宗教迫害の実録 その7「青春の赤い涙」

    2019.02.15 +33

    このドキュメンタリーでは、リン・ハオチェンという中国のクリスチャンファミリーの苦境を通して、中国共産党の弾圧を浮き彫りにする。父の背中を見て育ち、自らも主を信じるハオチェンは子どもの頃から、自宅に村役場の幹部が来ては両親に信仰を捨て、伝道活動を止めるよう脅し迫る姿を目にしてきた。そして、神の終わりの日の働きを受けいれたハオチェンの家族はさらに中国共産党からの容赦のない迫害を受け、逮捕されてしまう。釈放後、再逮捕を恐れ逃亡生活に入った家族だったが、ハオチェンの母は病で亡くなり、家を捨てることを余儀なくされた父と兄、そしてハオチェン自身ももう二度と我が家へ帰ることはできなかったのである。かつて平穏で幸せいっぱいだった家族は中国共産党に引き裂かれ、ばらばらにされてしまうのだった。

    もっと見る:

    宗教迫害の実録その6「果てない逃亡の道」

    聊天前请阅读并同意我们的隐私权政策。

    您已阅读并同意我们的隐私权政策吗?