メニュー

癒やしと恵みの証し

神のご加護ー大きな交通事故の裏の得たもの

突然、私は植物人間になりかけた ある日の朝八時ごろ、妻と私は七歳になる孫娘と一緒に出かけ、薪を集めてリヤカーに乗せ、家に持ち帰る手伝いをさせました。厚さ数インチの薪をリヤカーに満載したあと、十時ごろ...

13歳のクリスチャンが体験した病気からの回復

寄稿家:イン・リン(ビルマ) 私は13歳のクリスチャンです。私は幼いころから両親と同じように主を信仰しています。当時、私は讃美歌を歌って主を讃えるために毎週教会に通っていました。2018年2月、...

80歳のクリスチャンが洪水の中で神様に守られた奇妙な経験

寄稿家:シンシェン(中国) 私の妻と私は今年で共に80歳を超え、山の中腹で暮らしております。神への信仰を初めて以来、私たち年寄りは神の御恵みと御加護を受けながら健康に過ごせています。私たちは神の愛に...

素晴らしい救い-危険かつ恐ろしい火災の中で受けた神の驚くべき御加護

2008年5月のある日、1つの小さな火の粉が激しい火災を引き起こし、私は未だにその驚きと精神的ショックから立ち直れていません。しかし、私はこの火災のおかげで、全能神の驚くべき御業を実際に目撃することが...

9歳のキリスト教徒はあやまって井戸に落ちた後、どのようにして生き延びたのでしょう

私は幼かった頃、母を模範として主を信仰しました。これ故に、私は主の御加護の下で育った子供でした。聖書に書かれている:「あなたは主を避け所とし、いと高き者をすまいとしたので、災はあなたに臨まず、悩みはあ...

キリスト教徒の証言–いのちの奇跡

悪い知らせに耐えがたい苦しみを受けました 「あなたの弟はどこにいるの?もう数日も見てないし、電話もつながらないわ」、と私は夕食後に何かおかしいと感じながら長男に聞きました。彼は躊躇して、重々しい口調...

癌に罹っていのちの意味を認識しました

私はごく普通の専業主婦です。私の夫の家族は無職で学歴の低い私を蔑んでいました。私の夫も私のことをからかい、私を田舎者と呼んでいました。これ故に、私はこう決意しました。「もう二度とばかにされないように、...

祈りの証言ー生死の瀬戸際で主イエス様の御恵みを授かりました

私の家族は経済的に苦しんでいました。もっと良い生活をしようと、私は長年一生懸命に働きました。私は過労が原因で様々な病気に罹りました:心臓病、高血圧、神経衰弱症、頸神経圧迫、過形成腰静脈の圧迫等。私は検...

御恵みの証言-主は生死の瀬戸際で私を御救いくださりました

2005年2月、主の御恵みのおかげで、私は主の福音を受け入れました。牧師は、主はこの世界を愛しておられ、私たちを罪から贖うために、主は自らが十字架に釘付けにされて私たちの罪を背負われ、私たちを御救いく...

感謝の気持ちに関する記事 | 洪水の中で授かった御救い

私の妻と私は主イエス様の信仰者です。聖書にはこの記述があります:「ただ衣食があれば、それで足れりとすべきである。」 (テモテヘの第一の手紙 6:8)。私はこれらが主の御要望に沿った御言葉であることを知...

驚くべき御救い|脳腫瘍が破裂、奇跡が起こりました

私は現在71歳です。私は若かった頃、裕福な生活をしようとして頻繁に夜遅くまで残業をしました。その結果、私は40歳の若さで高血圧と変形性腰椎を患いました。しかし、私は病院での治療にお金を遣うのが嫌だった...

死がわたしに迫ってきた時、奇跡が起こった

2016年3月3日、朝ご飯を食べた後、わたしは集会に行こうと電動自転車に乗って出かけました。村の狭い道路まで行った時、れんがをいっぱい積んだ大型貨車がバックしているのを見ました。行く手を阻まれたわ...