に不妊と診断されたあと、彼女は元気な赤ちゃんを産んだ(II)

    ある日、小慧は突然吐き気を覚えました。悪いものを食べたせいでのぼせてしまったためではないかと思い、漢方薬を二種類処方してもらったのですが、それを飲んだあとも吐き気はひどくなるばかりでした。そのとき初めて、小慧はこう考えました。私は妊娠しているのではないか。しかし、次にこう思いました。「そんなことがどうしてあり得るの。二年間も不妊治療を受けて結

    奇跡!医学的に不妊と診断されたあと、彼女は元気な赤ちゃんを産んだ(I)

    広く明るいリビングにはベビーベッドがあって、生後六ヶ月の赤ちゃんが小さな口で小さな指をしゃぶりながら、幸せそうに横たわっていました。小慧はソファーに座り、それまで決して自分の顔を飾ることがなかった笑みを浮かべながら、その光景を見ていました。 かつて不妊だった小慧が元気な赤ちゃんを産めたのは、科学的処置や医療の結果ではありませんでした。それは

    神のご加護ー大きな交通事故の裏の得たもの

    突然、私は植物人間になりかけた ある日の朝八時ごろ、妻と私は七歳になる孫娘と一緒に出かけ、薪を集めてリヤカーに乗せ、家に持ち帰る手伝いをさせました。厚さ数インチの薪をリヤカーに満載したあと、十時ごろになり、妻と一緒にリヤカーを引いていたところ下り坂にさしかかりました。私たちはゆっくり坂を下るため、リヤカーを押し戻そうとしました。しかし坂道はと

    13歳のクリスチャンが体験した病気からの回復

    寄稿家:イン・リン(ビルマ) 私は13歳のクリスチャンです。私は幼いころから両親と同じように主を信仰しています。当時、私は讃美歌を歌って主を讃えるために毎週教会に通っていました。2018年2月、私の母は終わりの日の全能神の働きを受け入れて、私の家族に福音を説きました。こうして、私は全能神教会でも集会に参加するようになったのです。 6月のある日、私は突然

    80歳のクリスチャンが洪水の中で神様に守れた奇妙な経験

    寄稿家:シンシェン(中国) 私の妻と私は今年で共に80歳を超え、山の中腹で暮らしております。神への信仰を初めて以来、私たち年寄りは神の御恵みと御加護を受けながら健康に過ごせています。私たちは神の愛にお応えするために、聖書を保護するという本分を尽くしています。聖書が湿らないよう、地面から150センチの高さで厚板の上に置いています。 2014年7月の末、小雨

    素晴らしい救い-危険かつ恐ろしい火災の中で受けた神の驚くべき御加護

    2008年5月のある日、1つの小さな火の粉が激しい火災を引き起こし、私は未だにその驚きと精神的ショックから立ち直れていません。しかし、私はこの火災のおかげで、全能神の驚くべき御業を実際に目撃することができたのです。その記憶は未だ新鮮に残っています。 あの日、私は昼食を取った後すぐ、いつもの様に神の御言葉を読み始めました。ちょうど読み始めた時でした、外

    9歳のキリスト教徒はあやまって井戸に落ちた後、どのようにして生き延びたのでしょう

    私は幼かった頃、母を模範として主を信仰しました。これ故に、私は主の御加護の下で育った子供でした。聖書に書かれている:「あなたは主を避け所とし、いと高き者をすまいとしたので、災はあなたに臨まず、悩みはあなたの天幕に近づくことはない。これは主があなたのために天使たちに命じて、あなたの歩むすべての道であなたを守らせられるからである。彼らはその手で、

    キリスト教徒の証言–いのちの奇跡

    悪い知らせに耐えがたい苦しみを受けました 「あなたの弟はどこにいるの?もう数日も見てないし、電話もつながらないわ」、と私は夕食後に何かおかしいと感じながら長男に聞きました。彼は躊躇して、重々しい口調でこう言いました;「お母さん、シャオ・ウェイは交通事故に遭って、先週から治療のために入院してるんだ。お母さんは凄いショックを受けると思って、言わな

    癌に罹っていのちの意味を認識しました

    私はごく普通の専業主婦です。私の夫の家族は無職で学歴の低い私を蔑んでいました。私の夫も私のことをからかい、私を田舎者と呼んでいました。これ故に、私はこう決意しました:「もう二度とばかにされないように、仕事を見つけて、沢山をお金を稼ぐ必要があるわ。」後に、私は偶然にも保険を販売するために保険会社に就職しました。私は一生懸命に働いていたので、自分

    祈りの証言-生死の瀬戸際で主イエス様の御恵みを授かりました

    私の家族は経済的に苦しんでいました。もっと良い生活をしようと、私は長年一生懸命に働きました。私は過労が原因で様々な病気に罹りました:心臓病、高血圧、神経衰弱症、頸神経圧迫、過形成腰静脈の圧迫等。私は検査を受けに病院に行った時、医師から末期症状だと言われました。当時、私はこれらの病気に苦しみ一晩中寝れませんでした。私は本当に辛い痛みに苦しみまし

    御恵みの証言-主は生死の瀬戸際で私を御救いくださりました

    2005年2月、主の御恵みのおかげで、私は主の福音を受け入れました。牧師は、主はこの世界を愛しておられ、私たちを罪から贖うために、主は自らが十字架に釘付けにされて私たちの罪を背負われ、私たちを御救いくださり、私たちが主を私たちの救世主として受け入れ、主の前で悔い改めて罪の告白をしてさえいれば、主は私たちの罪すべてを御許しくださり、私たちは主の多大な

    感謝の気持ちに関する記事 | 洪水の中で授かった御救い

    私の妻と私は主イエス様の信仰者です。聖書にはこの記述があります:「ただ衣食があれば、それで足れりとすべきである。」 (テモテヘの第一の手紙 6:8)。私はこれらが主の御要望に沿った御言葉であることを知っていましたが、それでも急速に発展するこの社会で裕福になりたかった私は村にある山近辺に位置する氾濫原で黒色土壌の農地を耕し、よく命がけで働きました。そし

    驚くべき御救い|脳腫瘍が破裂、奇跡が起こりました

    私は現在71歳です。私は若かった頃、裕福な生活をしようとして頻繁に夜遅くまで残業をしました。その結果、私は40歳の若さで高血圧と変形性腰椎を患いました。しかし、私は病院での治療にお金を遣うのが嫌だったので、自宅で薬だけを飲んでいました。年を取るにつれて私の病は悪化していきました。高血圧で頻繁に目眩がして、両手は震えるようになり、私は物をしっかりと

    死がわたしに迫ってきた時、奇跡が起こった

    2016年3月3日、朝ご飯を食べた後、わたしは集会に行こうと電動自転車に乗って出かけました。村の狭い道路まで行った時、れんがをいっぱい積んだ大型貨車がバックしているのを見ました。行く手を阻まれたわたしは大型貨車を避けようとして、絶えず後ろへ下がり、場所が狭いため、他人の家の庭の戸口(その庭の門は高さが2メートルもある。庭の門の上部に乗せた、長さ3メー

    聊天前请阅读并同意我们的隐私权政策。

    您已阅读并同意我们的隐私权政策吗?