150年に一度しか見られない珍しい天象「血の色をしたスーパー・ブルームーン」は 何を予告しているのか

    2018年 04月 01日

    今年1月31日、150年に一度しか見られない珍しい天象――「血の色をしたスーパー・ブルームーン」が現れた。「ブルームーン」が現れた時、皆既月食が起こり、月は赤くなり、まるで血に染まったかのようだった。「ブルームーン」は、青くなった月を指すのではなく、同じ月に満月が 2 度あるときの 2 度目の満月を指す。

    聖書預言,世の終わり,災難

    月食は半影月食、部分月食、皆既月食の3種類に分けられる。そのうちの皆既月食は最もきれいであり、肉眼でも見える。今度の「血の色をしたスーパー・ブルームーン」は、米東部時間1月31日の明け方5時30分に現れ、午前12時に消えた。この珍しい天象が五時間半続いた。ヨーロッパ東部、アフリカ東部、アジア、オストラリア、北アメリカなど、全世界の約半分の地域で今度の皆既月食を鑑賞できる。

    1866年1月31日、「血の色をしたスーパー・ブルームーン」という現象が起こった後、このような珍しい天象はもう一度現れた。150年に一度しか見られないこの珍しい天象は何を予告しているのだろう。

    聖書にこう書かれています。「主の日、大いなる恐るべき日が来る前に、太陽は闇に、月は血に変わる」(ヨエ2:31)。「また、見ていると、小羊が第六の封印を開いた。そのとき、大地震が起きて、太陽は毛の粗い布地のように暗くなり、月は全体が血のようになって」(黙6:12)。これらの言葉から分かるように、血の色をしたブルームーンの出現は、神の日の来ることを予告している。

    つまり、人類が神の裁きを受け、大災難に遭う前に、太陽は暗くなり、月は血のようになる。

    もっと見る:スーパー「皆既日食」がアメリカを横断した――ニネベの町に対するヨナの警告の現代版!

    聖書の部屋へようこそ。あなたが信仰上で困惑や困難にぶつかることがございましたら、いつでも私たちにご連絡ください。あなたの助けになることを望んでいます。私たちがキリストの中に互いに愛し合うように。

    コメントを残す

    『スーパー・ブラッド・ウルフムーン』2019ユダヤ教のラビ:世界の終わりが近づいた

    米航空宇宙局(NASA)によれば、米国東部時間2019年1月20日夜9時36分に、めったに見られない奇異な天体現象「スーパー・ブラッド・ウルフムーン」が見られる。これは2018年1月31日にスーパー・ブルームーンが現れた後、再び現れた奇異な天体現象だ。今度の『スーパー・ブラッド・ウルフムーン』は北ア…

    ハリケーンが来襲することが予測されている。わたしたちはどうすれば災難を逃れることができるのか

    9月5日、アメリカ国立ハリケーン・センター(NHC)は、「ハリケーン『イルマ』が5日の夜にカリブ海の東北部の島々、プエルトリコ、ドミニカ、ハイチ、キューバを、今週末にアメリカのフロリダ州を襲う見込みである」と発表した。ハリケーン「イルマ」が来襲する時、きっと強風と洪水をもたらす。ハリケーンによっても…

    「スーパームーン三連発」は異常なことが起こることを示しています

    専門家の予測によると、2019年2月19日と3月21日に、続けてスーパームーンが現れるとのことで、1月21日に現われた「スーパーブラッド・ウルフ・フムーン」に続く宇宙の珍しい現象が発生するとなるとのことです。 関連する情報によると、「スーパームーン」とは、満月が地球に最も近づく「近地点」のことを指…

    戦争に至ろうとしている朝鮮半島危機からは、わたしたちはどんな認識を得たのか

    今年、朝鮮半島の核危機に全世界はかつてない大きな関心を寄せている。朝鮮半島はすべてのマスコミの注目を集めている。ここで起こる一つ一つのことは東アジアの、ひいては国際の情勢の動きに影響を及ぼしている。北朝鮮当局は国際社会からの非難を無視し、独断専行して一再ならずミサイルを試射し、しかも核爆弾をアメリカ…

    聖書預言-終末の教会の現状

    アモス書 4:6-8 「わたしはまた、あなたがたのすべての町であなたがたの歯を清くし、あなたがたのすべての所でパンを乏しくした。それでも、あなたがたはわたしに帰らなかった」と主は言われる。「わたしはまた、刈入れまでなお三月あるのに雨をとどめて、あなたがたの上にくださず、この町には雨を降らし、かの町に…

    どのように預言を扱うべきか

    聖書に記されている、主の再来に関する預言がたくさんあります。どのクリスチャンもこれらの預言をよく知っています。特に主の再臨を切に待ち望んでいるわたしたちは、主の再来に関する預言を正確に理解し、認識したいと強く思っています。主の再来を見られるように。天の国に入りたいという望みを実現できるように。こうい…

    超大型ハリケーン「ハービー」が来襲した。「不測の風雲」の背後の警告を求めるべきだ

    最近、アメリカの「風雲の変化」はいつも大衆の注目を集める。それは政治とは関係がなく、世の終わりの奇観、災難と関係がある。8月21日、ほとんどすべてのアメリカ国民は百年に一度しか起こらない皆既日食に驚嘆した。一部のクリスチャンは聖書の預言がすでに実現したのを見たので、「これ以上神に悔い改めないなら、ど…

    スーパー「皆既日食」がアメリカを横断した――ニネベの町に対するヨナの警告の現代版

    2017年8月21日は特別な日であった。その日、皆既日食は一世紀近くの間に初めてアメリカを横断した。幅約70マイルの皆既日食帯によって、多くの都市は暗くなった。昼は一瞬のうちに暗い夜になり、月が高く昇っているような光景が現出した。今回の皆既日食はまずオレゴン州の太平洋海岸で起こり、そしてアメリカ西南…

    聊天前请阅读并同意我们的隐私权政策。

    您已阅读并同意我们的隐私权政策吗?