ご覧なさい。福音の種はふわふわと飛び、大地に蒔かれている最中です – タンポポの綿毛の種を通して送られた愛をあなたは受け取りましたか?

    2018年 06月 14日

    太陽のような黄色い花が芝生の上に点在しています。これらの花はバラのように華やかでもなければ、百合のような上品さもありません。これらの花は美しいドレスも、豊かな果実も身に着けず、注目もされません。その姿は、丘でも、空き地でも、道端でも、街角でも、いたる所で見受けられます。秋が来ると、これらの花は徐々に熟して、命の種を付けた無数の小さな傘のふわふわの白ボールとなり、風に乗って、命の種をいつまでも遠くまで飛び続けます。それがタンポポです!子供たちはタンポポの綿毛にとても執着しているようです。彼らは誰もが綿毛を摘み取り、種の傘を吹き飛ばします。小さな傘がふわふわと飛んでいくのを見ると、彼らの優しくあどけない顔が決まって幸せそうな笑顔になります。これが、タンポポが人々にもたらす喜びです⋯⋯

    福音の種を通して送られた神の愛

    私はタンポポが私たちにもたらすこの喜びも好きですが、本当に好きなのは、それが私たちにもたらす利益です。神様がそれを創造されました。それは医薬品としても優れた薬草であるだけではなく、その生命力は特に粘り強いものがあります:風に乗って移動し、種が着陸した所で根を張り、花を咲かせます。何年も何年も、命を地球のすべての片隅にもたらすという独特の使命を厳密に守っています。タンポポの綿毛が風に乗ってふわふわと飛んでいるのを見る度、主イエス様の次の御言葉について考えずにはいられません:「よくよくあなたがたに言っておく。一粒の麦が地に落ちて死ななければ、それはただ一粒のままである。しかし、もし死んだなら、豊かに実を結ぶようになる」(ヨハネによる福音書12:24)。そうです。種は死にますが、それは10倍ないし100倍の果実をもたらします。まるでタンポポの種のように、神様の福音は、愛といのちにより、世界中のあらゆる場所に行き渡っています。

    私は聖書に次の記述を思い出します:「神はそのひとり子を賜わったほどに、この世を愛して下さった。それは御子を信じる者がひとりも滅びないで、永遠の命を得るためである。神が御子を世につかわされたのは、世をさばくためではなく、御子によって、この世が救われるためである」(ヨハネによる福音書3:16-17)。「時期や場合は、父がご自分の権威によって定めておられるのであって、あなたがたの知る限りではない。ただ、聖霊があなたがたにくだる時、あなたがたは力を受けて、エルサレム、ユダヤとサマリヤの全土、さらに地のはてまで、わたしの証人となるであろう」(使徒行伝1:7-8)。聖書のこれらの聖句から、私は神様の愛が広大であることを深く感じました。当時、神様は、33年と6ヶ月の間、人の息子として、食べ、眠り、人々と暮らすことで、ユダヤでその御働きを行われました。神様は人々が罪にまみれて生活する惨めさを目の当たりにされ、正しい道を歩けるよう、彼らを導く御言葉を発せられました。最終的に、彼らが罪に苦しむいのちを排除できるよう、神様は十字架にかけられ、罪深い肉のようになり、人々の罪を引き受け、彼らの罪が贖われるようにしました。神様の御知恵と全能性が人類の罪を贖う御働きを達成された後、神様はその福音を世界の果てまで説くよう、弟子達に委ねました。神様に運命づけられ、使命を委ねられた多くの敬虔なクリスチャンは、聖霊により動かされ、その使命を担い、布教の旅に出ました。彼らに待ち受ける旅が過酷で困難なものであっても、彼らは、より多くの魂が神様の側に帰依できるよう、自らの命を賭して、海を渡って行きました。神様の御導きのもと、神様の福音は世界の隅々まで広まり、神様の御名は誰もが知り、既に日常語となっています。

    私はため息をつかずにはいられません:何世代にも渡り存在した数多くの宣教師は目立つことなく、名前すら知られていませんが、私は彼らの信仰と特異な経験に強く感心しました。彼らは計り知れない苦しみに耐え、笑われ、バカにされ、多くの人々に叩かれ叱責され、迫害され、投獄されました。中には命を落とす人もいましたが、躊躇せずに前進し続けました。躊躇せずに福音を広める道を歩むことを可能にしたのは、どのような力なのでしょうか?私は主イエス様の御言葉を思い出しました:「全世界に出て行って、すべての造られたものに福音を宣べ伝えよ」(マルコによる福音書16:15)。「だれでもわたしについてきたいと思うなら、自分を捨て、日々自分の十字架を負うて、わたしに従ってきなさい」(ルカによる福音書9:23)。主の御言葉から、私は次のことを理解しました:時代を超えた聖人達は、神様の御激励により福音を説くことができたのです。彼らは、人類の罪を贖うという神様の福音を世俗的な人々に説くのだという使命を掲げて、これを行いました。より多くの人が神様の御心を理解し、十字架を背負い、主についていき、主と力を合わせて魂を救う重荷を引き受け、有意義ないのちを生きていけるようになることを神様が強く望んでおられると、私は感じます。

    福音を説く兄弟姉妹は目を引くような外見をしてませんでしたが、彼らの口から伝えたのはすべて、偽りのない言葉でした。彼らは親切な心で、神様の御言葉を記載した本を次から次へと人々に渡していましたが、彼らが得たものは拒絶やからかいでした。他者から侮辱や中傷を受けることさえありました。一方で、時には神様の福音を人々が受け入れるという喜びを味わうこともありました。結果がどうであれ、彼らには神様の愛に報いたいという敬虔なクリスチャンの心根を変えることができませんでした。これを目にする度、私の心は感動し、創造主を満足させるための働きを行う機会が得られたことはとても恵まれたことなのだと感じました。現在、神様の御前に来ていない人々が未だに数多くいます。私は全力を尽くし、神様と協力して、神様の福音を周りの人々に説き、神様の御前により多くの魂をお連れしたいと思います。それにより、より多くの人々が世俗的な快楽の害を断ち切り、神様を知り、神様を賛美し、 神様の注意深い御目のもとで守られるようになることを望むからです。これは、創造物である私の使命です。

    タンポポの綿毛が運ぶ種は、まだふわふわと飛び、大地に蒔かれている最中です。使命、期待、深い愛により、これらは、世界のいたる所まで飛んでいきます⋯⋯

    通読おすすめ:

    福音は宣べ伝えられ続けている!

    福音とは何か

    コメントを残す

    寓話-美しい誤解ー「家を出た」

    長く主人に伴う小さい冷蔵庫は、具合が悪くなってきました。ドアが閉められなく、ノブが壊れ、また見た目も古くなりました。主人がハイテクノロジーの冷蔵庫のパンフレットを持っているのを見たとき、冷蔵庫は主人が自分を捨てると思いながら、がっかりしました。それで、主人が出かけた時、冷蔵庫は黙って家を出て、ゴミ回…

    キリスト教映画「福音の使者」

    キリスト教徒チェン・イーシンは主を長年信じ、終わりの日の主イエス・全能神をお迎えする幸運に恵まれていた。彼女は全能神の御言葉から、人類を一刻も早く救いたい神の御心と、被造物が果たすべく使命と責任を理解したため、福音を伝えて終わりの日の神の働きを証し始めた。その間、多くの都市や省に渡り、何度も宗教界か…

    礼拝賛美歌「神の愛は私の心を溶かした」

    神の愛は私の心を溶かした あなたの呼びかけを聞いて 私は御前に帰る 御言葉は私を照らし 自らの堕落を悟る Ⅰ 私はあなたに冷たく あなたを傷つけ 悲しませた 頑なに反抗して あなたを独りにした 人間への愛は何故痛みで報われるのか? 自分の頑なさと ひどい堕落を私は憎む 私はあなたに会う価値もなく そ…

    聖歌「全てのものに及ぶ神の完全なる配慮」神様の恵みに感謝します

    全てのものに及ぶ神の完全なる配慮 Ⅰ 神の偉大さ神の聖さ至高の権威 そして愛 神の本質と性質の詳細は 神が自らの働きを行う度に明らかにされる それらは全ての人に対する 神の意志の中に見受けられ 全ての人のいのちの中で成し遂げられる Ⅱ 人生の中で人々が感じていても いなくても 神はいつでもあらゆる方…

    キリスト教讃美歌「神の愛は私の心を溶かした」

    神の愛は私の心を溶かした あなたの呼びかけを聞いて 私は御前に帰る 御言葉は私を照らし 自らの堕落を悟る Ⅰ 私はあなたに冷たく あなたを傷つけ 悲しませた 頑なに反抗して あなたを独りにした 人間への愛は何故 痛みで報われるのか? 自分の頑なさと ひどい堕落を私は憎む 私は あなたに会う価値も…

    私は大患難を乗り越えて大きな恩恵を授かりました

    全能の神を従うようになった後、私は神を信仰したことを理由に刑務所に入れられてしまいました。当時私は信者になって間もなく、神は、私が頑固たる姿勢で神の証言をするために力を与えてくださいました。しかし、私は自分にそれなりの霊的背丈があると勘違いしてのです。神への多大な信仰、愛、そして忠誠心を持てていると…

    讃美歌-「神の民たちの祈り」ハレルヤ

    キリスト教会福音讃美歌「神の民たちの祈り」ハレルヤ I 神の民は多くの祈りを心に抱き 神の御座の前にあげられる 神のもとに立ち帰る 皆は祝福を受け 彼らは皆、光の中に生きる 祈りなさい 聖霊が神の御言葉を照らし 我らが神の御心を十分に悟るように 全ての人が神の御言葉を心に抱き 神を知ることを探し求め…

    キリスト教讃美歌|創造主だけがこの人類にあわれみを持つ

    キリスト教讃美歌「創造主だけがこの人類にあわれみを持つ」 Ⅰ 創造主だけが とめどない愛とあわれみの絆を 人と分かち合う 創造主だけが 創造主だけが 全ての創造物を慈しむ 神のひとつひとつの思いは いつもいつも人のため 神の喜怒哀楽は 人の生存と絡み合う 神の存在と性質の表れは人のため すべて人のた…

    聊天前请阅读并同意我们的隐私权政策。

    您已阅读并同意我们的隐私权政策吗?