メニュー

なぜ福音を宣べ伝えなければならないのか。 福音を宣べ伝える時に拒絶されたらどうするか

福音とは何か

福音とは、「祝福をもたらす声」、「祝福をもたらす情報やよい知らせ」であり、万物を創造された唯一の真の神が世の人に与えたい祝福です。この知らせが人にとってどんなに重要なのかを本当に知りたいなら、わたしたちは悪い知らせが何かをまず知らなければなりません。人類の祖先アダム、エバがサタンに腐敗させられた後、人類は死亡に直面しているようになります。人類にとって、これは明らかに悪い知らせです。そこで、神は人類を腐敗、死亡から救い出すために、人類を救う仕事を始められました。だから、神の毎回の働きは人類にとって福音なのです。その中の、恵みの時代の主イエスの人類を贖う仕事は、人々が最もよく知っている福音であり、地の果てにまで宣べ伝えられた福音でもあります。人々はイエス・キリストを自分の救い主として受け入れたため、救われて律法の縛り、罪定めから解放し、天の国の福音を得ました。

宣教,福音,天国

なぜ福音を宣べ伝えなければならないのか

1.神の命令。マタイによる福音書第28章18-20節にこう書かれています。「『わたしは天と地の一切の権能を授かっている。だから、あなたがたは行って、すべての民をわたしの弟子にしなさい。彼らに父と子と聖霊の名によって洗礼を授け、あなたがたに命じておいたことをすべて守るように教えなさい。わたしは世の終わりまで、いつもあなたがたと共にいる」。使徒言行録第1章8節にこう書かれています。「あなたがたの上に聖霊が降ると、あなたがたは力を受ける。そして、エルサレムばかりでなく、ユダヤとサマリアの全土で、また、地の果てに至るまで、わたしの証人となる」。これらの聖書の言葉から、わたしたちは福音を宣べ伝えることは神の委託、神の選民に対する神の要求だと分かりました。福音を宣べ伝えるのは、神の働きを証しするためであり、人を神の前にもたらして神の働きを受け入れさせるためです。だから、福音を宣べ伝えることは人を救う仕事、神のみこころを行なうことにかかわる重要な仕事です。

主は大きな使命をペテロ、ヤコブ、ヨハネなどの使徒、弟子に与えられました。そして、彼らはイエス・キリストからの使命を担い、至る所で主の福音を宣べ伝え、最終的に福音の宣べ伝えのために殉教しました。主はまた大きな使命を歴代の教会とあらゆる聖徒に与えられました。例えば、デイヴィッド・リヴィングストンはアフリカに行きました。ローバート・モリソン、戴徳生(ジェームズ・ハドソン・テーラー)は中国に来ました。ウィリアム・ケアリーはインドに行きました。アドニラム・ジャドソンはミャンマーに行きました。彼らは確かにこの使命を果たしました。主イエスの命令は諸教会に対する命令です。もちろん、それはわたしたちに対する命令でもあります。

2.人の本分。神のために福音を宣べ伝えることは、被造物の尽くすべき責任と義務であり、また善行の一面です。もしわたしたちが福音を宣べ伝えることができれば、福音を宣べ伝える過程の中で主の意志を探り、主の言葉を実行し、経験することができます。そうすれば、主の言葉をよりよく理解することができ、また神に従い、神の委託を遂行することができます。福音を宣べ伝えることにおいてこれらの効果を収められることは、神が神の選民を救い、完全にしていることを示しています。それは最も意義のあることです。ローマの信徒への手紙第10章14節にこう書かれています。「ところで、信じたことのない方を、どうして呼び求められよう。聞いたことのない方を、どうして信じられよう。また、宣べ伝える人がなければ、どうして聞くことができよう」。福音を宣べ伝える人がなければ、主イエスの福音を受け入れていない人たちは、主イエスを救い主として受け入れていないために十字架の救いを得られません。彼らが神によって罪に定められたら、それはわたしたちの罪でもありす。わたしたちが福音を宣べ伝えたのに、彼らが受け入れないなら、それは彼ら自身の罪です。

福音を宣べ伝える時に拒絶されたらどうするか

主イエスに倣って十字架の道を歩み、続けて福音を宣べ伝えるべきです。マタイによる福音書第20章28節にこう書かれています。「人の子が、伝えられるためではなく伝えるために、また、多くの人の身代金として自分の命を献げるために来たのと同じように」。ルカによる福音書第14章27節では、主イエスは「自分の十字架を背負ってついて来る者でなければ、だれであれ、わたしの弟子ではありえない」と言われました。わたしたち人類を贖う仕事の中で、主はさまざまな苦しみを耐え忍び、自分の命と自分のすべてを捨て、最終的に人類を贖い出されました。わたしたちもさまざまな嘲笑、誹謗、ののしりを耐え忍び、わたしたちの心身を献げるべきです。さまざまな失敗、挫折にあっても、がっかりしてはなりません。このような時、神に依り頼み、神を仰ぎ見て、引き続き福音を宣べ伝えて神を証しすべきであり、また、「自分の体を神に喜ばれる聖なる生けるいけにえとして献げ」るべきである(ロマ12:1)。多くの人はこう言うかもしれません。「わたしたちも十字架を背負って主について行くべきだと知っていますが、今はどうしても真理を実行できず、また聖霊の働きを享受できず、最初の信仰、愛、苦しみを受ける志を失ってしまいました。困難に遭う時は消極的になり弱くなり、あきらめようとさえ思います」と。今、わたしは一部の教会にこのような兄弟姉妹がいるのを見ました。彼らは、わたしたちが初め主を信じて聖霊の働きを享受した時のように、福音を宣べ伝えることにおいて信仰に満ちていて、非常に愛、根気があり、福音を宣べ伝えるのに使いきれない力があり、たとえ他人に嘲笑われ、ののしられても、やはり信仰に満ちています。しかも、彼らは福音を宣べ伝えるのに非常によい効果を収めました。彼らの教会に加入する人はますます多くなります。彼らは聖霊の働きを持っていますが、わたしたちは聖霊の働きを享受できません。それはなぜでしょう。ヨハネの黙示録第14章6節に「わたしはまた、別の天使が空高く飛ぶのを見た。この天使は、地上に住む人々、あらゆる国民、種族、言葉の違う民、民族に告げ知らせるために、永遠の福音を携えて来て」と書いてあります。この中から分かりますが、主イエスが再来される時、永遠の福音をもたらされます。彼らの宣べ伝えている福音は世の終わりの永遠の福音でしょうか。これは一体どういうことですか。わたしたちは確かに、この問題で反省し、真理を求めるべきです。

もっと見る:

キリスト教映画「福音の使者」

福音とは何か

推薦内容:

イエスの再臨をお迎えする最も重大な時

救い主はすでに「白い雲」に乗って戻って来た(朗読)

コメントを残す