中国各地で続く家庭教会の取り締まり 聖書1万冊を破棄、信者を逮捕

    中国共産党は国家公認教会に属さない礼拝所を根絶するキャンペーンを強化している。聖書を破棄し、資産を押収して、信者を逮捕している。 中華人民共和国建国70周年を前に、特にプロテスタントの家庭教会を狙って組織的に行われた信者の弾圧に関する報告がBitter Winterに絶え間なく届いている。 「社会の治安維持」を口実に弾圧を行う 7月、国慶節の「治安維持」業務を強化

    香港との同盟を妨げるため、カトリックの良心による反対者の弾圧を強化

    香港の民主主義を推進するデモによってカトリック教徒が愛国教会加入を拒む機運が高まるのを恐れ、中国共産党は規制措置を広めている。 香港のカトリックの聖職者の何人かは、6月の逃亡犯条例改正案の反対運動から発展した民主主義推進運動を積極的に指示している。香港教区のヨセフ夏志誠(ハー・チーシン)補助司教もそのひとりで、運動の道徳的指導者とみなされている

    香港系の家庭教会が取り締まり対象に

    香港で民主化推進の抗議運動が続く中、中国共産党は「暴動防止」を口実に中国本土の家庭教会を閉鎖する動きを強化している。 香港の民主化運動を支持し、大勢のキリスト教徒もデモを行っている。民主主義の精神が広がり、中国本土の信者たちに影響を与えるのを防ぐため、中国共産党 は香港からの訪問者を厳しく管理している。 8月11日、中国南東部、雲南省大理州で、香

    新彊でキリスト教徒として暮らす 弾圧と迫害

    山東省の家庭教会の信者が、新疆の仲間たちがどのように信仰を守っているかを知るために出かけた危険な旅行の体験を話してくれた。 新彊のある通りで任務に就く特別警察。(インターネット画像) ムスリム民族に対する弾圧で知られる 新彊ウイグル自治区 は、どのような宗教を信じる人々にとっても危険な場所である。中国の他地域と同様、中国極西地方の 家庭教会 のキリ

    中国共産党政府によるクリスチャンへの弾圧と迫害──その動かざる証拠

    中国共産党政府によるクリスチャンへの弾圧と迫害──その動かざる証拠 完全な映画|日本語吹き替え 無神論の中国共産党は政権を握って以来、狂ったように神に反抗し、敵対してきました。彼らはプロテスタントとカトリック教に「邪教」の烙印を押しただけではなく、聖書を邪教の書と指定し、大量に没収し処分しました。クリスチャンをむやみに留置し、百万人以上のクリ

    中国が聖書の販売を完全禁止するのは不思議なことではありません

    ある報告によると、中国では2018年3月30日以降、全てのオンラインショップで聖書の販売が禁止されます。 聖書とキリスト教関連の本は全て回収されます 2018年4月1日、多くの中国人が聖書を購入しようとショッピング用のウェブページを開店しました。しかし、聖書は突然跡形もなく消えてしまったのです。淘宝(タオバオ)、京東(ジンドン)、微店、当当網(ダンダンワン)、ま

    噂の真相を暴く-「五二八山東招遠事件の背後で 暴かれた真実 すべての黒幕は中共」

    噂の真相を暴く-「五二八山東招遠事件の背後で 暴かれた真実 すべての黒幕は中共」 2014年、中国共産党は、家庭集会を徹底的に弾圧するための世論の基盤作りに、山東省で、悪名高き「5月28日招遠市事件」を意図的に捏造しました。また全能神教会を糾弾し、誹謗しようと、嘘を全世界に広めました。その結果、真実を知らない人々は、はからずも中国共産党のプロパガンダ

    真相を暴く-中国共産党による2014年山東招遠殺人事件の裁判の裏側にはどのような陰謀が隠されていたのでしょうか

    中国と世界中の人々に衝撃を与えた5.28山東招遠事件。その後、中国共産党が起こした裁判で容疑者らは、自分たちは全能神教会の会員ではないことを明確に証言しましたが、党は依然としてその事実を否定しました。その動機は一体何だったのでしょうか?その裏側にはどんな陰謀が隠されていたのでしょう? もっと見る: 宗教迫害の実録 その5「窮地からの帰還」 宗教迫害

    中国河南省の教会に十字架を外す命令が下る

    洛寧県の共産党委員会は緊急会議を開き、省公認の教会を含むキリスト教の教会から十字架を外すよう命じた。 2018年8月7日、河南省洛陽市にある洛寧県共産党委員会は、緊急会議を実施し、宗教の信仰を抑圧する計画を文書にまとめた。その第一段階が十字架の撤去である。 会議で委員長は、同地域には約3万人の党員に対して、8万人を超えるキリスト教徒が暮らし、党員の

    新疆の「再教育」のための強制収容所の実情

    中国政府は新疆の「再教育」のための強制収容所の存在を否定しているものの、Bitter Winterにはこの施設に収容された人々の報告が続々と寄せられている。 8月中旬にジュネーブで行われた国連の人種差別撤廃委員会の中国による報告のなかで、同国の代表者は「新疆に「再教育」のための強制収容所や「対テロトレーニングセンター」なる施設は存在しない」と述べた。 しかし

    4名の韓国人の牧師が国外に追放される

    5月に布教活動中の4名の韓国人のグループが丹東市と大連市で逮捕され、国外に追放された。 金恩聖(キム・ウンソン)さん(仮名)と王淑英(ウォン・スクン)さん(仮名)は布教活動中の丹東市で逮捕された。警察は王さんの携帯電話を盗聴し、追跡した。その後、2,000人民元(約32000円)の罰金を命じ、二人は韓国に強制送還された。 5月12日、大連市の警察も別の2名の韓国

    聊天前请阅读并同意我们的隐私权政策。

    您已阅读并同意我们的隐私权政策吗?