なぜ主イエスは安息日に働かれたのでしょうか

    2017年 07月 29日

    ヤーウェ神が人に安息日を守るように要求されました

    旧約聖書には、ヤーウェ神が律法と戒めを発布してわたしたち人類に守らせたことが記されています。安息日を守ることは、人の遵守すべきことの一つです。第四の戒めはこう言っています。「安息日を心に留め、これを聖別せよ。六日の間働いて、何であれあなたの仕事をし、七日目は、あなたの神、主の安息日であるから、いかなる仕事もしてはならない。あなたも、息子も、娘も、男女の奴隷も、家畜も、あなたの町の門の中に寄留する人々も同様である。六日の間に主は天と地と海とそこにあるすべてのものを造り、七日目に休まれたから、主は安息日を祝福して聖別されたのである」(出20:8-11)。ヤーウェ神は万物創造の七日目を安息日と定められました。この日、人はみな手元のすべての仕事を止めて神を礼拝し、神にいけにえをささげ、太鼓をたたき、竪琴を奏でて神を賛美すべきです。安息日に勝手に外出してはならず、いかなる仕事もしてはなりません。民が安息日を守らなかったら、他人に石で打ち殺されました。祭司が安息日を守れなかったなら、ヤーウェ神は天から火を下して彼を焼き殺しました。これで分かるように、律法はわたしたち人類が厳しく遵守すべきです。

    主イエス,主イエスの弟子,聖書物語

    イエスは安息日に働かれました

    ヤーウェ神は人に安息日を守るように要求されました。でも新約の四福音書には、主イエスが働かれた時安息日をお守りにならなかったことが記されています。例えば、マタイによる福音書第12章1節にこう書かれています。「そのころ、ある安息日にイエスは麦畑を通られた。弟子たちは空腹になったので、麦の穂を摘んで食べ始めた」。ルカによる福音書第14章1-5節にこう書かれています。「安息日のことだった。イエスは食事のためにファリサイ派のある議員の家にお入りになったが、人々はイエスの様子をうかがっていた。そのとき、イエスの前に水腫を患っている人がいた。そこで、イエスは律法の専門家たちやファリサイ派の人々に言われた。『安息日に病気を治すことは律法で許されているか、いないか』。彼らは黙っていた。すると、イエスは病人の手を取り、病気をいやしてお帰しになった。そして、言われた。『あなたたちの中に、自分の息子か牛が井戸に落ちたら、安息日だからといって、すぐに引き上げてやらない者がいるだろうか』」。この二箇所から分かりますが、主イエスは働かれた時、安息日をお守りませんでした。彼は安息日に病人の病気をいやされました。しかも安息日に弟子たちを連れて麦畑を通られた時、弟子たちが麦の穂を摘んで食べてもお責めになりませんでした。これで分かるように、主イエスは律法の下のイスラエルの民のために一つの新しい道を開かれました。

    なぜ主イエスは安息日に働かれたのですか。主の意図が何でしたか。

    主イエスは「人の子は安息日の主なのである」(マタ12:8)と言われました。主イエスが安息日に働いたのは、わたしたち人類が神は安息日の主で、すべてのことは神に決められるということを知るためでした。神はヤーウェと呼ばれることができ、律法、戒めを発布することもでき、主イエスと呼ばれて、しるしと奇跡を行ない、十字架につけられて罪祭となることもできました。彼は神殿の中で働くことも神殿の外で働くこともでき、律法を発布することも律法を廃棄することもでき、預言者たちに彼の言葉を伝えさせることも、受肉して人の子となって自ら人類を贖うこともできました。しかも彼はイスラエルで働かれた後、贖いの福音を宇宙の果てにまで宣べ伝えることができました。……神にあっては、いかなる制限や禁忌もありません。神がいつ働くか、どのように働くか、どこで働くかということに融通性があります。神は自分のしたいようになさるのです。

    主イエスが安息日に働いたのは、主は新しい仕事をもたらしたということ、また、わたしたちがもはや定め、規定を守らず、もはや神殿に行って神を礼拝せず、どんな時どんな場所でも心と誠実さをもって神を礼拝し、しかも主イエスから与えられる豊かな恵みを享受するために、主はわたしたち人類を律法の束縛から導き出すだろうということを、わたしたち人類に知らせるためでした。主イエスの言葉と働きからわたしたちが分かりますが、神の道は生きているのであって、死んだのではなく、一定不変でもありません。神は永遠に新しくて、古くなることがない神です。だから、神はいつまでも新しい仕事をなさるのです。主イエスが力と権威に満ちているのだから、彼の仕事はいかなる人、事、物にも束縛されず、いかなる敵勢力にも阻まれません。ローマ政府とユダヤ教全体がどのように迫害し、罪定めし、かき乱しても、主イエスの贖いの福音は依然として世界各国に宣べ伝えられました。聖書のこの節を見た後、あなたはどんな認識を持っていますか。

    通読おすすめ:

    なぜ主イエスは安息日に弟子たちが麦の穂を摘んで食べることを許されたのか

    コメントを残す

    なぜ主イエスは安息日に弟子たちが麦の穂を摘んで食べることを許されたのか

    「そのころ、ある安息日にイエスは麦畑を通られた。弟子たちは空腹になったので、麦の穂を摘んで食べ始めた」(マタイによる福音書12:1)。 以前この節を見た時、なぜ主イエスが安息日に外出なさったか、なぜ彼が麦畑を通られた時、弟子たちに麦の穂を摘んで食べることを許されたか、全然分かりませんでした。律法の…

    ペテロが天国の鍵を得た原因の探求

    聖書を読んで困惑する 私は朝早く起きると、祈り、聖書のマタイによる福音書16章19節を開きました。主イエス様がペテロに語った内容が書かれている箇所です。「わたしは、あなたに天国のかぎを授けよう。そして、あなたが地上でつなぐことは、天でもつながれ、あなたが地上で解くことは天でも解かれるであろう」。この…

    ヨナが魚に飲み込まれたことから神の性質を知る

    ある日、私は聖書の写真を閲覧していた時、ヨナが海で大魚に飲み込まれる写真に惹かれました。そして私は聖書の中にあるヨナ書を開き、聖句にこう記述されているのを見ました、「主の言葉がアミッタイの子ヨナに臨んで言った、『立って、あの大きな町ニネベに行き、これに向かって呼ばわれ。彼らの悪がわたしの前に上ってき…

    主イエス様が働きをされた時、たとえ話を語られた理由

    主イエス様は働きをされた時、当時の人々に多くの御言葉を話されました。その中にはとても分かりやすい御言葉があります。例えば、主イエス様は頻繁にこう言われました:「よくよくあなたがたに言っておく…」主イエス様がピリポに仰った:「わたしが父におり、父がわたしにおられることをあなたは信じないのか…」(ヨハネ…

    ヨブ記感想-発病や苦難もまた神の恵みです

    寄稿家:シァンフェイ(中国) 御恵みの話しになると、私たちは普段それを神の祝福と愛に結びつけます。しかしながら、私たちの日常生活は全てが常に順調なわけではありません。病気や苦難に見舞われることがよくあります。そのような時、私たちは反抗的で、抵抗的で、不満げな態度を見せてこう考えます:「主イエス様は私…

    日曜日に関しては、わたしたちは何問正しく答えられるか

    一、一週間には何日ありますか。 こう聞かれたら、皆さんはきっと口をそろえて、「もちろん七日あります。これはだれも知っていますよ。聞く必要がないのではありませんか」と答えます。 二、週の初めの日はいつですか。 多くの人は考えもせずに、こう答えるでしょう。「もちろん月曜日です。なぜなら、土曜日、日曜日連…

    聖書の名言「人の子」について

    1.イエスはその人に言われた、「きつねには穴があり、空の鳥には巣がある。しかし、人の子にはまくらする所がない」。(マタイによる福音書 8:20) 2.しかし、人の子は地上で罪をゆるす権威をもっていることが、あなたがたにわかるために」と言い、中風の者にむかって、「起きよ、床を取りあげて家に帰れ」と言わ…

    あなたにデマを見破る3つの方法を教えよう

    デマを軽々しく信じることの結果 かつてこのような物語を見ました。ある侠客はもっぱら富者の財貨を奪って貧者に施し、暴虐を取り除き良民を安んじました。それらの悪者は利益が損なわれた後、侠客を陥れようと、悪徳官吏と対策を相談しました。彼らはあちこちで人を殺したり、放火したり、平民の女性を強姦したりし、しか…

    聊天前请阅读并同意我们的隐私权政策。

    您已阅读并同意我们的隐私权政策吗?