主の再臨をお迎えする大変な経験(II)

    2019年 09月 06日

    全能神はこうおっしゃっています。「ヤーウェの働きからイエスの働きまで、イエスの働きからこの現在の段階の働きまで、これら三段階は神の経営の全幅を覆うもので、そしてすべてひとつの霊による働きである。神が世界を創造した時から、神は常に人類を経営して来た。神は初めであり終わりであり、最初であり最後であり、時代を始められる存在で、また時代を終わらせられる存在である。違った時代、違った場所における三段階の働きは確かにひとつの霊によって行なわれる。これら三段階を切り離す者たちはすべて神に反抗している。今、第一段階から今日に至るまでのすべての働きはひとつの神の働きであり、ひとつの霊の働きであり、それに関して疑いの余地はないということを理解しなければならない。ヤーウェの働きの後、人のあいだで神の働きを行うためにイエスは受肉した。イエスの働きは単独で実行されたのではなく、ヤーウェの働きの上に築かれた。それは律法の時代を神が終わらせた後の新しい時代のための働きであった。同様に、イエスの働きが終わった後、神は次の時代のためにさらに神の働きを続行した。神による経営(救い)全体はいつも前進しているからである。古い時代が過ぎると、新しい時代に置き換えられ、古い働きが完了すると、新しい働きが神の経営(救い)を続行する。今回の受肉はイエスの働きの完了に続く神の二回目の受肉である。もちろん、この受肉は単独で起こるのではなく、律法の時代と恵みの時代の後の第三段階の働きである。神の働きの新しい段階はそれぞれいつも新しい始まりと新しい時代をもたらす。そこで神の性質、神の働き方、神の働く場所、神の名前にもそれに付随した変化がある。したがって、人にとっては、新しい時代の神の働きを受け入れるのが難しいのは無理もない。しかし、いかに人が反対しようと、それには関係なく、神はいつも自分の働きを行っており、いつも人類全体を前方に導いている。イエスが人の世に誕生した時、イエスは恵みの時代をもたらし、律法の時代を終わらせた。終わりの日において神はもう一度肉となり、今回人間の姿になった時、神は恵みの時代を終わらせ、神の国の時代をもたらした。神の二回目の受肉を受け入れる人々はすべて神の国の時代に導かれ、直接神の導きを受け入れることができるだろう。イエスは人間のあいだでたくさんの働きをしたが、全人類の贖いを完了しただけで、人の贖罪のためのささげものとなり、人から墮落した性質のすべてを取り除くことはなかった。サタンの影響から完全に人を救うためには、イエスが贖罪のささげものとして人の罪を引き受けることが必要だっただけではなく、神にとっても、サタンによって墮落させられた人の性質を完全に取り除くためにもっと大きな働きを行うことが必要だった。そこで、人が罪を赦された後、神は人を新しい時代に導くために人間 の姿に戻り、刑罰と裁きの働きを開始し、この働きは人をより高い領域に連れてきた。神の支配の下に従う人々はすべてより高い真理を享受し、より大きな祝福を受けるだろう。彼らは本当に光の中に生き、真理、道、いのちを得るだろう。」

    主の再臨, 主の再臨をお迎えする大変な経験(II)

    全能神の御言葉を読んだあと、兄弟は説教を続けました。「ヤーウェ神の働きと主イエスの働きと全能神の働きが一つの全体として結びついたときはじめて、それは人類を救う神様の働き全体を構成します。実際、神様が新たな働きの段階を始められるたび、神様が表現なさる性質、神様が働きをなさる方法、御名、働きの場所は変わりますが、これら働きの三段階は密接に結びついています。主イエスはヤーウェ神の働きを土台として贖いの働きをなさいました。終わりの日、全能神は主イエスによる贖いの働きを土台として真理を表現なさり、神様の家から始まる裁きの働きをなさっているとともに、創世以来ずっと隠されてきたすべての奥義を私たちにあらわされています。例えば、人類全体が今日までどう発展してきたかや、三段階の働きの奥義や、人類の将来的な終着点などです。加えて、神様は真理を表現なさって私たちの罪深い本性を暴き、反抗と不正を裁き、罪を清める道を示されてきました。神様による終わりの日の裁きの働きを受け入れる人はより多くの真理を理解し、自分のサタン的な本性をより識別し、神様の犯すことができない義なる性質をより理解して、徐々に真理を実践に移し、サタン的な本性の束縛から解放され、神様を畏れ悪を避ける道を歩むようになります。堕落した性質が清められるとき、私たちは神様に従い神様を畏れる人になり、神様の祝福のもとで生きることができ、人類を救われる神様の働きも終わりを迎えます。それは黙示録の預言の通りです。『事はすでに成った。わたしは、アルパでありオメガである。初めであり終りである。かわいている者には、いのちの水の泉から価なしに飲ませよう』(ヨハネの黙示録21:6)」

    神様の御言葉と兄弟の説教を通じ、神様の働きの各段階が以前の段階の上に築かれること、直前の段階よりもさらに高いこと、神様の働きの三段階がすべて一緒になって人類を救われる神様の働き全体を構成することを理解しました。主イエスの贖いがなければ、人類は永遠に律法の下で暮らしていたでしょう。神様がおいでになって罪を取り除く働きをなさらなければ、私たちは罪を犯しては告白するという状態の中で生きるだけで、罪の束縛から決して自由になれないでしょう。神様による終わりの日の裁きの働きを受け入れて初めて、私たちは自分の堕落した本性を理解するとともに、自分の肉を捨てて真理を実践し、性質の変化を成し遂げます。そのときはじめて、天国へ入るのにふさわしくなるのです。すると兄弟は神様の働きの三段階が描かれたカラフルな画像を送信し、人類を救われる神様の三段階の働きをより明確に理解できるようにしてくれました。神様が働きを行なわれる方法、働きの場所、神様の御名は各時代で異なるものの、働きの三段階はすべて密接に結びついていて、各段階が欠かせないことを私は知りました。神様は人を一歩一歩サタンの支配下からお救いになりますが、神様の素晴らしさとお知恵に深く感動せずにはいられませんでした。神様以外にこの働きを行なえる者はいないのです。その瞬間、私は信じられないほどの解放感を覚え、もはやその兄弟を排除することなく、私たちの集会もよりくつろぎと活力に満ちたものになりました。

    神様の働きを知って子羊の足跡に従うようになる

    その後、兄弟が神様の御言葉の二節を送ってくれました。全能神はこうおっしゃっています。「三つの段階の働きは一人の神によってなされ、そしてこれは最も偉大なビジョンであり、神を認識するための唯一の道である。三つの段階の働きは、神自身にしかできなかったことであり、誰も神の代わりにできることではなく、要するに、初めから今日まで神自身の働きは神にしかできないのである。三つの段階の働きを知り、正しく認識できる者だけが、完全にまた正確に神を知ることができる。少なくともその人たちは神をイスラエル人の神、あるいはユダヤ人の神とは定義しないし、人のために永久に十字架にくぎ付けにされる神とは見ないだろう。もしあなたが神の働きの一段階だけから神を認識するならば、あなたの認識はあまりにも少なすぎる。その認識は大海原の一滴に過ぎない。そうでな ければ、なぜ多くの古い宗教家達が神を生きたまま十字架に磔にしたのか。それは人は神を限られた範囲に制限するからではないのか。」

    兄弟はこう説教しました。「神様の御言葉から、神様の働きの三段階を知ることは神様を知る道だと理解できます。神様の働きの三段階を知って初めて、神様の全体的な性質、神様が人類を救われる数多くの方法、神様のお知恵を知ることができ、人類を救われる神様の意図を残らず理解して、それによって私たちが神様に抱くであろう観念や誤解を一掃できるのです。神様に関する認識が神様の働きの一段階にとどまったままで、神様はヤーウェと呼ばれ、律法を布告して人類の生活を導かれることしかできなかったとか、神様は主イエスと呼ばれ、人類に恵みをお授けになることしかできなかったとか考えるなら、私たちはごく簡単に自分の観念と想像を基に神様を規定してしまいます。現在、宗教界の牧師や長老の多くは主イエスの働きだけに固執し、十字架の上でなされた贖いの働き以外は神様の働きではなく、イエスの御名をもたない者はお戻りになった主ではないと考えています。彼らは全能神による終わりの日の働きを全力で拒んで断罪し、信者が真の道を考察するのを防ぐべく全能神に関する噂さえ広めています。彼らとファリサイ人の違いは何でしょう。最も偉大なビジョン、つまり神様の三段階の働きを知らず、謙虚に探し求める心をもっていなければ、私たちは簡単に当時のイスラエル人と同じようになり、宗教指導者に従って神様の到来を断罪してそれに抵抗し、神様を拒むことを行ない、最後は神様の性質に背いて神様の救いを失ってしまいます」

    兄弟の説教を聞いたあと、自分が神様の働きを何一つ知らず、盲目的に牧師の言葉に耳を傾けていたせいで、主の再臨をお迎えする機会を危うく逃すところだったことを思い出しました。そのときあまりにも愚かで無知だったことについて、私は心から自分を憎みました。同時に、私の心は主への感謝で満たされていました。私は言いました。「神様、感謝いたします。全能神と主イエスが一つの神様であることを、私はいま知っています。神様のあわれみと恵みがなければ、当時のイスラエル人と同じようになって宗教指導者に惑わされ、主をお待ちしながら主に抵抗して拒否し、最後は神様に捨てられ淘汰されていたでしょう」

    兄弟は言いました。「神様、感謝いたします。私たちは一つの神様によってなされる働きの三段階を理解していますので、全能神に従うのが主イエスを裏切ることではなく、お戻りになった主イエスをお迎えして子羊の足跡に従うことだと知ることができます。黙示録にこう記されている通りです。『小羊の行く所へは、どこへでもついて行く』(ヨハネの黙示録14:4)」

    姉妹と私はそれを聞いてとても感激しました。子羊の足跡に従えることはかくも大きな祝福だからです。私の愚かさと無知を忘れてくださり、私が兄弟の説教を通じて中国共産党による噂を見抜けるようにしてくださるとともに、観念と想像を捨てて主の再臨をお迎えできるようにしてくださったことについて、主に感謝いたします。その後、私は兄弟姉妹と集会に出席するようになりました。神様の御言葉を読んだり、全能神教会による福音動画を見たりすることを通じて、以前に理解していなかった数多くの真理を理解するようになりました。一ヶ月後には、全能神はお戻りになった主イエスだと心から確信するとともに、神様の終わりの日の働きを受け入れました。神様、感謝いたします。全能神にすべての栄光あれ」

    コメントを残す

    主イエス様は終わりの日にどのように再臨されるのか

    寄稿家:リンリン(中国) 【編集者メモ】主イエス様は終わりの日にどのようにして再臨なさるのかという話しになると、主イエス様は雲に乗って公然と私たちの前に現れると大抵の兄弟姉妹は信じています。しかし、これについて当惑している兄弟姉妹もいます。なぜなら聖書には主は盗人のようにこっそり来られると預言されて…

    漫才2019「主の到来の形」聖書にある主イエスの再臨の預言はどのように実現されるか

    終わりの日、主イエスの再来を待つキリスト教徒たちの間で緊張感が高まる中、実際に主はいかにして再来されるのかという疑問が出る。「雲に乗ってお見えになる」と言う者もいるが、それに対し、再来の預言が他にもあると指摘して異議を唱える声もある。「見よ、わたしは盗人のように来る」(黙示録16:15)、「しかし、…

    見知らぬ人を受け入れて得た意外なもの

    私は以前、家庭教会で説教師をしていました。ある日、兄弟姉妹たちと会議を開いている最中、チェン牧師は聖書から次の説を読みました、「あなたがたがこんなにも早く、あなたがたをキリストの恵みの内へお招きになったかたから離れて、違った福音に落ちていくことが、わたしには不思議でならない。それは福音というべきもの…

    イエスキリストが受肉して再臨する意味は何か

    他国でアルバイトをするとき、彼女は数年ぶりの同郷に出会って、そして主が再来されたお知らせを知りました。主がすでに受肉して戻られたと聞いたとき、彼女の観念に衝撃を与えました。尋ね求めて考察した後、彼女は神様の受肉の意義を理解しました。 寄稿家:ウェイウェイ(アメリカ) 懐かしいふるさとの友人からの驚…

    私は神様の性別に対して、新たな認識がありました

    【編集者メモ】神は男性か、女性か。神には固定された性別があるのでしょうか。これは多くのキリスト教徒を混乱させる問題ですが、誰もそれをはっきり説明できません。本稿は神の性別の奥義を明らかにします。 寄稿家:シンユアン(オーストラリア) 神には果たして固定された性別があるのか。主イエスは男性として肉とな…

    9か月も続いた霊的戦いの中で、彼女が神の証を立てた方法とは

    寄稿家:イカオ(マレーシア) 2017年の初め、私はインターネットで数人の兄弟姉妹と知り合いになりました。時間がある時、私たちは一緒に聖書を読みました。 聖書の勉強会の時、ある兄弟が私たちに終わりの日の全能神の働きを証言してくれました。全能神に関する集会や兄弟姉妹たちによる交流を通じて私は、「全能…

    漫才動画「賢い乙女は誰だ」日本語吹き替え

    漫才動画「賢い乙女は誰だ」日本語吹き替え 主を心から信じる者はみな賢い乙女となり、終わりの日に主イエスの再臨を迎え、主との祝宴に参列することを望んでいます。では、賢い乙女とは何か?愚かな乙女とは何か?賢い乙女はどれほど賢いのか?愚かな乙女はどれほど愚かなのか?答えは漫才「賢い乙女は誰だ」の中で、主…

    主は違う御姿で再臨されるのでしょうか?

    信仰ステーションの兄弟姉妹の皆さんへ: お尋ねしたいことがあります。聖書には「ガリラヤの人たちよ、なぜ天を仰いで立っているのか。あなたがたを離れて天に上げられたこのイエスは、天に上って行かれるのをあなたがたが見たのと同じ有様で、またおいでになるであろう」。(使徒行伝 1:11)、という記述がありま…

    聊天前请阅读并同意我们的隐私权政策。

    您已阅读并同意我们的隐私权政策吗?