主を信じた後に私たちの罪は赦されたが、私たちはまだしばしば罪を犯す。罪の束縛からどうしたら最終的に逃れることができるのか

    2018年 11月 30日

    神の御言葉による答え:

    人の罪は神の受肉を通して赦されたが、それは人の中に罪がないという意味ではない。人の罪は罪のためのいけにえによって赦されることができたが、人がもはや罪を犯さず、罪深い本性が完全に取り去られ変えられるにはどうしたらよいかという問題を人は解決することができなかった。人の罪は神の十字架の働きの故に赦されたが、人は古い、堕落したサタン的な性質の中で生き続けてきた。そのため、人は堕落したサタン的な性質から完全に救われなければならない。そうすることで、人の罪深い本性が完全に取り除かれ、二度と芽生えなくなり、人の性質が変えられるのである。そのためには、人はいのちの成長の筋道、いのちの道、そして性質を変えるための道を知らなくてはならない。また、人はこの道に沿って行動することが必要とされる。その結果、人の性質は次第に変わり、光の輝きの下で生きることができ、すべてを神の心に沿って行なうことができ、堕落したサタン的な性質を捨て去ることができ、サタンの暗闇の影響から解放されることができ、よれにより罪から完全に抜け出ることができる。このとき初めて人は完全なる救いを受けることができる。…だから、その段階が終わってからも、依然として裁きと刑罰の働きがある。この段階は人に従う道を与えるように、言葉を通して人を清くする。…この段階は前の段階よりもっと意味があり、もっと有益である。というのは、今、人に直接いのちを提供し、人の性質を完全に新しくできるのは言葉だからである。それはもっと徹底的な働きの段階である。だから、終わりの日の受肉は神の受肉の意義を完成し、人の救いのための神の経営計画を完全に終了したのである。

    罪の束縛,罪人,罪を許される,罪を犯す

    …裁きと刑罰の働きを通して、人は自分の中の汚れて堕落した本質を完全に知るようになる。そして、人は完全に変わり、清められることができる。この方法でのみ、人は神の玉座の前に戻るのにふさわしくなることができる。この日なされるすべての働きは人が清められ変えられるためである。言葉による裁きと刑罰、また精錬を通して、人は堕落を捨て、聖くされることができる。この段階の働きを救いの働きと考えるよりは、むしろ清めの働きと言った方が適切であろう。実際、この段階は第二段階の救いであるとともに征服の段階である。人は言葉による裁きと刑罰を通して、神のものとされる。言葉を用いて練られ、裁かれ、そして明らかにされることで、すべての汚れたもの、観念、動機、そして人の心にある個人的な願望などが完全に明らかにされる。人は贖われ罪を赦されたが、それは神が人の罪を思い出さず、人の罪に応じて人を取り扱わないからである。しかし、人が肉に生き、罪から解放されていないと、人は堕落したサタン的な性質をどこまでも顕し続け、罪を犯し続けることしかできない。これが人の送る人生で、罪と赦しの終わりのないサイクルである。大多数の人は昼間罪を犯し、夜告白するだけである。そのように、たとえ罪のためのいけにえが人にとって永久に有効だとしても、人を罪から救うことはできない。救いの働きは半分しか完成していない。人は堕落した性質を持ち続けているからだ。…

    「受肉の奥義(4)」より

    人の人生において、自身が清められ、性質の変化を実現することを望み、有意義な人生を行動で示し、被造物としての自分の本分を尽くすことを望むのであれば、その人は神の刑罰と裁きを受け容れる必要があり、神の鍛錬と打ちのめしが自分から無くなるのを防ぎ、サタンによる操りと影響から逃れて神の光の中で生きるようにする必要がある。神の刑罰と裁きは光で有り、人間の救いの光であり、人間にとって、それ以上の恵みと守りは無いということを知る必要がある。人間はサタンの影響下で生活し、肉の中に存在する。人間が清められず、神の守りを受けないのであれば、人間は一層堕落するであろう。人間が神を愛する事を望むのであれば、人間は清められ、救われる必要がある。…

    …ある者が清められなければ、その者は不浄である。その者が神により守られ、神の慈しみを受けていないのであれば、その者は依然としてサタンの虜である。その者が裁きや刑罰を受けていないのであれば、その者はサタンによる闇の影響による弾圧を逃れる術は無いであろう。あなたが依然としてサタンの領域下で生活しているということを証明するには、あなたが示す腐敗した性質と、あなたが行動で示した不従順な態度だけで十分である。あなたは、自分の精神や思想が清められておらず、自分の性質が裁きと刑罰を受けていないのであれば、あなたの存在の全てがサタンの領域に支配されており、あなたの精神はサタンに支配され、考えはサタンに操られ、存在全てがサタンの手により支配されている。…

    …現在の真理は、真理を待ち望み、求める者に与えられている。この救いは、神により救われることを待ち望む者に与えられており、あなたがたが得るためだけのものではなく、あなたがたが神により得られるようにすることをも目的とするものである。あなたがたは、神があなたがたを得られるようにするため、神を得る。今日、わたしはあなたがたにこの話をし、あなたがたはそれを聞いたので、あなたがたはこの話に従って実践すべきである。最終的に、あなたがたがこの話を実践する時は、わたしがこの話によりあなたがたを得る時である。それと同時に、あなたがたはこの話を得る、すなわち、あなたがたはこの至高の救いを得るであろう。あなたがたが清められた後、あなたがたは真の人間となるであろう。

    ペテロの経験:刑罰と裁きに関するペテロの認識」より

    通読おすすめ:

    私はもう日中に罪を犯し、夜に告白するという生活に悩まされてはいません (I)

    クリスチャンが罪から開放される方法は存在します (I)

    聖書の部屋へようこそ。あなたが信仰上で困惑や困難にぶつかることがございましたら、いつでも私たちにご連絡ください。あなたの助けになることを望んでいます。私たちがキリストの中に互いに愛し合うように。

    コメントを残す

    私はやっと家に帰り着きました

    寄稿家:チェン・ヂィウェイ(台湾)私は祖母の家で育ちました。彼女は偶像を礼拝することに深く心を向ける仏教徒でした。太陰月の初日と15日目に、彼女は果物を供えて家の土神と先祖を礼拝していました。そして、清明節(お墓参り日)、龍船節、中元節、中秋節といった祭りの時期になると、祖父と祖母は沢山の肉、ベジタ…

    クリスチャンの生活と証し・映画「心の鎖を解き放つ」人間は本当に自分の運命を支配しているのだろうか

    陳智は貧しい農家に生まれました。学校で教わった「知識で運命は変えられる」「運命は自分で切り開くもの」という考え方をモットーにしていました。一生懸命働きさえすれば、他から抜きん出ることができて、功績と名声を手に入れられると信じていたのです。大学を卒業すると、陳智は高給の外国貿易の仕事に就きました。しか…

    聖歌・讃美歌「人間に対する神の配慮の裏にある目的」

    人間に対する神の配慮の裏にある目的 Ⅰ もし神の支配を信じているなら 偶然は一つもないと知るべきだ 神は全てを定めている 何のためか 神の最終目標は何か それはあなたを暴くのではなく 完全にして救うことなのだ どのように神はあなたを完全にし、救うのか それはあなたの堕落、性質、本質、欠点を示すことに…

    クリスチャンの証し-人生の新たな道を発見しました

    寄稿家:ティエシン(マレーシア) 目標を立てて全力で取り組む 貧乏だった私の家族はいつも人から馬鹿にされ、見下されていました。私の両親は私が幼かった頃から、「お前は競争心を持たなくてはだめだ。しっかりとした将来性があれば、誰からも見下されることはない」、と言って私を教育してきました。その当時、私は…

    礼拝讃美歌「神の業が広大な宇宙全体を満たす」神の偉大なる力をほめたたえる

    礼拝讃美歌「神の業が広大な宇宙全体を満たす」神の偉大なる力をほめたたえる Ⅰ 神は高いところから万物を見下ろし 高いところから万物を支配する それと同時に、神は自ら地に救いをもたらした 神は自分の隠れた場所から常に 人間のあらゆる行動と 人間のあらゆる言動を見ている 神は、自分の手のひらのように人間…

    聖歌・賛美歌「クリスマス、それは愛」

    クリスマス、それは愛兄弟姉妹、もうすぐクリスマスです。聖書の部屋は一曲の讃美歌ー『クリスマス、それは愛』を分かち合います。兄弟姉妹はイエスキリストの人類に対する愛を味わうと同時に、あなたの家族と周りの人に愛を伝え、2019年のクリスマスに愛を満ち溢れるように、イエスキリストの救いを受け、神様から与え…

    讃美歌・メドレー・教会音楽 長時間、高音質

    讃美歌・メドレー・教会音楽 (長時間、高音質) 「最も人を愛するのは神だけである」 「聖霊の新しい業に従い神の賞賛を得る」 「受肉した神は静かに救いの業を為す」 「人を救う神の意図は変わることがない」 「人を救うからには神は人を完全に救う」 「神はいつも人を思いやる」 「神が人間を救うことの意義」…

    聖書のメッセージ:一つの集会が聖書の新たな認識を私にもたらした

    寄稿家:彩虹(マレーシア) 私の霊は暗闇の中でしおれていたが、偶然のきっかけから聖書学習特別クラスに出会った 「ママ、ママ、どうしてまた寝ちゃったの」 娘に目を覚まされて、またも祈りの途中で眠りに落ちたことを思い出し、私は大いに罪の意識を感じました。長く正座していたせいで感覚が麻痺していた両脚を…

    聊天前请阅读并同意我们的隐私权政策。

    您已阅读并同意我们的隐私权政策吗?