2018年7月ブラッドムーンの再現-ヤ―ウェの大いなる恐るべき日来たる!

    2018年 07月 28日

    ブラッドムーンの再現

    珍しい天文現象である皆既月食が2018年7月27日の夜20:22:54 UTC(協定世界時)に再び現れます。

    ウィキペディアによると、今回の皆既月食では、月の赤経は20°28’12’’、赤緯は19°、半影部分の光度は2.679、そして本影部分の光度は1.609になるそうです。天文現象は全体としてほぼ4時間も続きます。部分月食は235分間、皆既月食は102分間続き、今世紀で最長の月食となります。それと同時に、月は目を見張るような赤色もしくは赤茶色になり、これが「ブラッドムーン」と呼ばれる由縁となっています。

    今回の月食は北米の観測者たちは見ることができないと言われています。しかし、NASAゴダード宇宙飛行センターの月科学者ノア・ペトロ氏はアフリカ、中東、南アジア、そしてインド洋の大半の地域では天候が良ければ十分に見ることができるだろうと考えています。観測者は特別な機器は何も必要ありません。裸眼または一般的な望遠鏡でこの目を見張るようなブラッドムーンを見ることができます。

    ブラッドムーン,聖書預言,末期災難

    ブラッドムーンの頻繁な現れが世界の注目を集めています

    今回の皆既日食は長時間続くので、天文学者たちの注目を集めています。さらに、キリスト教徒たちはこれをうけて、「ブラッドムーンの再現か、ヤ―ウェの大いなる恐るべき日は近々到来するのだろうか?」と考えさせられています。

    インディアナ州のキリスト教伝道者であるポール・べグリー氏は、7月27日は世の終わりではないが、使徒言行録第2章とヨハネの黙示録第6章に記された聖句はブラッドムーンが終わりの日に現れると預言しているという見方ができると考えています。

    ブラッドムーンは過去に何度か発生しています。特に、2014年と2015年の間に現れたブラッドムーンはユダヤ教の重要な祝祭日と同時期に発生しました。それぞれが、2014年4月15日と2015年4月4日(ユダヤ教の過ぎ越しの祭り)、2014年10月8日と2015年9月28日(仮庵の祭り)に発生しています。このような驚くべき現象を受けて、私たちは聖書に記されているブラッドムーンに関する預言にもっと注目するようになります。

    ヨハネの黙示録第6章12節にはこの記録があります、「小羊が第六の封印を解いた時、わたしが見ていると、大地震が起って、太陽は毛織の荒布のように黒くなり、月は全面、血のようになり」。そしてヨエル書第2章29-31節はこの記録があります、「その日わたしはまたわが霊をしもべ、はしために注ぐ。わたしはまた、天と地とにしるしを示す。すなわち血と、火と、煙の柱とがあるであろう。主の大いなる恐るべき日が来る前に、日は暗く、月は血に変る。」 これらの節から、フラッドムーンはヤ―ウェの大いなる恐るべき日が到来する前に現われることが分かります、すなわち、ブラッドムーンの現れは大災害の発生が近づいているというしるしなのです。

    7つの封印が破られました、神の足跡はどこに?

    ヨハネの黙示録が終わりの日に関する神の預言であることはキリスト教徒なら誰でも知っています。7つの封印について、ヨハネの黙示録第5章1-5節にこう記録されています、「わたしはまた、御座にいますかたの右の手に、巻物があるのを見た。その内側にも外側にも字が書いてあって、七つの封印で封じてあった。また、ひとりの強い御使が、大声で、『その巻物を開き、封印をとくのにふさわしい者は、だれか』と呼ばわっているのを見た。しかし、天にも地にも地の下にも、この巻物を開いて、それを見ることのできる者は、ひとりもいなかった。巻物を開いてそれを見るのにふさわしい者が見当らないので、わたしは激しく泣いていた。すると、長老のひとりがわたしに言った、『泣くな。見よ、ユダ族のしし、ダビデの若枝であるかたが、勝利を得たので、その巻物を開き七つの封印を解くことができる』」

    これらの節から、神のみが7つの封印を破り、巻物を開けるこということが分かります。最近、ブラッドムーンは頻繁に現れています。それは主イエス様が戻られ、封印を破られ、巻物を開かれたというしるしなのでしょうか?そうだとしたら、主は何処におられるのでしょう?主が明らかにされた奥義とは何なのでしょう?主が開かれた巻物とは何なのでしょう?これらは次回ブラッドムーンを目にする時にキリスト教徒が最も探求べき重要な質問であると思います。

    ブラッドムーンの現れは大災害の始まりです。近頃、戦争、地震、干ばつ、洪水、ウイルス等の災害が世界中で頻繁に発生しています。ヨハネの黙示録にある預言は既に成就しています。ヤ―ウェの大いなる恐るべき日は近々到来し、大災害の発生はすぐそこまで来ています。

    主イエス様はこう仰りました、「求めよ、そうすれば、与えられるであろう。捜せ、そうすれば、見いだすであろう。門をたたけ、そうすれば、あけてもらえるであろう」マタイによる福音書7:7。私たちは、主イエス様が主を心から探求する羊たちを見放されはしないと信じています。兄弟姉妹の皆さん、私たちがすぐに主の足跡を見つけて主の再臨をお迎えすることができるよう、共に祈りを捧げ、主に助けを求め、私たちを啓き、動かしてくださるようお願いしましょう。私たちはこれを主イエス様の名に懸けて請います。アーメン!

    もっと見る:150年に一度しか見られない珍しい天象「血の色をしたスーパー・ブルームーン」は 何を予告しているのか

    コメントを残す

    説教師の悩み-主イエス・キリストの再臨をお迎えする方法とは

    私は教会で説教師をしているのですが、宣教するに値することが何もなく、兄弟姉妹たちに有益な啓示をすることができません。彼らの信仰は全般的に弱く気が抜けてしまった状態にあり、集会になると彼らは居眠りをするか、小声でお喋りをするといった始末です。教会で普段からこういう状況を目にしていると、いつもとてもイラ…

    私は神様の性別に対して、新たな認識がありました

    【編集者メモ】神は男性か、女性か。神には固定された性別があるのでしょうか。これは多くのキリスト教徒を混乱させる問題ですが、誰もそれをはっきり説明できません。本稿は神の性別の奥義を明らかにします。 寄稿家:シンユアン(オーストラリア) 神には果たして固定された性別があるのか。主イエスは男性として肉とな…

    主の再臨をお迎えする大変な経験(II)

    全能神はこうおっしゃっています。「ヤーウェの働きからイエスの働きまで、イエスの働きからこの現在の段階の働きまで、これら三段階は神の経営の全幅を覆うもので、そしてすべてひとつの霊による働きである。神が世界を創造した時から、神は常に人類を経営して来た。神は初めであり終わりであり、最初であり最後であり、時…

    聖書の言葉―主は戸を叩き、あなたは神の声を聞きましたか

    聖書の言葉 見よ、わたしは戸の外に立って、たたいている。だれでもわたしの声を聞いて戸をあけるなら、わたしはその中にはいって彼と食を共にし、彼もまたわたしと食を共にするであろう。 ヨハネの黙示録3:20 この聖句は私たちに主を迎える道を示しています。終わりの日に、ある人は主が再来されて言葉を発され…

    どう用意すれば主の再臨を迎えられるか

    寄稿家:ダ・ヂャオ 今日、世界中では様々な災害が勢力を増し、主の再臨をうたう預言の多くが基本的に成就しています。私たちクリスチャンは、主が来臨して私たちを携挙してくださることを早る思いで心待ちにしています。私は主イエス様のこの御言葉を考えることがあります、「だから、あなたがたも用意をしていなさい。思…

    漫才2019「主の到来の形」聖書にある主イエスの再臨の預言はどのように実現されるか

    終わりの日、主イエスの再来を待つキリスト教徒たちの間で緊張感が高まる中、実際に主はいかにして再来されるのかという疑問が出る。「雲に乗ってお見えになる」と言う者もいるが、それに対し、再来の預言が他にもあると指摘して異議を唱える声もある。「見よ、わたしは盗人のように来る」(黙示録16:15)、「しかし、…

    讃美歌「すべての国々があなたの光のもとへ来る」礼拝賛美

    すべての国々があなたの光のもとへ来る Ⅰ あなたは大きく腕を広げて下さり 呻く人類を優しく抱かれる 力と思いやりの腕を差し伸べ 瞳は微笑み、明るく輝く 私たちはあなたの愛と憐れみに抱かれ 栄光の御顔は再び現れる 長らく堕落したこの世界に 今あなたの光が届いた この世は邪悪で堕落しており 救い主の再来…

    イエスキリストが受肉して再臨する意味は何か

    他国でアルバイトをするとき、彼女は数年ぶりの同郷に出会って、そして主が再来されたお知らせを知りました。主がすでに受肉して戻られたと聞いたとき、彼女の観念に衝撃を与えました。尋ね求めて考察した後、彼女は神様の受肉の意義を理解しました。 寄稿家:ウェイウェイ(アメリカ) 懐かしいふるさとの友人からの驚…

    聊天前请阅读并同意我们的隐私权政策。

    您已阅读并同意我们的隐私权政策吗?