イサクの燔祭の逸話から神様を知る

聖書の関連箇所:

「神はまたアブラハムに言われた、『あなたの妻サライは、もはや名をサライといわず、名をサラと言いなさい。わたしは彼女を祝福し、また彼女によって、あなたにひとりの男の子を授けよう。わたしは彼女を祝福し、彼女を国々の民の母としよう。彼女から、もろもろの民の王たちが出るであろう』。アブラハムはひれ伏して笑い、心の中で言った、『百歳の者にどうして子が生れよう。サラはまた九十歳にもなって、どうして産むことができようか』」(創17:15-17)。

「『しかしわたしは来年の今ごろサラがあなたに産むイサクと、わたしの契約を立てるであろう』。神はアブラハムと語り終え、彼を離れて、のぼられた」( 創17:21-22)。

「神は言われた、『あなたの子、あなたの愛するひとり子イサクを連れてモリヤの地に行き、わたしが示す山で彼を燔祭としてささげなさい』。アブラハムは朝はやく起きて、ろばにくらを置き、ふたりの若者と、その子イサクとを連れ、また燔祭のたきぎを割り、立って神が示された所に出かけた」(創 22:2-3)。

「彼らが神の示された場所にきたとき、アブラハムはそこに祭壇を築き、たきぎを並べ、その子イサクを縛って祭壇のたきぎの上に載せた。そしてアブラハムが手を差し伸べ、刃物を執ってその子を殺そうとした」(創22:9-10)。

「主は言われた、『わたしは自分をさして誓う。あなたがこの事をし、あなたの子、あなたのひとり子をも惜しまなかったので、わたしは大いにあなたを祝福し、大いにあなたの子孫をふやして、天の星のように、浜べの砂のようにする。あなたの子孫は敵の門を打ち取り、また地のもろもろの国民はあなたの子孫によって祝福を得るであろう。あなたがわたしの言葉に従ったからである』」(創22:16-18)。

多くの兄弟姉妹が、聖書のイサクの燔祭の逸話を好んで読みます。これを読んでいると、誰もがアブラハム自身と神様について知り、個人的な理解がもたらされます。神様への信仰の実践方法を新たにする兄弟姉妹もいます。ここから、私がこの逸話から得た神様に関する知識をいくつか皆さんと共有したいと思います。

イサクの燔祭の逸話から神様を知る

1.神様の全能性は測り知れず、神様の御言葉はすべてを達成する

アブラハムが100歳、サラが90歳の時に、息子が誕生することを神様から約束されたことを、聖書は記録しています。しかし、そのときには彼らは年老いており、子供を産める年齢を過ぎていたため、神様の御言葉を聞いて、アブラハムはひれ伏したものの、笑って、次のように考えました。「百歳の者にどうして子が生れよう。サラはまた九十歳にもなって、どうして産むことができようか」(創17:17)。アブラハムにとって、それは不可能なことでした。神様は人を創造されましたが、高齢者には子供が産めないことをまるで神様はご存知ないかのようです。これは私達の目には人間には達成不可能に見えますが、神様は既にこれを達成しています。そうして、ヤーウェ神が約束した通り、サラは90歳でイサクを本当に出産しました。

この逸話は、神様の全能性は測り知れず、神様の御言葉はすべてを達成することを私に示してくれます。神様の御口から御言葉が発せられた瞬間に、タスクは完了します。神様が天と万物を創造された初めのように、神様は御言葉によりこれを実行されました。神様は「光あれ」と言われました。すると光がありました。そうして、すべてのものが神様の御言葉により創造され、完全にされました。神様の御言葉には権威と力があり、神様の御言葉は神様と共にありました。まさに、神様の次の御言葉の通りです。「初めに言があった。言は神と共にあった。言は神であった。この言は初めに神と共にあった。すべてのものは、これによってできた。できたもののうち、一つとしてこれによらないものはなかった」(ヨハ 1:1-3)。

神様の全能性、御権威、御力について、いくつかの知識を得ると、私達は神様への本物の信仰を持つようになるため、私達が持つ観念や想像に基づき神様を規定する代わりに、まるで、アブラハムがそうであったように、神様の御権威と御采配に服従できるようになります。これらの事実を経験した後、彼は神様の全能性と御知恵について真に理解し、知識を得ました。従って、神様がアブラハムにイサクを焼き尽くすささげものとして供えるよう求められると、アブラハムは無条件に神様に従いました。最終的に、アブラハムの誠実さと従順さにより、神様は彼を大いに祝福し、彼の子孫を天の星のように、海辺の砂のように増やすことを約束されました。

2.神様が達成されようとする御働きを誰も妨げることはできない

洪水により世界が破壊された後、アブラハムは神様により選ばれました。神様はアブラハムを通して、人類を救済する御働きに着手することを決めました。しかし、アブラハムには当時息子がいませんでした。どうやって、この任務を担うことができたでしょうか?アブラハムが100歳の時に息子を授けると神様が約束されたとき、彼は次のように考えました:「百歳の者にどうして子が生れよう。サラはまた九十歳にもなって、どうして産むことができようか」(創17:17)。アブラハムの考えから、彼とサラは子供を持つには年を取り過ぎており、彼が100歳になって息子を授かるとは信じていないことが分かります。しかし、アブラハム、そして私達の観念に反した事実が訪れます。神様が設定された時間で、イサクは生まれました。

このことから、アブラハムが全く信じていないからと言って神様の御働きが妨げられなかったことが分かります。このことは、アブラハムの考えにかかわらず、神様が計画された通りに達成されました。次の聖句の通り、「しかしわたしは来年の今ごろサラがあなたに産むイサクと、わたしの契約を立てるであろう」(創17:21)。これは、神様の御権威と御力を表しています。神様が達成されようとする御働きは、誰にも妨げられることはできず、神様の御計画に従い正確に実行されます。これは神様の御性情であり、御権威であり、神様の全能性の現れです。

人類の贖い働きのため主イエス様が受肉されたとき、主の平凡で普通の外見と、貧しい家に生まれたという事実は、人の観念や想像に相容れませんでした。そのため、多くの人が、主こそ救世主であることを信じず、主に従いませんでした。特に、祭司、律法学者、パリサイ人は全力で主イエス様を非難し、主イエス様に抵抗し、最終的には国を治めていた政権と組んで、主を十字架に磔にするに至りました。しかし、神様の贖いの働きは少なくとも妨げられませんでした。主イエス様が復活され、昇天されてから、神様の人を贖う福音は弟子を通して広まりました。2000年後、主イエス様の福音は全世界に広まりました。私達はこのことから、神様が達成されようとした御働きは、誰にも妨げることができないことが分かります。

神様についてのこの知識を得た後でのみ、私達は神様の御働きが私達の観念といかに異なろうと、私達は自身の想像によりそれを推し量ったり、分析したり、調べたりすべきではないことが分かります。その代りに、私達は神様の御働きと御導きに従い、神様が言う通りにする必要があります。これは、創造物として私達が持っているべき感覚で、私達がすべきことです。

3.神様が愛されているものは、人の誠実さである

イサクの燔祭の逸話で、アブラハムが100歳の時に息子を授けると神様が約束されたとき、アブラハムはちょっとした考えが頭に浮かび、神様を少し疑ったことが聖書に次のように記されています。「アブラハムはひれ伏して笑い、心の中で言った、『百歳の者にどうして子が生れよう。サラはまた九十歳にもなって、どうして産むことができようか』」(創17:17)。

しかし、事実は達成されました。その後、イサクが10代の若者へと成長すると、神はアブラハムに焼き尽くすいけにえとしてイサクをささげるように命じました。その時、アブラハムは神様に理由を尋ねたり、神様に不平を言ったり、ましてや、神様に抵抗したりすることもありませんでした。ただ、神様が命じた通りに行いました。聖書では次のように記載されています:「アブラハムは朝はやく起きて、ろばにくらを置き、ふたりの若者と、その子イサクとを連れ、また燔祭のたきぎを割り、立って神が示された所に出かけた」(創22:3)。「彼らが神の示された場所にきたとき、アブラハムはそこに祭壇を築き、たきぎを並べ、その子イサクを縛って祭壇のたきぎの上に載せた。そしてアブラハムが手を差し伸べ、刃物を執ってその子を殺そうとした時」(創22:9-10)。

神様は、神様がアブラハムにイサクをいけにえとしてささげるように命じた最初の時点から、アブラハムが実際にナイフを振り上げ、今にも息子を殺害しようとしたその瞬間まで、すべての過程をご覧になっていました。神様はアブラハムの誠実さをご覧になりました。アブラハムの心の中で、神様は唯一無二の存在で、神様の場所はイサクの場所を遥かに凌いでいました。そのため、神様に満足していただけるよう、アブラハムは一人息子のイサクを犠牲にしました。アブラハムの神様に対する誠実さと従順さこそ、神様がお求めになっていたものでした。神様は、アブラハムが愚かであるか、かつて神様に対して憶測したり、或いは誤解したりしていたかということは気にせず、ただ、彼の誠実さをご覧になったのです。そうして、神様がイサクを犠牲にすることによりアブラハムの誠実さと従順さを見ると、彼の子孫を天の星のように、海辺の砂のように増やし、神様は大いにアブラハムを祝福しました。

これを通して、私達は神様の愛が天と海のように無限で、神様が人間への慈悲と愛の心に溢れておられることが分かります。私達がちょっとした失敗や罪を犯したからといって、または神様に対して憶測や疑念を抱いたり、誤解したりしたからといって、神様は私達を叱責されたり、非難されたりされることはありません。神様が重視されているのは、私達の誠実さ、忠誠心、そして従順さです。多くの場合、私達には神様の御働きを完全に理解することはできませんが、神様の本質が愛であり、神様が人類に対して意図されているすべての物事が善良なものであることを私達が知っていれば、私達は神様が私達に対して行われる御働きに従うでしょう。そのようにして、私達はアブラハムのように、神様から確実に祝福を受けるのです。

4.神様は原則に基づき人を祝福する

神様がアブラハムにイサクを犠牲にするように命じられたとき、アブラハムは神様に従い、条件や言い訳を口にせず、神様が命じられる通りに行いました。アブラハムの誠実さ、忠誠心、そして無条件の従順さは、彼の子孫を天の星のように、海辺の砂のように増やすという神様のアブラハムへの祝福をもたらしました。これにより、神様が人を祝福される際に、御自身の原則があり、誰もが神様の祝福を得ることができるわけではないことが分かります。本当に神様を愛し、神様に誠実に従い、神様の証を立てられる者が神様の祝福を受けることができます。

ヨブを例に取るならば、ヨブは試練の中で神様の証を立てた後で、祝福を得ました。神様が彼の膨大な財産と子供全員をお取り上げになったとき、ヨブは悪態をついて罪を犯すようなことはせず、それでも神の御名を称賛し続けました。その後、ヨブの全身が痛みの強い皮膚病に覆われ、耐え難い痛みがあっても、神様に従い、神様を畏れ、神様に従うことの証を立て、邪悪さを寄せ付けませんでした。最終的に神様はヨブへの祝福を倍増し、寿命を2倍に延ばしました。

神様が人を祝福する原則について理解すると、私達は神様の義なる御性情が分かるようになります。これらの知識を持てば、私達は、自分たちが幸運であり、神様を信じる風潮に従うことにより神様の祝福を得ることができるという信念にしがみつくことはありません。むしろ、アブラハムやヨブのように神様を信じ、神様に従うことで、神様の祝福を得られることを願うようになります。

関連内容:

アブラハムに息子を与えると神様が約束された

 イサクを捧げるアブラハム

聖書の部屋へようこそ。私たちのWebサイトのコンテンツに関してご提案、或は信仰における悩みやその他いろいろご質問がありましたら、私たちと分かち合いましょう。主イエス様は言われました。「わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互に愛し合いなさい。」(ヨハネによる福音書 15:12)いのちの成長を目指して、キリストにあってお互いに支え会いましょう。私たちが聖書の奥義を知り、神様に対する認識が深まるように、神様が導いてくださいますように。次の方法で私たちと連絡を取ることができます。ご連絡をお待ちしております。1.ウェブサイト下部にあるオンラインチャットウィンドウを利用。2.info@bible-jp.orgにメールを送信。

アプリ「やさしい聖書」:好きなときに聖書を読んで、主と共に歩もう
iOS、Android用の無料アプリ

コメントを残す