キリスト教映画「共産主義の妄言」NO.1 宗教的信仰を罪に定めるために封建的迷信を用いる中国共産党の意図

キリスト教映画「共産主義の妄言」抜粋シーン(1)宗教的信仰を罪に定めるために封建的迷信を用いる中国共産党の意図

中国共産党は、宗教信仰は科学知識の遅れていた人間が超自然的な力に対して抱く恐怖と崇拝から生じたものであり、宗教は迷信だと言っています。更に、封建的迷信に対抗するという名目で、宗教信仰を非難して禁止しています。中国共産党のこのような視点の基準は何なのでしょうか。中国共産党が宗教信仰を封建的な迷信として非難することの愚かさは結局どこにあるのでしょうか。

もっと見る:

宗教迫害動画「党の話は済んでない」中国共産党によるクリスチャン迫害の証拠

聖書の部屋へようこそ。私たちのWebサイトのコンテンツに関してご提案、或は信仰における悩みやその他いろいろご質問がありましたら、私たちと分かち合いましょう。主イエス様は言われました。「わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互に愛し合いなさい。」(ヨハネによる福音書 15:12)いのちの成長を目指して、キリストにあってお互いに支え会いましょう。私たちが聖書の奥義を知り、神様に対する認識が深まるように、神様が導いてくださいますように。次の方法で私たちと連絡を取ることができます。ご連絡をお待ちしております。1.ウェブサイト下部にあるオンラインチャットウィンドウを利用。2.info@bible-jp.orgにメールを送信。

アプリ「やさしい聖書」:好きなときに聖書を読んで、主と共に歩もう
iOS、Android用の無料アプリ

コメントを残す