神の恵みとは何か。神から人間に対する最も偉大な恵みとは?

    2019年 01月 02日

    寄稿家:シンディ(米国)

    恵みは神から来るもので、神は私たち人間を創造なさったので、神の恵みは常に私たちと共にあります。神の恵みの例を挙げるとしたら、兄弟姉妹たちの多くは、「神は彼らの病気を治してくださった」、「神は彼らの家庭の平安を保証してくださる」、または「神は彼らの家族を幸せにし、全てが順調に進むようにしてくださる」等と言うかも知れません。これらは神の恵みではありますが、私たちの肉に喜びをもたらしてくれるだけで、私たちのいのちにとってはさほど有益なものではありません。私たちのいのちにとって最も有益なものは神の御言葉であり、それは正に神が私たちにお与えくださる最も偉大な恵みなのです。私たちは神の御言葉を聞いてさえいれば、神の恵みと祝福を授かり、神の御気遣いと御加護の下で生きることができるのです。

    神の恵みとは何か,神から人間に対する最も偉大な恵みとは

    アダムとイブは神の御言葉に従った時、神の恵みと祝福を受けました。

    神は私たちの先祖アダムとイブを創造された後、彼らをエデンの園に住まわせて、彼らにこう仰せられました:「あなたは園のどの木からでも心のままに取って食べてよろしい。しかし善悪を知る木からは取って食べてはならない。それを取って食べると、きっと死ぬであろう」(創世記2:16-17)。神の御言葉を聞いたアダムとイブは言われた通りにしました。彼らは他の木からのみ実を食べて、善悪の知識の木からは食べませんでした。これ故に、彼らは神から祝福されました。彼らはエデンの園の中で植物と動物の世話をし、お互いを愛し合い、共に平和に、幸せに暮らしました。するとある日、へびが善悪の知識の木から実を取って食べるようにと彼らを誘惑しにやって来ました。そして、識別力を欠いた彼らはサタンの狡猾な策略にはまり、神の御言葉に背き、神が食べてなはらないと仰せられたいた実を食べてしまったのです。この結果、彼らはエデンの園から追い出されてしまい、それ以降は家族を支えるために汗を流して働くという辛い生活を送りました。彼らは神の恵みと祝福を失ってしまったのです。これが、彼らが神の御言葉に背いた結果でした。

    旧約聖書の時代、人々は神の律法と戒律を守り、神の恵みと祝福を受けました。

    旧約聖書の時代を生きた人類は生活の仕方を知らなかったため、ヤ―ウェ神は律法と戒律を交付され、生活する方法、神を礼拝する方法、神が祝福される人々、神が呪われる人々、そして罪とは何かということについて彼らに伝えられました。こういったヤ―ウェ神の御言葉は人間が必要としていたもので、人間はそれに従う必要がありました。イスラエルの民はこの律法に従って行動をとり、神の恵みと祝福を受けました。彼らは共に地上で平和な生活を送り、常に神に見守られながら、神の御気遣いと御加護を受けていました。これについて聖書にはこう書かれています、「あなたの神、主のさとしを守り、その道に歩み、その定めと戒めと、おきてとあかしとを、モーセの律法にしるされているとおりに守らなければならない。そうすれば、あなたがするすべての事と、あなたの向かうすべての所で、あなたは栄えるであろう。」(列王紀上2:3)。

    しかし、旧約聖書の時代末期になると、人々はサタンに酷く堕落させられ、律法を守ることができなくなってしまいました。彼らは質の低い捧げものをし、畜牛、羊、そしてはとを宮の中で販売し始めて、宮を強盗の巣と変えてしまい、神が忌嫌われることを行うようになったのです。神の律法と戒律に背いた結果として、彼らはその全員が律法によって罪に定められる危険に直面しました。

    新約聖書の時代、主イエス様の福音を受け入れた人々は神の恵みと祝福を受けました。

    主イエス様は地上で受肉された時、天国の福音を説かれ、人間たちに罪を告白して悔い改め、敵を愛し、謙遜して耐え忍ぶ心を持ち、他人を許し、自分を愛するように隣人を愛するようにと仰せられながら、悔い改めの道について宣教されました。主イエス様の御言葉通りに行動した人々は罪を許され、犯した罪に対し律法から罰せられる危険もなくなり、神の恵みと祝福の下で暮らしました。それに反して、主イエス様が宣教された悔い改めの道を受け入れなかった人々は神の救いを失い、律法に縛られた辛い生活を続けました。

    神が以前なされた働きより、神の御言葉は神が人間にお与えになる最も偉大な恵みと祝福であることが分かります。私たちは神の道に従い、神の御言葉通りに行動してさえいれば、神の御気遣いと御加護の下で暮らすことができます。主イエス様はこう仰りました、「人はパンだけで生きるものではなく、神の口から出る一つ一つの言で生きるものである」 (マタイによる福音書4:4)。神のこの御言葉より、私たちは食べ物だけで生きるのではなく、それよりも神の御言葉に沿って生きることが大切であると語っているのです。それは、神の御言葉のみが私たちのいのちとなり得るものであり、私たちの存在の基盤であるからです。

    終わりの日には、神の恵みと祝福を受けるために、神の新たな御言葉を受け入れる必要があります。

    ヨハネの黙示録にはこう預言されています、「耳のある者は、御霊が諸教会に言うことを聞くがよい。勝利を得る者は、第二の死によって滅ぼされることはない」(ヨハネの黙示録 2:11)。この御言葉は「終わりの日に神が現れ、働きを開始される時、神はもう一度御言葉を語られ、私たちにいのちの御言葉を与えてくださる。従って、私たちは注意深く耳を傾け、神の新たな御言葉を耳にしたら、すかさず探求し、調査しなくてはならない」、というメッセージを私たちに送っているのです。こうしてのみ、私たちは終わりの日の神の救いを得て、神の恵みと祝福を受けることができるのです。

    通読おすすめ:

    約伯記感想-発病や苦難もまた神の恵みです

    恵みの証言 – 主は生死の瀬戸際で私を御救いくださりました

    コメントを残す

    キリスト教映画「神の御守りの祝福」 災難の中の奇跡

    人はよく「事故は起きるものだし 人生は予測がつかない」と言います。 科学、近代的交通網、そして物質的豊かさが急速に発展している現代、私たちの周りで起こっている災害は日ごとに増しています。新聞を開いたりテレビをつけたりする度、私たちがおもに目にするのは、戦争、地震、津波、ハリケーン(台風)、火災、洪水…

    ヨブ記感想-発病や苦難もまた神の恵みです

    寄稿家:シァンフェイ(中国) 御恵みの話しになると、私たちは普段それを神の祝福と愛に結びつけます。しかしながら、私たちの日常生活は全てが常に順調なわけではありません。病気や苦難に見舞われることがよくあります。そのような時、私たちは反抗的で、抵抗的で、不満げな態度を見せてこう考えます:「主イエス様は私…

    泥を振り落として、一歩一歩上がる

    ある農夫は一匹の老いたラバがいて、ある日ラバはうっかりして井戸に落ちました。井戸が深いので、どうしても救い出せなく、農夫はあきらめて、ラバが深い井戸の中でもがいているのを見るに忍びないので、泥で深い井戸を埋めることに決めました。農夫はシャベルで泥を井戸の中に投げ入れ、ラバはついでに背中の泥を振り落と…

    神が人類のために備えられた肉類、水源、薬草

    穀物や果物、野菜、様々なナッツ類などは、すべて植物性の食料である。それらは植物性の食料であるものの、人体の必要性を十分に満たすだけの栄養素が含まれている。しかし、神は「これだけ人間に与えれば十分であろう。人間はこれだけ食べていればよい。」などとは言われなかった。神はそうした食料に留まらず、人間にとっ…

    寓話-私の靴・My Shoes

    動画の中に、男の子は古い服とぼろ靴を着用し、足の指がすべて靴から出ています。彼はよく嘲笑われ、苦痛の中で生きています。ある日、彼は新しい服と靴を着用している、一人の男の子がベンチに座っているのを目にしました。その男の子は彼に挨拶したが、彼は劣等感を持ちながらその場を離れました。ある大樹の下、彼は独り…

    「万物の主権を握るお方」NO.9 イスラエルの民への神の約束

    音楽ドキュメンタリー 「万物の主権を握るお方」抜粋シーン(9)イスラエルの民への神の約束 何百年もの間、律法の下にあったイスラエルの民は、自らの罪ゆえに、律法により有罪と宣告され、死に処せられる危機に直面する。必死に呼び求める彼らに、神は約束を与える。彼らの運命と存在を変える、その約束とは?本キリ…

    奇跡!医学的に不妊と診断されたあと、彼女は元気な赤ちゃんを産んだ(II)

    ある日、小慧は突然吐き気を覚えました。悪いものを食べたせいでのぼせてしまったためではないかと思い、漢方薬を二種類処方してもらったのですが、それを飲んだあとも吐き気はひどくなるばかりでした。そのとき初めて、小慧はこう考えました。私は妊娠しているのではないか。しかし、次にこう思いました。「そんなことがど…

    職場の問題を解決する-お酒を諦める

    私たちの生活において、人々はお酒なしでは生きられないことが多々あります:人は他人から助けを求める時は、彼らをおごって一緒にお酒を飲む必要があります。部下が上司と食事をする時、彼らはお酒を飲む必要があります。友人と親戚たちもお互いの良い関係を保つためにお酒を飲みます。お酒は私たちの生活と仕事においてほ…

    聊天前请阅读并同意我们的隐私权政策。

    您已阅读并同意我们的隐私权政策吗?