再臨のメシアが現れた。私たちはどのように探すべきか

    2020年 05月 06日

    【編集者メモ】ここ数年、災害がますます多くなり、聖書の中の主の再来に関する預言は既に実現され、なぜ私たちはなかなか主が雲に乗って降臨されるのを見ていないのか。主は戻られたのか。主の再来はいったいどのように人間に現れ、私たちはどのようにして主を迎えることができるのか。この文章を読んで理解しましょう。

    ここ数年、地震、飢饉、疫病などの災害がますます多くなり、聖書の中の主の再来に関する預言は既に実現され、真心で主の出現を切望する多くの兄弟姉妹は、主が戻られたかもしれないと感じています。しかし、なぜ今、私たちはまだ主を迎えていないのか。主はいったいどこにおられるのか。私たちはどのように主の出現を探し求めるべきか。この話題に言及したら、ある人は、今主はまだ戻られていないので、探し求める必要がない、なぜなら聖書にはこう書かれています。「そのとき、人の子のしるしが天に現れるであろう。またそのとき、地のすべての民族は嘆き、そして力と大いなる栄光とをもって、人の子が天の雲に乗って来るのを、人々は見るであろう。」(マタイによる福音書24:30)主が戻られる時に雲に乗って降臨され、気勢がすさまじく、今これらの光景はまだ現れていないので、主がまだ戻られていないことを証明していると思っています。

    再臨のメシアが現れた

    今二つの違う考えがあります。では、主はいったい戻られたのか。主が再来の時にどのように人間に現れるのか。私たちは主が雲に乗って来られるのを待って、神様の出現を見て主を迎えることを保証できるのか。これらの問題に対して、私たちは一緒に交流しましょう。

    主が雲に乗って降臨されるのを座して待つことで、神様の出現を見ることができるのか

    多くの兄弟姉妹は聖句「ガリラヤの人たちよ、なぜ天を仰いで立っているのか。あなたがたを離れて天に上げられたこのイエスは、天に上って行かれるのをあなたがたが見たのと同じ有様で、またおいでになるであろう。」(使徒行伝1:11)に基づいて、主イエスが復活されて天に上った時に雲の乗って去り、主が再来される時にも、復活された霊体で雲に乗って来られ、主が雲に乗って降臨される光景を見ていない限り、主がまだ来られていないことを意味すると思っています。しかし、私たちのこのような理解の仕方は完全に神様の心にかなうと保証できますか。ヤーウェ神は言われました。「わが思いは、あなたがたの思いとは異なり、わが道は、あなたがたの道とは異なっているとヤーウェ神は言われる。天が地よりも高いように、わが道は、あなたがたの道よりも高く、わが思いは、あなたがたの思いよりも高い。」(イザヤ書55:8~9)神様の知恵は天より高く、私たち被造物である人間はどうして神様の働きを推し測ることができようか。終わりの日に主はいったいどのように現れて働かれるかについて、私たち人間はこれを決めつけるべきではありません。当時聖書にメシアが来ると預言され、結局主イエスが来られたように、これは私たち人間が想像できるものでしょうか。当時のパリサイ人は傲慢で高ぶり、自分の観念と想像に固執したため、神様に抵抗する人になりました。主イエスの言葉と働きにはどれほどの権利や力をもっていても、彼らはひたすらに観念と想像に基づいて神様の働きを決めつけ、メシアが来られて権力を担うので、きっと王の宮殿に生まれ、そして外見が威風堂々としていると思っていました。そのため、彼らは主イエスが普通のユダヤ人であり、名前もメシアと呼ばず、王の宮殿に生まれなかったことを見たとき、主の働きを拒絶して受け入れなかっただけでなく、ひいてはローマ政府と共謀して主イエスを十字架に釘付けにしてしまい、最後に神様の懲罰を受けたのです。しかし、パリサイ人はどのように主を罪に定めても、主に抵抗しても、主イエスが現れて働かれたことは事実であり、そして全人類を贖う働きを完成させたのです。ゆえに、神様の出現と働きであるかどうかは、人間が認めるかどうかによって決まるのではなく、神様の働きの事実に基づくのです。今、災害が頻発しており、イスラエルが戻り、四つの血の月は既に現れ、これはまさに主の再来の預言を実現しています。もし、主は既に戻って来られたら、私たちはまだ消極的に主が雲に乗って降臨されることを待っていて、パリサイ人が主イエスに抵抗したことと同じ誤りを簡単に起こしてしまうのではないか。神様が言われた通りです。「あなたがたにもう一度問う。あなたがたが全くイエスを理解してこなかったことを考えれば、最初のパリサイ人たちと同じ誤りを簡単に起こしてしまうのではないか。あなたは真理の道を識別することはできるのか。あなたがキリストに逆らわないとあなたは本当に請け合えるか。あなたは聖霊の働きに従うことができるのか。自分がキリストに逆らうかどうかがわからないのなら、あなたは既に死ぬぎりぎりのところに生きているとわたしは言う。メシアを理解しなかった人々は皆、イエスに逆らい、イエスを拒絶し、イエスを中傷することができた。イエスを理解しない人々は皆、イエスを否定し、イエスをののしることができる。そればかりか、彼らはイエスの再臨をサタンの惑わしとして見ることができ、さらに多くの人が受肉し再来したイエスを非難するであろう。これらのことのせいで、あなたがたは恐ろしくならないのか。」

    実は、終わりの日に主はいったいどのように来られるかについて、聖書には雲に乗って降臨される預言以外に、密かに降臨される預言もあります。例えば、「夜中に、『さあ、花婿だ、迎えに出なさい』と呼ぶ声がした。」(マタイによる福音書25:6)「もし目をさましていないなら、わたしは盗人のように来るであろう。どんな時にあなたのところに来るか、あなたには決してわからない。」(ヨハネの黙示録3:3)「見よ、わたしは戸の外に立って、たたいている。だれでもわたしの声を聞いて戸をあけるなら、わたしはその中にはいって彼と食を共にし、彼もまたわたしと食を共にするであろう。」(ヨハネの黙示録3:20)これらの聖句は「夜中に叫ぶ声がした」「盗人のよう」と言及し、これは主が再来される時にこっそりと来られ、密かに人の間に降臨され、言葉で私たちに戸を叩くことを示しています。もし、終わりの日に主が雲に乗って降臨され私たちに現れるなら、これらの預言はまたどのように実現されるのか。もし、主が雲に乗って降臨されるなら、まだ人に戸を叩く必要があるのか。もし、主が雲に乗って主を信じるすべての人に現れるなら、すべての人があえて抵抗できず、みな主の御前にひれ伏すのですが、聖書に預言された主が再来される時に、毒麦と麦、ヤギと羊、愚かな乙女と賢い乙女を分ける働きをどのように成就されるのか。そのため、私たちは一節また二節の預言に基づいて、主の再来は白い雲に乗って私たちに現れると決めつけてはいけません。このようにして容易に神様の意図を誤解してしまうのです。

    神様の出現をどのように探し求めるか

    つい先ほど、私たちは聖書の預言に基づいて、主の再来のもう一つの方法は密かに降臨されることに言及しました。では、私たちは神様の出現をどのように探し求めるべきでしょうか。主イエスは言われました。「わたしの羊はわたしの声に聞き従う。わたしは彼らを知っており、彼らはわたしについて来る。」(ヨハネによる福音書10:27)また『ヨハネの黙示録』の多くの箇所に預言されています。「耳のある者は、御霊が諸教会に言うことを聞くがよい。」(ヨハネの黙示録第2、3章)主の言葉とヨハネの黙示録の預言から分かるのは、主の現れを探し求めることにおいて、消極的に主が雲に乗って降臨されるのを待ってはいけません。神様の声を聞くことを学び、諸教会に向けた聖霊の言葉を探し求めるべきです。神様はどう言われるかを一緒に読んでみましょう。「神はどこに現れるのか。神の足跡はどこで見つかるのか。そうした疑問に対する答えは見つかっただろうか。そうした問いに対して、次のように答える人が多い。「神は自分に聞き従う人々に現れ、神の足跡は私たちのただ中にある。そんなに難しいことではない。」決まり切った答えであればだれにでも言える。だがあなたがたは、神の現れとは何かを、神の足跡とは何かを本当に理解しているのか。神の現れとは、神が仕事を行うためにみずから地上に来ることである。神としての身分と性質は保ったままで、また神自身の方法で、神は時代を始め、時代を終わらせるために人間世界に下ってきた。このような神の現れは儀式のようなものではない。それは何かのしるしでも、絵画でも、奇跡でも、大いなる幻でもない。ましてや宗教的な儀式でもない。それは、実際に手で触れ、見ることのできる動かしがたい事実である。このような神の現れは何かの手順を踏むためのものでも、短期間の仕事のためのものでもない。それは、神の経営(救いの)計画の中にある一つの段階を実現するためのものである。……

    ……神の足跡を探し求めている私たちは、神の心と、神の言葉、神の発する声を探り求める必要がある。神の新しい言葉があるところには神の声があり、神の足跡があるところには神の業があるからである。神による表現があるところには神の現れがあり、神の現れがあるところには真理と、道と、いのちがある。神の足跡を探し求める中で、あなたがたは『神は真理であり、道であり、いのちなのです』という言葉を無視していた。そのため、真理を受け取っても神の足跡を見出したとは思わない人が多いのである。ましてや、神の現れを認めることなどない。なんと大きな過ちだろうか。神の現れは人が思うようなかたちで来ることはない。ましてや神が人の言うままに現れるようなことはない。神は、自分の判断で動き、自分の計画に従って働く。さらに、神には神自身の目的と方法がある。神は自分のしようとすることを人に相談したり話し合ったりする必要はない。ましてや一人一人に自分がしようとすることを知らせるようなことはない。これが神の性質であり、それはすべての人が認めるべきことである。」

    ページ: 1 2
    聖書の部屋へようこそ。あなたが信仰上で困惑や困難にぶつかることがございましたら、いつでも私たちにご連絡ください。あなたの助けになることを望んでいます。私たちがキリストの中に互いに愛し合うように。

    コメントを残す

    ゴスペルソング「神の現れが持つ意義」

    ゴスペルソング「神の現れが持つ意義」神の現れとは業のため神降ること神の方法で身分も性質も保ちながら時代を始めまた幕引くため神は降る神の現れはしるしや絵画ではなく奇跡でも大いなる幻でもないましてや宗教的な儀式でもないそれは実際に見て触れることのできる事実である神の現れは業の手順踏むためや早く終わらせる…

    ワーシップソング「神の足跡を探すなら」歌詞付き

    神の足跡を探すなら神の足跡を探すなら探さねばならない神の御心、神の御言葉、神の御声神の新しい御言葉の中神の御声がある神の足跡があるところには神の御業がある神の印があるところそこには神が現れる神の現れるところには真理、道、命がある神の足跡を探す時神の真理、生きる道、命さえも見失ったら見つけることはでき…

    神様の御声をどのように聞き分けるのか

    参考聖書箇所「わたしには、あなたがたに言うべきことがまだ多くあるが、あなたがたは今はそれに堪えられない。けれども真理の御霊が来る時には、あなたがたをあらゆる真理に導いてくれるであろう。それは自分から語るのではなく、その聞くところを語り、きたるべき事をあなたがたに知らせるであろう」(ヨハネによる福音書…

    賢いおとめは神様の声を聞いて主を迎えた

    参考聖書箇所:「そこで天国は、十人のおとめがそれぞれあかりを手にして、花婿を迎えに出て行くのに似ている。…しかし、思慮深い者たちは、自分たちのあかりと一緒に、入れものの中に油を用意していた。…夜中に、『さあ、花婿だ、迎えに出なさい』と呼ぶ声がした。そのとき、おとめたちはみな起きて、それぞれあかりを整…

    賢い乙女とは何か、賢い乙女が宴席に着く秘訣は何か

    快速ナビ 賢い乙女のたとえ 常に聖書を読み、祈り、苦労して働き、主の再来を熱心で待つ者は賢い乙女なのか 賢い乙女とは何か 終わりの日に、賢い乙女は主の再来をどのように扱うべきか 神様の声をどのように聞き分けるか賢い乙女のたとえ主イエスは言われました。「そこで天国は、十人…

    あなたがイエスの霊のからだを見る時は、神が天と地を新しくした時である

    災難の中神様の心意についてあなたはイエスに会いたいと思うか。イエスと共に生きたいと思うか。イエスの語る言葉を聞きたいか。もしそうであれば、イエスの再臨をどのように歓迎するのか。あなたは完全に備えができているか。どのようにしてイエスの再臨を歓迎するのか。イエスに付き従う兄弟姉妹は皆イエスをよく歓迎した…

    キリスト教映画「呪縛を解く」抜粋シーン(2)主が再臨した時、人の前にどのように現れるのか

    キリスト教映画「呪縛を解く」抜粋シーン(2)主が再臨した時、人の前にどのように現れるのか終わりの日は既に来ており、多くの信者たちは、主が再臨し天国へ連れて行ってくれることを強く願っています。しかし、主が再来されても、どのように私たちの前に現れるのか知っていますか?想像した通りに、雲に乗って降りて来て…

    映画「敬虔の奥義」抜粋シーン(1)人の子の到来の奥義

    人の子の到来の奥義|映画「敬虔の奥義」抜粋シーン(1)主の再臨について、主イエスはこう仰せられた、「あなたがたも用意していなさい。思いがけない時に人の子が来るからである。」(ルカによる福音書12 : 40)「いなずまが天の端からひかり出て天の端へとひらめき渡るように、人の子もその日には同じようである…

    聊天前请阅读并同意我们的隐私权政策。

    您已阅读并同意我们的隐私权政策吗?