ファリサイ派とサドカイ派の人々のパン種に注意すべきだ

    2017年 09月 14日

    「ファリサイ派とサドカイ派の人々のパン種によく注意しなさい」(マタ16:6)

    イエスはどんな背景の下でこう言われましたか。聖書にこう書かれています。「ファリサイ派とサドカイ派の人々が来て、イエスを試そうとして、天からのしるしを見せてほしいと願った。イエスはお答えになった。『あなたたちは、夕方には「夕焼けだから、晴れだと言い、朝には「朝焼けで雲が低いから、今日は嵐だ」と言う。このように空模様を見分けることは知っているのに、時代のしるしは見ることができないのか。よこしまで神に背いた時代の者たちはしるしを欲しがるが、ヨナのしるしのほかには、しるしは与えられない』。そして、イエスは彼らを後に残して立ち去られた。弟子たちは向こう岸に行ったが、パンを持って来るのを忘れていた。イエスは彼らに、『ファリサイ派とサドカイ派の人々のパン種によく注意しなさい』と言われた。弟子たちは、『これは、パンを持って来なかったからだ』と論じ合っていた。イエスはそれに気づいて言われた。信仰の薄い者たちよ、なぜ、パンを持っていないことで論じ合っているのか。まだ、分からないのか。覚えていないのか。パン五つを五千人に分けたとき、残りを幾籠に集めたか。また、パン七つを四千人に分けたときは、残りを幾籠に集めたか。パンについて言ったのではないことが、どうして分からないのか。ファリサイ派とサドカイ派の人々のパン種に注意しなさい』。そのときようやく、弟子たちは、イエスが注意を促されたのは、パン種のことではなく、ファリサイ派とサドカイ派の人々の教えのことだと悟った」(マタ16:1-12)。

    聖書のこの箇所から、わたしたちは主イエスが弟子たちにファリサイ派とサドカイ派の人々の教えに注意するように教えたということがはっきり分かりました。わたしたちが知っているように、当時ファリサイ派とサドカイ派の人々は教会の上層部の人でした。では、なぜ主イエスは弟子たちにこれらの人を警戒するように教えられたのですか。わたしたちは、主イエスが働かれた時期に、ファリサイ派とサドカイ派の人々がどんなことをしたかを見てみましょう。

    主イエスがこの世に来て働かれた時、人がよりよく彼を認識し、彼の贖いを受け入れるためには、神は盲人が見えるようにし、足の不自由な人が立ち上がって歩くことができるようにし、悪霊にとりつかれている者をきよめ、しかも死人を復活させられました。主イエスは多くのしるしと奇跡を行われました。当時のユダヤの民は、主イエスから多くの恵みと祝福を得、また神の多くのすばらしいみわざを見ました。そのため、彼らは次々に主イエスに追従して彼の道を聞きました。ファリサイ派とサドカイ派の人々は多くの人が主イエスの追従者になったのを見た後、自分の地位、生活の道を守るために、絶えず主イエスを誹謗し、罪定めし、また主イエスに関する多くのデマをでっち上げました。しかし愚昧なユダヤの民はデマを聞いた後、弁別力を持たなくて正しい立場をしっかり守ることができないため、ファリサイ派とサドカイ派の人々と一緒に主イエスを否み、裁きました。こうして、主イエスを罪定めする声がユダヤ教全体に満ちていました。このような背景の下で、主イエスは弟子たちに「ファリサイ派とサドカイ派の人々のパン種によく注意しなさい」(マタ16:6)と教えられました。

    主イエスの弟子たちは主の働きと言葉のゆえに、主イエスが来たるべきメシアだと分かり、彼の病気をいやし、悪霊を追い出す力が神の権威から来るのだと信じていました。彼らはファリサイ派とサドカイ派の人々のまき散らしたさまざまな謬論やデマを見破り、動揺せずに主イエスに追従していました。しかし、それらのユダヤの民はファリサイ派とサドカイ派の人々のデマに惑わされたため、彼らと一緒に主イエスを十字架につけました。こうして、ユダヤの民は神に逆らい、神を罪定めした人になりました。最終的に、全民族は国の滅亡のつらさを味わいました。

    聖書にはすでにこう預言されています。「『見よ、わたしはすぐに来る。わたしは、報いを携えて来て、それぞれの行いに応じて報いる。わたしはアルファであり、オメガである。最初の者にして、最後の者。初めであり、終わりである』。命の木に対する権利を与えられ、門を通って都に入れるように、自分の衣を洗い清める者は幸いである。犬のような者、魔術を使う者、みだらなことをする者、人を殺す者、偶像を拝む物、すべて偽りを好み、また行う者は都の外にいる」(黙22:12-15)。聖書のこの数節から、わたしたちは世の終わりに主イエスが再来される時、うそいつわりをでっち上げるようなことがたくさん現れるということが分かりました。では、ユダヤ人の二の舞を演じないためには、わたしたちはどのように「ファリサイ派とサドカイ派の人々のパン種に注意する」べきですか。これは、主が戻ることを心から望むあらゆる兄弟姉妹が分からなければならない真理です。

    どのようにファリサイ派とサドカイ派の人々のパン種に注意すれば、賢いクリスチャンになれるかという話題は、わたしたちは明日、聖書読解シリーズの文章の中で続けて交流しましょう。

    コメントを残す

    片意地を捨てて、異なる意見を聞いてみるべきだ

    森の中に、大大という名のフクロウがいます。五羽のかわいい赤ちゃんを産んだ後、大大は赤ちゃんたちが健やかに楽しく育つために、もっと大きな巣を探すことを決めました。そして、森の奥深い所のあの大きな木を選んで、その上に巣を作ることを計画しましただが、よい友達本本は大大にこう勧めました。その木の下に狐さんが…

    聖書の言葉-人はパンだけで生きるものではない・マタイによる福音書 4:4

    聖書の言葉 イエスは答えて言われた、「『人はパンだけで生きるものではなく、神の口から出る一つ一つの言で生きるものである』と書いてある」。 マタイによる福音書 4:4 この聖句は多くのクリスチャンの座右の銘になり、神様の言葉は真理で、権威があり、我々のいのちの糧です。主イエスは真理があるから、荒野…

    敬虔にヤーウェに仕えるパリサイ人はなぜ、主イエスに逆らったのか

    わたしはキリスト教家庭に生まれ、16歳から主に仕えています。教会の中で、わたしは合唱をリードします。25歳で神学院を卒業した後、神に仕える道を正式に歩みました。わたしは、一生主に仕えることが最も光栄なこと、最も意義のあることだと思い、また、以前神に遣わされた人を羨んでいます。特に「遣わされないで、ど…

    御恵みの証言-主は生死の瀬戸際で私を御救いくださりました

    2005年2月、主の御恵みのおかげで、私は主の福音を受け入れました。牧師は、主はこの世界を愛しておられ、私たちを罪から贖うために、主は自らが十字架に釘付けにされて私たちの罪を背負われ、私たちを御救いくださり、私たちが主を私たちの救世主として受け入れ、主の前で悔い改めて罪の告白をしてさえいれば、主は私…

    聖書の言葉-あなたがたは世の光である・マタイによる福音書 5章14節

    聖書の言葉 あなたがたは、世の光である。山の上にある町は隠れることができない。 マタイによる福音書 5:14 ここで、主イエスは私たちにこの世の光であることを求めます。つまり、私たちが日常生活の中で聖徒らしい品位を生き、私たちの生きるを通して、神を証しし、神に栄光をもたらすことで、世のあらゆるも…

    聖書の名言-「思い悩む、悲しむ、ため息」に関する21つの聖句

    聖書の名言「思い悩む、悲しむ、ため息」に関する21つの聖句 1.主の祝福は人を富ませる、主はこれになんの悲しみをも加えない。(箴言 10:22) 2.心に憂いがあればその人をかがませる、しかし親切な言葉はその人を喜ばせる。(箴言 12:25) 3.笑う時にも心に悲しみがあり、喜びのはてに憂…

    永遠の命に至る道はあなたが見つけたのか

    主を信じる人は誰でも、神だけが永遠のいのちの道を持っていることを知っています。主イエスはこう言われました。「わたしは道であり、真理であり、命である。...」(ヨハ14:6)。ヨハネの黙示録第22章1節から5節にこう記されています。「天使はまた、神と小羊の玉座から流れ出て、水晶のように輝く命の水の川をわ…

    「死亡」の神秘のベールをはがして

    一人ひとりがこの世界に来ました。人が生まれることはなければならないことで、人が死ぬことは避けられないことです。だれ一人人生の最後の関門――死亡を逃れることができません。わたしたちはみな、生死輪廻という命の歩みを知っていますが、でもどんな人であれ、死亡を直視する度胸がなく、しかも極力死亡に関する話題を…

    聊天前请阅读并同意我们的隐私权政策。

    您已阅读并同意我们的隐私权政策吗?