メニュー

福音Q&A

受肉した神の働きを経験しそれに従うことによってのみ神を知り得るのはなぜか

「そして言は肉体となり、わたしたちのうちに宿った。わたしたちはその栄光を見た。それは父のひとり子としての栄光であって、めぐみとまこととに満ちていた。」(ヨハネによる福音書1:14) 「わたしは道であ...

聖書の中のイエスキリストがどのように再来するかについての預言を正しく解読する

終わりの日に裁きの働きを行うべく神が受肉され人の子になられたとあなたがたは証ししていますが、大多数の宗教界の牧師と長老たちは、主が雲に乗って来られると主張し、次の聖句をもっぱらこの根拠にしています。「...

聖書の中の麦と毒麦との区別は何か

関連する神の言葉 わたしが言ったように、サタンは、わたしの経営を妨害するために、わたしのために奉仕する者たちを送った。これらの効力者は毒麦であるが、小麦は長子たちではなく、むしろ長子たちではないすべ...

神様が二度受肉された意味は何か

参考聖書箇所 「キリストもまた、多くの人の罪を負うために、一度だけご自身をささげられた後、彼を待ち望んでいる人々に、罪を負うためではなしに二度目に現れて、救を与えられるのである。」(ヘブル人への...

東方閃電とは何か。どこに由来するのか

私たちは今、主の再臨の預言が基本的には成就している終わりの日を生きています。そして何千もの敬虔な信者たちが、主イエスの再臨を待ち望んでいます。しかし同時に東方閃電は、主イエスは終わりの日の受肉をし、全...

聖書とはどのような書物か、どのように形成されたか、あなたは知っているのか

神の御言葉による答え: 旧約に記録されている事柄はヤーウェのイスラエルでの働きで、新約に記録されているのは恵みの時代のイエスの働きである。これらは神が二つの異なる時代に行った働きを記録している。旧約...

あなたはなぜ主イエスが天の神様を父の名で祈るのかを知っていますか

祈りの会の後、私は3人の教会の姉妹を自宅に招きました。彼女たちは王さん、于さん、賛美歌を教えている趙さんで、3人とも長年にわたり主への信仰における霊的仲間でした。一緒に自宅に着いた後、私はお茶を沸かし...

神の働きの三段階はどのように深化し、人々に救いをもたらすのか

答え: 「人類を経営する働きは三つの段階に分けられるが、それは人類を救う働きが三つの段階に分けられることを意味している。これら三つの段階には、天地創造の働きは含まれず、むしろ、律法の時代、恵みの時代...

神が義であるなら、善良な人々が脅かされ、抑圧され、苦難するのに邪悪な人々が悠々と成功するのはなぜか

聖書参照箇所 「ある金持がいた。彼は紫の衣や細布を着て、毎日ぜいたくに遊び暮していた。ところが、ラザロという貧乏人が全身でき物でおおわれて、この金持の玄関の前にすわり、その食卓から落ちるもので飢えを...

主を信じた後に私たちの罪は赦されたが、私たちはまだしばしば罪を犯す。罪の束縛からどうしたら最終的に逃れることができるのか

神の御言葉による答え: 人の罪は神の受肉を通して赦されたが、それは人の中に罪がないという意味ではない。人の罪は罪のためのいけにえによって赦されることができたが、人がもはや罪を犯さず、罪深い本性が完全...

神などはいないと言う人もいる。この視点はどのように間違っているのか。神が存在することをどのように確認するべきか

神の御言葉による答え: 広大な宇宙に、どれほどの生ける物が、一つの普遍的な規則にしたがって生き、いのちの法則にしたがって、何度も何度も再生しているのか。死ぬ者は生きる者の物語を抱えて行き、生きている...

神が人類を愛しているのなら、なぜ神は災いを起こし、神を否定し抵抗するすべての邪悪な人々を殺すのか

神の御言葉による答え: 万物の終わりが近づいたということは、神の働きが終わったことを示し、人類の発展の終わりを示す。このことは、サタンによって堕落させられたときの人類は発展の終わりを迎えた、そしてア...

私は神が存在すると信じているが、私はまだ若く、人生でなすべきことが多くある。忙しくなくなるまで待ってから神を信じても、まだ救いを得られるのか。

神の御言葉による答え: 人間の生活には、少しのぬくもりもなく、人間らしさや光がまったくない──それなのに、人間はそれに慣れていて、価値のない人生を送り、何事も成し遂げず、走り回っている。瞬く間に死が...

私の見解では、どの宗教も善良であることを教えている。それは、どの宗教に従おうとも、誠実であり邪悪な行為をしない限り救いを得られるということか。

神の御言葉による答え: 世界を造ることができない者は、世界を終わらせることもできないが、世界を創造した神は、必ず終わらせることもできる。だから、もし誰かが一つの時代を終わらせることができず、単に人が...

神を信じず、その代わりに高潔にふるまい善行を行い、邪悪な行為をしなければ救いを得られるのか。

神の御言葉による答え: …何故なら、神の導きなしには、支配者たちや社会学者たちが人類の文明を維持するためにどんなに頭を悩ませても何の役にも立たないからである。誰も人の心の中の空洞を埋めることはできな...

なぜ新しいいのちを得るために神を信じる人たちは祈り、集まり、神の言葉を読まなければならないのか。

神の御言葉による答え: 祈りは人間が神と協力する方法のひとつであり、人間が神を呼び求める手段であり、人間が神の霊に動かされる過程である。祈りのない者は霊の無い死んだ者であると言える。それは、彼らには...

「因果応報」と人はよく口にするが、神がいま悪人を残らず滅ぼさないのはなぜか

参考聖書箇所 「天が下のすべての事には季節があり、すべてのわざには時がある。」(伝道の書 3:1) 「そして、ノアの時にあったように、人の子の時にも同様なことが起るであろう。ノアが箱舟にはいる日ま...

多くの人は「天が落ちると誰もが死ぬ」と言うが、災いが降りかかっても神を信じる人は本当に死から守られるのか。

神の御言葉による答え: 神はこの世界を創造し、この人類を創造した。また、それだけではなく、神は古代ギリシア文化ならびに人類文明の設計者でもあった。神のみがこの人類を慰め、神のみが日夜人類のことを思い...