ハリケーンが来襲することが予測されている。わたしたちはどうすれば災難を逃れることができるのか

    2017年 11月 22日

    9月5日、アメリカ国立ハリケーン・センター(NHC)は、「ハリケーン『イルマ』が5日の夜にカリブ海の東北部の島々、プエルトリコ、ドミニカ、ハイチ、キューバを、今週末にアメリカのフロリダ州を襲う見込みである」と発表した。

    ハリケーン

    ハリケーン「イルマ」が来襲する時、きっと強風と洪水をもたらす。ハリケーンによってもたらされる災害を減らすためには、フロリダ州政府はすでに一部地域の住民と観光客を疎開させた。西礁島の海軍航空基地の人員とすべての艦艇、軍用機も移されるであろう。

    「イルマ」は「史上威力が最も強い」大西洋ハリケーンと呼ばれている。米国空軍と米国海洋大気庁によって組織される「ハリケーン・ハンター」グループは、風を追う飛行機を操縦して「イルマ」を追跡した。現地時間9月5日の朝、ハリケーンの目の中に突進して、関連する気象資料を収集したり、気象画像を撮影したり、気象写真を撮ったりした。

    8月26日アメリカのテキサス州を襲ったハリケーン「ハービー」は、人々に大きな教訓を与えたかもしれない。ハリケーン「イルマ」が本週末にフロリダ州を襲うという、アメリカ国立ハリケーン・センター(NHC)の予測を聞いた後、人々は災難が起こる前の警戒状態に入り、移すべきものを移し、疎開させるべき人を疎開させ、しかも人力や物力を費やして「イルマ」を追跡し、ハリケーンの動きを観察している。わたしたちはこう思っている。前もって危険地帯から避難すれば安全だ、前もって食物を用意しておいたら生命の保障を得られる、そのような措置を取ったら、災難を逃れる道を見つけたことになる、と。だが、わたしたちは次のような問題を考えたことがあるのか。わたしたちがそのようにすれば、本当に災難を逃れ、災難によってもたらされる損失を免れることができるのか。わたしたちが災難を予測できるのに、なぜ無事に毎回の災難を避けることができないのか。

    神は万物を創造し、また万物の生存法則と万物の流転とをつかさどり、神の権威と力はいかなる人も超越できない。毎日世の中で起こるすべてのことは、神の主宰と按配によるものだ。わたしたち人類はただの被造物だから、たとえ科学を発展させ、いくらかの技術をマスターし、ハリケーンがいつ上陸するかを予測できるとしても、ハリケーンによってもたらされる災難を免れることができない。

    神だけがわたしたちをすべての災難から守ることができる。

    主にある多くの兄弟姉妹は、災難がますます大きくなり、主の到来に関する預言がすでに実現したことを見たが、主がどこに現れて働くかを見ていない、と言っている。では、わたしたちはどうすれば主を迎え、世の終わりの大災難の中の、主のわたしたちに対する顧み、守りを得ることができるのか。主のすべての信者の中で、弟子ペテロ、ヨハネなどだけが主を見た。今の時代のクリスチャンは主を見られず、聖書を読むことによって、また主イエスの言葉によって、主イエスを信じるようになったのだ。この最後の時代で主が再来される時、わたしたちはやはり主を見られないかもしれない。だが、聖書にこう書かれている。「しかし、その方、すなわち、真理の霊が来ると、あなたがたを導いて真理をことごとく悟らせる。その方は、自分から語るのではなく、聞いたことを語り、また、これから起こることをあなたがたに告げるからである」(ヨハ16:13)。この箇所から分かるように、主が来られた後、また言葉を言い、真理を発表される。それなら、わたしたちが主の発表される真理を見たら、主を見たのではないか。だから、主の声に留意することは非常に重要である!

    わたしたちは目を覚まして祈ろう。主がわたしたちを憐れみ、導いてわたしたちが彼の声を聞けるようにすることを求めよう。

    聖書の部屋へようこそ。あなたが信仰上で困惑や困難にぶつかることがございましたら、いつでも私たちにご連絡ください。あなたの助けになることを望んでいます。私たちがキリストの中に互いに愛し合うように。

    コメントを残す

    どのように預言を扱うべきか

    聖書に記されている、主の再来に関する預言がたくさんあります。どのクリスチャンもこれらの預言をよく知っています。特に主の再臨を切に待ち望んでいるわたしたちは、主の再来に関する預言を正確に理解し、認識したいと強く思っています。主の再来を見られるように。天の国に入りたいという望みを実現できるように。こうい…

    深く考えるに値する寓言ストーリ:人類が地球の最大の危機

    これは全ての人が深く考えることに値する寓言ストーリです。私たち人類はいろんな動物を捕って殺しており、動物の毛皮で服を作ると同時に、絶えずに地球環境を破壊し、所謂科学を発展しています。人類は神様が私たちに与えた美しい家、生態環境を見るに忍びない程破壊しています。 この動画を見たら、つい次の御言葉を思…

    災害が頻繁に発生している今日、私達はどのように主の再来を迎えるのか

    現在災害がますます大きくなり、地震、飢饉、戦争や暴動がよく起こり、このほか、2019年から2020年の間、中国武漢での「新型コロナウイルス」が、既に中国から全世界20カ国余りと地域に広まり、しかも今も蔓延し続け、死亡数も増える一方です。2019年9月から2020年1月まで、オーストラリアの森林火災は…

    150年に一度しか見られない珍しい天象「血の色をしたスーパー・ブルームーン」は 何を予告しているのか

    今年1月31日、150年に一度しか見られない珍しい天象――「血の色をしたスーパー・ブルームーン」が現れた。「ブルームーン」が現れた時、皆既月食が起こり、月は赤くなり、まるで血に染まったかのようだった。「ブルームーン」は、青くなった月を指すのではなく、同じ月に満月が 2 度あるときの 2 度目の満月を…

    2018年7月ブラッドムーンの再現-ヤーウェの大いなる恐るべき日来たる

    ブラッドムーンの再現珍しい天文現象である皆既月食が2018年7月27日の夜20:22:54 UTC(協定世界時)に再び現れます。ウィキペディアによると、今回の皆既月食では、月の赤経は20°28’12’’、赤緯は19°、半影部分の光度は2.679、そして本影部分の光度は1.609になるそうです。天文現…

    聖書預言-終末の教会の現状

    アモス書 4:6-8 「わたしはまた、あなたがたのすべての町であなたがたの歯を清くし、あなたがたのすべての所でパンを乏しくした。それでも、あなたがたはわたしに帰らなかった」と主は言われる。「わたしはまた、刈入れまでなお三月あるのに雨をとどめて、あなたがたの上にくださず、この町には雨を降らし、かの町に…

    スーパー細菌が襲ってきた。あなたは準備ができたのか

    ここ数年来、臨床上細菌感染が敗血症を誘発したために亡くなった患者は少なくない。老人の命であれ若者の命であれ、男の命であれ女の命であれ、体質の丈夫な人の命であれ体質の弱い人の命であれ、細菌、ウィルスの前では同じように弱いのである。さらに恐るべきことは、細菌感染を治療するのに用いられる抗生物質がもはや細…

    多くの人は「天が落ちると誰もが死ぬ」と言うが、災いが降りかかっても神を信じる人は本当に死から守られるのか。

    神の御言葉による答え: 神はこの世界を創造し、この人類を創造した。また、それだけではなく、神は古代ギリシア文化ならびに人類文明の設計者でもあった。神のみがこの人類を慰め、神のみが日夜人類のことを思いやる。人類の発展と進歩は神の支配と切り離すことはできない。また、人類の歴史と未来は神の計画と切っても切…

    聊天前请阅读并同意我们的隐私权政策。

    您已阅读并同意我们的隐私权政策吗?