カトリック信者の証し:教会の荒廃の原因を尋ねる

【編集者メモ】カトリックの家庭に生まれた彼女は、子供の頃、両親と一緒にミサに出席していました。大人になり、荒廃し混乱するカトリック教会を目の当たりにし、もはや聖霊の働きを感じることができなくなり非常に困惑しました。ある偶然の出会いから、彼女は主がずっと以前にお戻りになられていることを知ります。そして調べていくうちに、教会が荒廃した根本的な原因をついに突き止めたのでした。

寄稿家:ファンシア(アメリカ)

昔の教会は熱気にあふれていた

私たちの家族は何世代にもわたってカトリック教徒で、私は生まれてわずか数ヶ月で洗礼を受けました。いつもアラームのけたたましい音に起こされ、両親にベッドから引きずり出されて、急いで顔を洗って着替え、夜のミサに出席するため教会に急行していたことを覚えています。

両親によると、中国で主を信じる人は迫害され、司祭や信者たちは逮捕、拘留されることがよくあるため、私たちにとっては夜間にミサに出席するのが安全だということでした。とても危険でしたが、それでも教会の信者仲間は非常に熱心で献身的でした。天候がどうであれ、ミサの開催場所がどこであれ、皆が詳細をそれぞれに伝え合い、お年寄りや若者が出席するように我先にと助けていました。皆が、まるで新年のように興奮して聖歌を歌い、一晩中起きていたにもかかわらず多くの信者が意気揚々としていました。

今や教会は荒廃してしまった

あっという間に私は大人になりましたが、教会も大きく変化しました。ミサに出席する人はどんどん少なくなり、出席者の多くはお年寄りで、若者の顔はほとんど見られなくなりました。教会の折々の行事のさいには、ミサは活気があふれ賑やかになりましたが、出席者の中にはマルチ商法や直接販売に関わっている人、保険外交員、スーパーマーケットやレストランを開く人などがいて、まるで野外の食品市場のように混乱としていました。皆がミサに出席するふりをしながら、実際は客を探すためにそこにいたのです。信者が集まった場合でも、どのように主を礼拝するべきかや神の御言葉を実践するべきかについて話さず、どうでもいいような家庭の事柄について話したり、家族が作った農作物の売り込みをしたりするだけで、心から主を礼拝しようとしていた人は誰もいませんでした。こうした教会の状況は、時間が経つにつれてますます悪化していきました。神父様の説教は啓きを与えてくれないばかりか、不当に他の教派を非難し、信徒に向かって用心するよう釘を刺すこともよくありました。さらに神父様たちは派閥で分裂し、他の聖職者と袂を分かつようになりました。時に見解の違いから議論が生じて内輪もめが起きることもあり、信者もいずれかの側について互いに批判し合い、言葉で攻撃し合うようになりました。以前には見られた思いやりや寛容さは、もう跡形もありません。教会でのこうした状況を目の当たりにした時、どうしてこんな風になったのか理解できず、言葉にならない悲しみを感じました。

2009年、日本に留学していた私はミサに出席するために教会に行きましたが、日本の教会も中国と同じように混乱としていることが分かりました。神父様も信者たちも非信心者のような話し方や振る舞いをし、世俗的な流行を追い、誰もが人を出し抜こうとして互いに人を見下すような態度を取っていました。神父様はお金を持っている人たちには喜色満面の笑顔を振りまく一方で、お金がない人たちには冷たい態度を取り、ぶっきらぼうな口調で話していました。外国でこんなことが起きているのを見て、私は非常に落胆し混乱してしまい、もはや以前ほどには主を身近に感じなくなってしまいました。毎日、朝晩出席していた礼拝は負担になり、ミサに出席するため教会に行くのがどうしてもいやになった日もあったくらいです。しかし、主から地獄行きを宣告されるのが恐ろしくて、行くのをやめる勇気はありませんでした。その後も無理をして教会に行ってはいましたが、私の霊は満たされず、心は空になりました。時々、私はこう思いました。

「どうして教会はこんな風になったのだろう。以前は信者も少なく、中国共産党は私たちを迫害していたけど、真夜中のミサには皆が熱心に出席していた。でも最近では、環境がもっと快適で楽になるにつれて逆に、人は怠惰になっていく。これは、前より多くの人が主を信じるようになったからだろうか。それともあまりに多くの説教を聞いたので、神秘的なものを何も感じなくなったからだろうか。」私はとても困惑しました。

2018年5月、私は夫とまだ1歳に満たない娘と一緒にアメリカに移住しました。私たちは落ち着くと、近所の教会のミサに出席するようになりました。信じられないことに、この豪奢で巨大な教会にはほとんど人はいませんでした。神父様は上に立って説教をしていましたが、下方に座っていたほとんどの人は眠たげで、居眠りしている人もいました。人がまばらで空席の多い巨大な教会を眺め、そこに座っている人の無表情でうつろな顔を見ながら、私は自分の感情を言い表すことさえできませんでした。

私はネット上で良さそうな教会を見つけたかったのですが、それで分かったのは多くのカトリック教会が死者を追悼する銘板であふれて、人々はただ香をたいて供え物をするだけだということです。また、一部の教会では司祭が修道士を呼んでお経を唱えさせたり、さらには司祭や司教が絡んだ多くのスキャンダルもありました。こうした状況を目にした私は、聖書の中で主イエスが話されている御言葉を思いました。

「わたしの家は、祈の家ととなえらるべきである。それだのに、あなたがたはそれを強盗の巣にしている」(マタイによる福音書21:13)

中国でも日本でもアメリカでも、そして地上でもインターネット上でも、すべてのカトリック教会はまったく同じでした。私は現代のカトリック教会は完全に駄目になってしまったとはたと感じたのです。見た目はとても立派に見えますが、もはやそこは神聖な場所ではありません。私は途方に暮れました。教会は非常に混乱とし停滞しているのに、なぜ聖霊はそれを何とかなさらないのでしょうか。

当惑する中、偶然の出会いが教会の荒廃の根本原因を暴く

その年の7月のある日、ミサに出席するために娘を連れて教会に行った私は、そこでケリー姉妹に会いました。会った瞬間、まるで昔からの友人のように感じました。帰る道すがら、ケリー姉妹は聖書の中の物語を私にたくさん話してくれました。例えば、主イエスが話すのを聴き、その権威ある力強い言葉からその方が来るべきメシアだと気づいたサマリア人の女の話などです。そしてケリー姉妹はこうも言いました。主イエスが語られた賢いおとめは、聖書を読んだり欠かさず集会に出席したりといった外向きに熱心であることだけではなく、さらに重要なことに、主の声を判別できることを指しており、それは、主が再来された時に、そうすることによってのみ、お迎えすることができるからだと言うのです。彼女の話は新鮮で刺激的でした。長い間ずっとカトリック教会の集会に出席していましたが、そのような新鮮な話はそれまで誰もしてくれたことがありません。私は啓かれたと感じ、私の心は大いにそれを享受しました。その後、ケリー姉妹が彼女たちの聖書勉強会に私を誘ってくれたので、私は喜んで行くことにしました。

聖書の勉強会では、たくさんの新しいカトリック信者の他、数多くのクリスチャンの兄弟姉妹や伝道師の劉兄弟に会いました。これらの兄弟姉妹に会ったおかげで、私はとても温かい気持ちになりました。皆がそれぞれの経験を交換し合う中、とても解放された気分がしたのです。そこで、私も自分自身が感じた困惑について皆に心を打ち明けました。

私は言いました。「私はいくつかの国のカトリック教会に行ったことがありますが、どの教会でも主の愛や聖霊の働きを感じたことがありません。一部の教会の神父様には、信者に遺族の銘板を教会の中に設置させ、それを礼拝させる人もいます。私は教会がますます混乱とし、もはや主の栄光に満たされていないことを目の当たりにしたのです。私自身の信仰は徐々に冷めています。どうしてこんな風になったのか分かりません」
劉兄弟が答えました。

ページ: 1 2

聖書の部屋へようこそ。私たちのWebサイトのコンテンツに関してご提案、或は信仰における悩みやその他いろいろご質問がありましたら、私たちと分かち合いましょう。主イエス様は言われました。「わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互に愛し合いなさい。」(ヨハネによる福音書 15:12)いのちの成長を目指して、キリストにあってお互いに支え会いましょう。私たちが聖書の奥義を知り、神様に対する認識が深まるように、神様が導いてくださいますように。次の方法で私たちと連絡を取ることができます。ご連絡をお待ちしております。1.ウェブサイト下部にあるオンラインチャットウィンドウを利用。2.info@bible-jp.orgにメールを送信。

アプリ「やさしい聖書」:好きなときに聖書を読んで、主と共に歩もう
iOS、Android用の無料アプリ

コメントを残す