キリスト教映画「共産主義の妄言」NO.1 宗教的信仰を罪に定めるために封建的迷信を用いる中国共産党の意図

    キリスト教映画「共産主義の妄言」抜粋シーン(1)宗教的信仰を罪に定めるために封建的迷信を用いる中国共産党の意図 中国共産党は、宗教信仰は科学知識の遅れていた人間が超自然的な力に対して抱く恐怖と崇拝から生じたものであり、宗教は迷信だと言っています。更に、封建的迷信に対抗するという名目で、宗教信仰を非難して禁止しています。中国共産党のこのよう

    宗教迫害の実録 その7「青春の赤い涙」

    このドキュメンタリーでは、リン・ハオチェンという中国のクリスチャンファミリーの苦境を通して、中国共産党の弾圧を浮き彫りにする。父の背中を見て育ち、自らも主を信じるハオチェンは子どもの頃から、自宅に村役場の幹部が来ては両親に信仰を捨て、伝道活動を止めるよう脅し迫る姿を目にしてきた。そして、神の終わりの日の働きを受けいれたハオチェンの家族はさ

    宗教迫害動画「党の話は済んでない」中国共産党によるクリスチャン迫害の証拠

    リー・ミンアイは中国本土に住むキリスト教徒です。彼女は高潔な人柄の女性で、義父母を敬い夫を支え子供を教育し、幸せで平和な家庭を持っています。しかし無神論が支配する中国では、中国共産党政府が常に神を信仰する人々の逮捕と弾圧に躍起になっています。2006年にリー・ミンアイは神への信仰を理由に逮捕され罰金を課せられました。釈放後も、中共警察は幾度とな

    宗教迫害動画「対話」正義と邪悪の戦い・完全な映画

    ジャン・シンイと他数名のキリスト教徒は中国共産党政府に検挙されました。教会の資金を押収し教会のリーダーを検挙するため、キリスト教徒を残酷な拷問で苦しめます。そして、信仰を放棄するように強制し、洗脳攻撃を仕掛けてきますが、神の言葉の導きによって拷問もサタンのどのような策略をも克服することができるのです。中国共産党政府との激しい戦いには真理を

    宗教迫害動画-「真冬に」完全な映画

    彼女は残酷な拷問や想像を絶する屈辱を受けていました。尋問中、彼女は傷つき、屈辱を感じました。何度も何度も彼女は必死に神に祈りました。神の言葉は彼女に時宜を得た啓きと導きを与えました。神の言葉から受けた信仰と強さで、彼女は野蛮な拷問と悪魔的な破壊行為を乗り越え、見事に心に響く証を述べました。冬の梅の花のように、素晴らしい芳香を放ちながら、彼

    宗教迫害の実録その6「果てない逃亡の道」

     本ドキュメンタリーは中国共産党に迫害されている中国のキリスト教徒ヤン・ジンエンの実体験を再現したものです。ヤン・ジンエンは幸せな家庭を持ち快適な暮らしをしていましたが、夫婦で神を信じ本分を行い始めると中国共産党に目を付けられ、そのため家を離れ逃亡生活を余儀なくされました。ヤン・ジンエンは18年で国土の半分を回りましたが、どこに行っても弾圧

    宗教迫害動画-「逆境の甘美」日本語吹き替え

    中国共産党政府は地下教会をすべて禁じる内容の秘密文書を発行し、徹底的にクリスチャン達を逮捕し、迫害しました。韓露やその他の信者らは共産党の警官から監視され、最終的には追跡されて捕まってしまいました。共産党の警官達は教会の財産を奪い、さらに多くの指導者を捕まえるために韓露を残酷な拷問にかけました。また、様々な噂や誤謬を聞かせて彼女を洗脳しよ

    宗教迫害の実録 その5「窮地からの帰還」

     このドキュメンタリーは、中国共産党の手により迫害の経験を実際にした中国人のキリスト教徒チェン・ウェンジョンの体験を再現したものです。チェン・ウェンジョンは輝かしいキャリアを築き、素晴らしい幸せな家庭を持っていましたが、神を信じて本分を尽くしたが故に、中国共産党に追われることになったのです。家を離れることを余儀なくされ、それは10年以上も続き

    宗教迫害の実録 その4「彼女を追い詰めたのは誰か」

     このドキュメンタリー映画は、中国本土のキリスト教徒で、中国共産党警察によって逮捕され、神を信じ、彼女の本分を尽くすがゆえに最終的に労働収容所での自殺を招いたあらゆる非人道的拷問を受けた高玉峰の話です。中国共産党の邪悪な支配下で逮捕後の収監でキリスト教徒たちが経験した凶悪な虐待と非人道的な迫害の真実を明らかにし、中国共産党の神に対する憎悪

    宗教迫害の実録 その2「夜明け前の暗闇」

    このドキュメンタリーは、神への信仰の故に中国共産党政府によって逮捕され、拷問を受け、そのひどい虐待によって死亡した、中国人クリスチャン楊惠芝さんの実体験を描写します。楊惠芝さんの死後、中国共産党政府は、彼女の死は心臓発作に因るものであると偽証しました。彼女の家族は彼女のために法による正しい裁きを求めましたが、中国共産党の脅しによって、最終

    『中国における宗教迫害の実録』 中国におけるクリスチャン迫害の陰惨な歴史

     このドキュメンタリーは中国共産党政権下で苦しむ中国のクリスチャンたちの実際の迫害体験を忠実かつ客観的に再現しています。 中国共産党が1949年に中国大陸で政権を握って以来、中共による宗教迫害は止むことがありません。中国共産党は狂ったようにクリスチャンを逮捕や殺害を行い、中国内で活動する宣教師たちを虐待し、追放しました。また無数の聖書を没収、

    宗教迫害の実録 その3「隠ぺい」

    このドキュメンタリー映画は宋暁蘭というひとりの中国人キリスト教徒の突然で予期せぬ死—中国共産党警察が一貫性のない矛盾した説明を与えた死を描く。調査の後、宋一家は警察が初めからずっと嘘をつき続けていたことを発見した。公安局の知り合いから、宋一家の親戚は、宋暁蘭は神への信仰と彼女の本分の行いの結果、中国共産党に密に監視し続けられていたことを知

    キリスト教映画「死の淵から」あるクリスチャンの実話

    刘珍は78歳で、ごく普通の地方の主婦です。神を信じてから、毎日神の言葉を読み、賛美歌を歌い、兄弟姉妹と真理について語り合うため頻繁に集まることからこの上ない喜びを感じていました…しかし、良いことは長く続きません。中国共産党政府に逮捕され迫害され、彼女はとてつもない苦境に置かれます。警察は尋問のため彼女を警察署に3回連行し、これ以上神を信じない