香港との同盟を妨げるため、カトリックの良心による反対者の弾圧を強化

    2019年 11月 11日

    香港の民主主義を推進するデモによってカトリック教徒が愛国教会加入を拒む機運が高まるのを恐れ、中国共産党は規制措置を広めている。

    香港のカトリックの聖職者の何人かは、6月の逃亡犯条例改正案の反対運動から発展した民主主義推進運動を積極的に指示している。香港教区のヨセフ夏志誠(ハー・チーシン)補助司教もそのひとりで、運動の道徳的指導者とみなされているほどだ。ヨセフ陳日君(ジェン・ジェキュン)枢機卿は香港の名誉司教でもあり、長く 人権 擁護運動に関わり、9月15日には香港のために3度の祈祷会を開いた。枢機卿はフェイスブックページに「今この瞬間、私たちの自由、尊厳、そして正義が、ここ香港で奪われつつあります。3つの教会を巡礼し、悲しみの意味を理解する聖母に、この苦難の旅を共にし、とりなしてくださるよう祈りましょう」と書いている。

    中国共産党は、香港の抵抗の気運が中国天主教愛国会加入を拒む良心の反対者の闘志に火をつけるのを恐れ、彼らを強制的に統制する取り組みを強化している。何人かの司祭は逮捕の標的になり、カトリックの礼拝所の閉鎖が以前よりも頻繁に起きるようになった。

    司祭が地下潜入を強いられる

    中国南東部、江西 省 の余江教区の教会員によると、中国天主教愛国会加入を拒んだ司祭は、9月の初め、政府が「中国本土の カトリック地下教会 が香港のカトリック教会と結びつくのを防ぐ」ため、彼の逮捕を計画しているという知らせを受けた。以来、彼は隠れざるを得なくなった。携帯電話を使えず、自宅にも戻ろうともしない。司祭はかなり以前から国から迫害を受けるのを予期していたかのようだ。かつて会衆に、「備えていなさい」と語ったこともあった。「いつか私が自宅軟禁下に置かれても、信仰を守り、ロザリオを唱えて祈りなさい」。

    2019年のバチカンによるガイドライン は、良心から中国天主教愛国会加入を拒んだ司祭と司教の選択は「尊重される」べきだと述べているが、中国共産党は彼らに対する迫害を止めようとしない。

    江西省鷹潭 市 轄の 村 にあるカトリック教会の責任者が中国天主教愛国会加入を強いられたのも、香港が一因だ。8月13日、政府当局は、彼の逮捕と村内の全カトリック教徒の生活保護取り消しをちらつかせ、加入合意書への署名を迫った。責任者は役人に、中国天主教愛国会に加わるよりも逮捕されたほうがましだと言った。

    香港訪問の禁止

    聖職者を中国天主教愛国会に加入させ、あらゆる同盟構築の試みを妨害するため、中国政権は彼らの香港訪問も禁止している。

    余江教区のある聖職者は、陳枢機卿から8月に香港の教会活動参加の招きを受けていたことをBitter Winterに話した。しかし、抗議運動が起こり、当局の統制が強化されたために、彼は行けなくなってしまったという。

    「陳枢機卿は中国本土の私たちの地下教会に大きな懸念を示しています。おそらく、彼は香港の苦境を知らせようと私を呼んだのでしょうが、中国共産党は私が旅行することを禁じています。どうしようもありません」。聖職者は残念がった。

    地元の教区民によると、7月から8月にかけて、余江教区で、少なくとも5か所のカトリック集会所が、中国天主教愛国会加入を拒んで強制的に閉鎖されたという。地域のある司祭は、政府がカトリック教徒を無理やり天主教愛国会に加入させようとしているのは、さらに統制を強めて、外界との接触を絶たせるためだと言った。

    「政府は中国天主教愛国会の教会内にスパイを派遣して、特に司祭が説教で何を言っているか、どのような活動をしているかを監視しています」と司祭は説明した。「毎日、何時に出かけ、何時に戻り、何日間旅行に出ているか、その目的は何か。すべてが政府に報告されています。基本的に、国は司祭について何でも知っている状態です」。

    この司祭は、中国天主教愛国会が非常に官僚的で、バチカンとは別ものであり、カトリック教会のヒエラルキーに違反していることも付け加えた。「愛国会が神の承認を受けることはないでしょう。私たちは神を信じ、神に承認されています。もし、愛国会に加われば、私たちの神への信仰は意味を失います」と司祭は説明した。また、彼は、外国の人権擁護団体が、中国本土に暮らす カトリックの良心に従う拒否者 に代わってさらにはっきりと声を上げ、中国共産党に譲歩して沈黙しないことに希望を抱いていた。「そうすれば、中国で信仰を守っている私たちは、政府に抵抗できる力を持っていることを信じられます」。

    ある余江教区民は、カトリック教会は自分たちと中国天主教愛国会の間に一線を引き、迷わないようにしなければならないと語った。「中国天主教愛国会は単なる政治の道具です。宗教団体ではありません。なぜなら共産党の管理に従っているからです。あの教会にとっては党が第一なのです」と彼は言った。「中国共産党は国際的に愛国会の存在を利用し、中国に信教の自由があるかのように見せかけて世界を欺いています」。

    唐哲による報告

    ニュースソース: Bitter Winter

    コメントを残す

    キリスト教映画「共産主義の妄言」NO.1 宗教的信仰を罪に定めるために封建的迷信を用いる中国共産党の意図

    キリスト教映画「共産主義の妄言」抜粋シーン(1)宗教的信仰を罪に定めるために封建的迷信を用いる中国共産党の意図 中国共産党は、宗教信仰は科学知識の遅れていた人間が超自然的な力に対して抱く恐怖と崇拝から生じたものであり、宗教は迷信だと言っています。更に、封建的迷信に対抗するという名目で、宗教信仰を非…

    カトリック教徒の信仰:私の天国の夢を実現させる望みがついに生まれた(I)

    寄稿家:シェイラ 天国の夢の種を植える 私はカトリックの家庭に生まれ、幼いころに祖母が祈り方やカトリックの儀式の守り方を教えてくれました。15歳のときには善行をするとか他人を愛するとかいったカトリックの教義を実践し始め、教会のありとあらゆる儀式に参加していました。神父はよく、これらの教義を身につけ…

    宗教迫害の実録その6「果てない逃亡の道」

    本ドキュメンタリーは中国共産党に迫害されている中国のキリスト教徒ヤン・ジンエンの実体験を再現したものです。ヤン・ジンエンは幸せな家庭を持ち快適な暮らしをしていましたが、夫婦で神を信じ本分を行い始めると中国共産党に目を付けられ、そのため家を離れ逃亡生活を余儀なくされました。ヤン・ジンエンは18年で国土…

    宗教迫害の実録 その4「彼女を追い詰めたのは誰か」

    このドキュメンタリー映画は、中国本土のキリスト教徒で、中国共産党警察によって逮捕され、神を信じ、彼女の本分を尽くすがゆえに最終的に労働収容所での自殺を招いたあらゆる非人道的拷問を受けた高玉峰の話です。中国共産党の邪悪な支配下で逮捕後の収監でキリスト教徒たちが経験した凶悪な虐待と非人道的な迫害の真実を…

    カトリック信者の証し:教会の荒廃の原因を尋ねる

    【編集者メモ】カトリックの家庭に生まれた彼女は、子供の頃、両親と一緒にミサに出席していました。大人になり、荒廃し混乱するカトリック教会を目の当たりにし、もはや聖霊の働きを感じることができなくなり非常に困惑しました。ある偶然の出会いから、彼女は主がずっと以前にお戻りになられていることを知ります。そして…

    宗教迫害の実録 その2「夜明け前の暗闇」

    このドキュメンタリーは、神への信仰の故に中国共産党政府によって逮捕され、拷問を受け、そのひどい虐待によって死亡した、中国人クリスチャン楊惠芝さんの実体験を描写します。楊惠芝さんの死後、中国共産党政府は、彼女の死は心臓発作に因るものであると偽証しました。彼女の家族は彼女のために法による正しい裁きを求め…

    カトリックの信仰:私はやっと神の御名の裏に隠された秘密が分かりました(II)

    神は他の新たな御名をお使いになるとヨハネの黙示録には預言されていた ヤン兄弟は続けてこう言いました:「神は私たちをサタンの束縛から完全に救い出して神の御国に導くことを望んでおられます。しかし、主イエス様が恵みの時代になされた贖いの働きはただ私たちの罪を許すためだけのものでした。私たちの罪深い本質は依…

    中国各地で続く家庭教会の取り締まり 聖書1万冊を破棄、信者を逮捕

    中国共産党は国家公認教会に属さない礼拝所を根絶するキャンペーンを強化している。聖書を破棄し、資産を押収して、信者を逮捕している。中華人民共和国建国70周年を前に、特にプロテスタントの家庭教会を狙って組織的に行われた信者の弾圧に関する報告がBitter Winterに絶え間なく届いている。「社会の治安…

    聊天前请阅读并同意我们的隐私权政策。

    您已阅读并同意我们的隐私权政策吗?