香港系の家庭教会が取り締まり対象に

    2019年 11月 11日

    香港で民主化推進の抗議運動が続く中、中国共産党は「暴動防止」を口実に中国本土の家庭教会を閉鎖する動きを強化している。

    香港系の家庭教会が取り締まり対象に

    信者が聖書を手に持っている。家庭教会を襲撃するとき、警察が必ず没収するものだ。

    香港の民主化運動を支持し、大勢のキリスト教徒もデモを行っている。民主主義の精神が広がり、中国本土の信者たちに影響を与えるのを防ぐため、中国共産党 は香港からの訪問者を厳しく管理している。

    8月11日、中国南東部、雲南省大理州で、香港からの出資で建てられた家庭教会に政府当局が強制捜査に入った。教会関係者のうち2人は香港から来た宣教師であり、そこで開かれる集会には香港人が頻繁に出入りしていた。

    会衆によると、公安局と民族宗教局から30人ほどの職員が会場に押し入り、信者全員のID情報と携帯電話を登録したという。そのうち10人いた香港住民は写真も撮られた。教会の聖書と讃美歌集は1冊残らず没収された。

    警察は民主化推進の抗議運動に言及し、現在は香港の「特別時期」であるため、特別行政区の住民10人以上が中国本土に集まっている場合は登録が必要だと言い張った。

    警察は教会関係者3人(2人は香港出身者、1人は地元住民)を警察署に連行し、携帯電話を取り上げ、1人ずつ別々に尋問を行った。

    会衆の報告によれば、警察は香港人2人に今後集会を行わないように命じ、従わなければ強制送還すると告げたという。そしてWeChatメッセージプラットフォーム上の教会のプロフィールの取り消しと、他の信者たちと交流を保つ機会になっている聖書研究グループの解散を要求した。

    事件の後、地元の教会関係者は教会の財政について何度も質問を受けた。9月初旬には再び逮捕され、半月間、拘束された。同じ月に、香港から来ていた教会関係者2人は香港に戻った。

    「ここに留まっていたら、さらに厳しく処罰されたかもしれません」と、会衆の1人は言った。

    地元の民族宗教局の職員たちは、集会所の家主にも圧力をかけ、教会に部屋を貸すのを止めさせた。そのため、信者たちは二度とそこで集会を開けなくなった。

    「上層の人たち、中国共産党の指導者たちは皇帝にでもなるつもりでしょうか。市民をかしずかせ、奴隷として働かせたいんですよ」と、ある信者は言った。政府の教会に対する扱いに憤慨していた。

    香港の民主化運動の影響が中国本土の住民に及ぶのを防ぐため、中国共産党は「不安定」とみなす団体に対する規制を強化している。その矢面に立っているのは信仰を持つ人々だ。家庭教会を取り締まるのは、「香港の暴動」が制御不可能な影響をもたらすのを防ぐためだ、といくつかの地域の政府職員は主張した。

    9月8日の午前7時、中国東部、山東省滕州市轄の張汪 鎮 のある 村 で、家庭教会の集会所に強制捜査が入った。鎮政府職員は信者に対し、香港で「暴動」が起きており、「緊張」状態にあるため、集会を止めるように命じた。職員はさらに信者たちのID情報を登録し、村の党書記と村長には免職処分をちらつかせて、二度とその場所で集会を行わせないよう言い渡した、

    同じ日の午前10時過ぎ、職員らが再び会場に来て、信者たちに出て行くように急かし、2、3人の集まりも禁じることを告げた。再び集会が開かれれば、彼らは拘束されるという。

    山東省乳山市轄の乳山口鎮政府のある職員は、8月に政府上層部による会議が行われ、その間に地元の職員は家庭教会を閉鎖する取り組みを強化し、香港の「暴動」に影響を受けた「悪人が面倒を起こす」のを防ぐよう命じられたことを明かした。

    辛露による報告

    ニュースソース: Bitter Winter

    コメントを残す

    宗教迫害の実録 その2「夜明け前の暗闇」

    このドキュメンタリーは、神への信仰の故に中国共産党政府によって逮捕され、拷問を受け、そのひどい虐待によって死亡した、中国人クリスチャン楊惠芝さんの実体験を描写します。楊惠芝さんの死後、中国共産党政府は、彼女の死は心臓発作に因るものであると偽証しました。彼女の家族は彼女のために法による正しい裁きを求め…

    『中国における宗教迫害の実録』 中国におけるクリスチャン迫害の陰惨な歴史

    このドキュメンタリーは中国共産党政権下で苦しむ中国のクリスチャンたちの実際の迫害体験を忠実かつ客観的に再現しています。 中国共産党が1949年に中国大陸で政権を握って以来、中共による宗教迫害は止むことがありません。中国共産党は狂ったようにクリスチャンを逮捕や殺害を行い、中国内で活動する宣教師たちを…

    香港との同盟を妨げるため、カトリックの良心による反対者の弾圧を強化

    香港の民主主義を推進するデモによってカトリック教徒が愛国教会加入を拒む機運が高まるのを恐れ、中国共産党は規制措置を広めている。香港のカトリックの聖職者の何人かは、6月の逃亡犯条例改正案の反対運動から発展した民主主義推進運動を積極的に指示している。香港教区のヨセフ夏志誠(ハー・チーシン)補助司教もその…

    宗教迫害の実録その6「果てない逃亡の道」

    本ドキュメンタリーは中国共産党に迫害されている中国のキリスト教徒ヤン・ジンエンの実体験を再現したものです。ヤン・ジンエンは幸せな家庭を持ち快適な暮らしをしていましたが、夫婦で神を信じ本分を行い始めると中国共産党に目を付けられ、そのため家を離れ逃亡生活を余儀なくされました。ヤン・ジンエンは18年で国土…

    キリスト教映画「共産主義の妄言」NO.1 宗教的信仰を罪に定めるために封建的迷信を用いる中国共産党の意図

    キリスト教映画「共産主義の妄言」抜粋シーン(1)宗教的信仰を罪に定めるために封建的迷信を用いる中国共産党の意図 中国共産党は、宗教信仰は科学知識の遅れていた人間が超自然的な力に対して抱く恐怖と崇拝から生じたものであり、宗教は迷信だと言っています。更に、封建的迷信に対抗するという名目で、宗教信仰を非…

    宗教迫害の実録 その5「窮地からの帰還」

    このドキュメンタリーは、中国共産党の手により迫害の経験を実際にした中国人のキリスト教徒チェン・ウェンジョンの体験を再現したものです。チェン・ウェンジョンは輝かしいキャリアを築き、素晴らしい幸せな家庭を持っていましたが、神を信じて本分を尽くしたが故に、中国共産党に追われることになったのです。家を離れる…

    中国共産党政府によるクリスチャンへの弾圧と迫害──その動かざる証拠

    中国共産党政府によるクリスチャンへの弾圧と迫害──その動かざる証拠 完全な映画|日本語吹き替え 無神論の中国共産党は政権を握って以来、狂ったように神に反抗し、敵対してきました。彼らはプロテスタントとカトリック教に「邪教」の烙印を押しただけではなく、聖書を邪教の書と指定し、大量に没収し処分しました。ク…

    宗教迫害の実録 その4「彼女を追い詰めたのは誰か」

    このドキュメンタリー映画は、中国本土のキリスト教徒で、中国共産党警察によって逮捕され、神を信じ、彼女の本分を尽くすがゆえに最終的に労働収容所での自殺を招いたあらゆる非人道的拷問を受けた高玉峰の話です。中国共産党の邪悪な支配下で逮捕後の収監でキリスト教徒たちが経験した凶悪な虐待と非人道的な迫害の真実を…

    聊天前请阅读并同意我们的隐私权政策。

    您已阅读并同意我们的隐私权政策吗?