聖書には神の御言葉に限らず、人の言葉も記されています

    2018年 06月 26日

    牧師と長老たちはいつも聖書に記述された言葉は全て神の御言葉であり、聖書は神の霊感を受けて書かれたものであると私たちに言います。聖書にもこう書かれています、「聖書は、すべて神の霊感を受けて書かれたものであって」(テモテへの第2の手紙3:16)。 これ故に、私たちは聖書に書かれている言葉は全て神の御言葉であるという信念を抱いてきている訳です。しかし、今日、今井姉妹と一緒に聖書の勉強をしていた時、私はこの観念に関して新たな知識を得たのです。

    私たちが聖句の中から幾つかの節を読んだ時、今井姉妹が聖書には神の御言葉だけでなく、人、ヘビ、サタン、そしてロバの言葉も記されていると言いました。そして、彼女はこの節を見せてくれました。

    聖書,神の言葉,教会

    創世記3:1「へびは女に言った、『園にあるどの木からも取って食べるなと、ほんとうに神が言われたのですか』」。 これはヘビがイブに言ったことです。

    ヨブ記2:2「サタンは主に答えて言った、『地を行きめぐり、あちらこちら歩いてきました』」。 これはサタンが神に言ったことです。

    民数記22:30「ろばはまたバラムに言った、『わたしはあなたが、きょうまで長いあいだ乗られたろばではありませんか。わたしはいつでも、あなたにこのようにしたでしょうか』」。これはロバがその主人に言ったことです。

    これらの節を読んだ後、私は思わず心の中で混乱してしまいました:「正に、これらは神の御言葉ではなく、サタン、ヘビ、ロバの言葉だ。そしたら、パウロはどうして聖書の言葉は全て神によるものだと言ったのでしょう?どうして牧師と長老たちは聖書の記述は全て神の御言葉だと言うのでしょう?今井姉妹は私の胸中を察したようで、私とある知識を共有してくれました。

    彼女は、「実は、聖書の中で、神は聖書の記述は全て神の御言葉であるとは決して言われていないし、聖霊もその証言はしていないんです。’聖書の言葉は全て神の霊感を受けて書かれている’という言葉はパウロの個人的な認識を表しているだけで、神の御心とは違うんです。そして、牧師と長老が抱く信念も単にパウロの言葉に基づいているものであって、神の御言葉には基づいていません。私たち神の信仰者は全てを神の御言葉に従って捉えるべきなのです。」これを聞いた私はうなずいて賛成しました。

    そして彼女はこう言いました:「これで、聖書の言葉は全てが神の御言葉ではないことが分かりました。そうしたら、聖書のどの箇所が神の御言葉なのでしょう?この疑問をはっきりさせることは必要だと思います。」その後すぐに私たちはこの議論を続行しました。

    今井姉妹は続けてこう言いました、「聖書では、ヤ―ウェ神が仰った御言葉、ヤ―ウェ神がモーゼに言うよう指示された御言葉、神が預言者たちに告げることを要求された御言葉、主イエス様が仰られた御言葉、そしてヨハネの黙示録で神がヨハネに明らかにされた預言の内容のみが神の御言葉で、それ以外の人の伝記や使徒たちの手紙は全て人の言葉です。これらは彼らの個人的な体験や知識を表しているだけで、神の御言葉ではなく、またそれを神の御言葉と言うことはできません。

    神が預言者たちに御啓きになられた御言葉を全部見てみましょう。神の御言葉を預言者たちの言葉と区別するため、預言者が告げた神の御言葉には常に神の御心に合わせて『主は仰りました』もしくは『このように主は仰りました』と初めに印を付けています。例えば、出エジプト記16:23「モーセは彼らに言った、『主の語られたのはこうである…』」。エゼキエル書5:8「それゆえ主なる神はこう言われる…」。エゼキエル書
    7:20「それゆえ主なる神はこう言われる…」等です。これらは全て真実ですよね?これに賛成できますか?」私はうなずいて、「はい、てきます」、と答えました。

    主なる神様、有難うございます! 私は今井姉妹と一緒に聖書の勉強をしてこれらの知識を得ることができました。主を信仰する兄弟姉妹の皆さん、これを理解できましたか?

    著者:カリー

    もっと見る:
    神を信じる-聖書と神のつながりを知ることは重要である

    コメントを残す

    神の権威により、第四の日に人類の季節、日、年が造られた

    創造主は、最初の3日間、言葉により神の計画を実現しながら過ごした。この3日間において、神は多忙にしている様子も、疲弊している様子も無く、逆に神はこの3日間を満喫し、世界の劇的な変化を実現していた。神の前には全く新しい世界があり、神の心に秘められていた美しいイメージは、遂に神の言葉となって明らかとなっ…

    第二の日、神は権威により水と天、そして人間が生活する上で最も基本的な空間を造った

    次に、2番目の聖句を検討する。「神はまた言われた、『水の間におおぞらがあって、水と水とを分けよ』。神はおおぞらを造って、おおぞらの下の水とおおぞらの上の水とを分けられた。そのようになった。」(創世記1:6-7)神が「水の間におおぞらがあって、水と水とを分けよ」と述べた後、どのような変化が起きたであろ…

    第五の日、様々な生物の命により、創造主の権威が様々な形で示された

    聖句には、「神はまた言われた、『水は生き物の群れで満ち、鳥は地の上、天のおおぞらを飛べ』。神は海の大いなる獣と、水に群がるすべての動く生き物とを、種類にしたがって創造し、また翼のあるすべての鳥を、種類にしたがって創造された。神は見て、良しとされた。」(創世記1:20-21)とある。聖句では、神がこの…

    教会音楽「あなたの生活を神の言葉で満たしなさい」いのちのパンを享受する

    あなたの生活を神の言葉で満たしなさい 今日からあなたが話す時は 神の言葉について話しなさい あなた達が集まる時には 真理による交わりを持ちなさい 神の言葉について知っていること 実行していること そして聖霊の働きについて話しなさい 自由に過ごす時でも神の言葉について語りなさい 無駄話はせず あなたの…

    第三の日、神の言葉により地と海が生まれ、神の権威により、世界が生物で満たされた

    次に、創世記1:9~11の最初の節を検討する。「神はまた言われた、『天の下の水は一つ所に集まり、かわいた地が現れよ』。」神が「天の下の水は一つ所に集まり、かわいた地が現れよ」という短い言葉を述べた後、どのような変化が生じたであろうか。また光と天以外に、この空間に何が存在したであろうか。聖句には、「神…

    聖書を学ぶための秘訣

    聖書を読むのは各キリスト教徒にとって必須課程です。多くのキリスト教徒たちは聖書の解釈に上達して主の御心をより良く理解しようと聖書の学習方法を幾つか考えました。第1に、彼らは聖書の何バージョンを読むかを選択します。今現在、聖書は、「The Daily Study Bible」、「The Cross R…

    あなたは生かされているか

    あなたが正常な人間性を生きることを達成し、全き者にされたら、預言をしたり奥義について話すことができなくても、人間の姿を生き、表しているのである。神は人を造ったが、その後、人はサタンによって堕落させられ、この堕落が人々を「死人」にしてしまった。したがってあなたが変わった後、あなたは死人とは違うものにな…

    十戒映画ー神が律法を定める

    音楽ドキュメンタリー 「万物の主権を握るお方」抜粋シーン(8)神が律法を定める モーセがイスラエルの民をエジプトから連れ出した後、神は律法と戒めを定め、それによって地上での民の生活を導き、どのように神を礼拝すべきかを教えた。これらの律法と戒めはイスラエルの民を導いただけでなく、後の時代の法律に基準を…

    聊天前请阅读并同意我们的隐私权政策。

    您已阅读并同意我们的隐私权政策吗?