なぜ主イエスがカナンの女の信仰を良しとされたのか

    2018年 01月 01日

    聖書にこう記されています。「すると、この地に生まれたカナンの女が出て来て、『主よ、ダビデの子よ、わたしを憐れんでください。娘が悪霊にひどく苦しめられています』と叫んだ。しかし、イエスは何もお答えにならなかった。そこで、弟子たちが近寄って来て願った。『この女を追い払ってください。叫びながらついて来ますので』。イエスは、『わたしは、イスラエルの家の失われた羊のところにしか遣わされていない』とお答えになった。しかし、女は来て、イエスの前にひれ伏し、『主よ、どうかお助けください』と言った。イエスが、『子供たちのパンを取って小犬にやってはいけない』とお答えになると、女は言った、『主よ、ごもっともです。しかし、小犬も主人の食卓から落ちるパン屑はいただくのです』。そこで、イエスはお答えになった。『婦人よ、あなたの信仰は立派だ。あなたの願いどおりになるように』。そのとき、娘の病気はいやされた」(マタ15:22-28)。わたしはこの箇所の言葉を読むたびに、「主が働いている間に、主を信じ、主に従った人が非常に多く、主の恵みを得た人も数えきれないくらいだが、カナンの女のように主の称賛を得た人は指折り数えるほどわずかです!」と思います。だが、なぜ主はカナンの女の信仰が立派だとほめられましたか。カナンの女が主の前で自分が犬だと認めて、理性的な言葉を言ったからですか。この問題はわたしが分かりません。この問題については、わたしはいつも考えています。

    この問題を考える時、わたしはこう思います。主イエスがガリラヤで働き、伝道した時、主イエスがキリスト、神ご自身だと認める人は多くなかったのです。その上、パリサイ人たちがローマ政府と結託して、主イエスに関するデマをたくさんでっち上げたので、多くの人は主の救いを拒絶しました。ところが、カナンの女は主イエスに会ったことがないのに、主イエスの働き、主イエスの事績をいくらか聞いただけで、堅く主に信頼し、主が彼女の娘の病気をいやす力があると信じました。ここまで考えた時、わたしはカナンの女の粘り強さ、信仰に非常に感服し、主イエスがカナンの女の信仰のゆえに彼女を良しとしただろうと思いました。当時、カナンの女は何度も主イエスに断われたのに、依然として主に信頼していました。なぜ彼女がこんな信仰、根気があったのですか。当時、主を誹謗したデマがそんなに多いのに、なぜ彼女はこれらのデマによる封鎖を突破して、主を深く信じることができましたか。

    カナンの女は主イエスの働き、言葉によって、主の身分を知り、主イエスが神ご自身、造物主であることをはっきり意識しました。主イエスが彼女に対してどんな態度を取っても、彼女を犬として扱っても、彼女は気にしませんでした。彼女は主イエスが彼女の礼拝すべき神ご自身だと堅く信じていたからです。そういうわけで、彼女は主イエスの外側の人性がどうなのか、主イエスがナザレ人か、それとも大工の息子かを問題にせず、主イエスの福音がパリサイ人とユダヤの民に罪定めされ、冒涜されたことさえも問題にしませんでした。彼女は主イエスが伝道し、言葉を発表し、天の国に関する奥義を啓示し、しるしや奇跡を行ったことによって、こんな権威、力を持っていて、こんなに大きな仕事をすることができる者がきっと普通の人ではなく、万物の主宰者――神ご自身だと意識しました。だから、彼女はいつまでも主を離れません。これで分かるように、彼女は主イエスを認めるだけでなく、また心の中で、主イエスが来たるべきメシアであり、キリストであり、天地万物を創造した主だと堅く信じていました。カナンの女は何かの原因で神を否むことはなく、主イエスの態度のゆえに神に対する信仰をあきらめることもありません。すべての人の心を探る神である主イエスはカナンの女のこんな信仰を見て、彼女の信仰が立派だとほめられました。これは、カナンの女の奇特さです!

    パリサイ人は主イエスに対しては、カナンの女と全然違う態度を取りました! パリサイ人は代々ヤーウェ神を信じ、長年神殿の中で神に仕え、また律法、戒めに精通していました。主イエスが来て働かれた時、彼らは主イエスが口ずから宣べ伝えた言葉を聞き、また自分の目で主イエスの行ったしるしや奇跡を見たけれど、外見が正常で、父母も姉妹も持つ主イエスの正常な人性だけを重んじるため、主イエスが一人の人だと罪定めしました。彼らは主イエスの働き、言葉から神の神性の本質を認識せず、かえって主イエスが冒涜の言葉を言ったとはばかりなく罪定めし、また主イエスの肉体を冒涜し、神の働きを否み、罪定めしました。最終的に、彼らは主イエスを十字架につけて、この上なく大きな罪を犯してしまい、そのため神に呪われました。ここまで考えた時、わたしの心の中の疑問は解消され、主イエスがカナンの女を良しとしたのは、カナンの女が本当の信仰を持っていて、主イエスの働き、言葉を通して、主イエスが来たるべきメシアであることを知ることができるからだと分かりました。

    マタイによる福音書第15章22節から28節の言葉を分析することによって、わたしは次のことが分かりました。主の到来を迎える上では、わたしたちもカナンの女のように神に対する本当の信仰を持つべきです。神の言葉と働きを通して神を認識することは非常に重要です! そうしてこそ、「わたしの羊はわたしの声を聞き分ける。わたしは彼らを知っており、彼らはわたしに従う」(ヨハ10:27)という主の願いを満たすことができます。

    コメントを残す

    あなたは「子供のようになりたい」のか

    天の国は神の国、聖なる神の国であり、信者のわたしたちが寝ても覚めてもあこがれている所です。主イエスが受肉して天の国の福音をもたらしてから二千年の間、わたしたちすべての信徒は主が再来される時、自分は生きていて、しかも主によって天の国の中に携え上げられると望んでいます。わたしは常にこう考えます。「主が来…

    6種の言動を見るだけでも、あなたが主と正常な関係を持つかどうかを知ることができる

    あなたは主と正常な関係を持っていますか 一部の兄弟姉妹たちはこの質問を聞いた後、「神との正常な関係は一体どういう関係ですか」と聞くかもしれません。実は、正常な関係は、被造物と造物主の関係です。わたしたちが神を神として礼拝し、神に従うようになったら、神と正常な関係を持つようになります。つまり、わたした…

    誠実な人こそが心から神を愛することができる

    主イエスはわたしたちにこう教えられました。「はっきり言っておく。心を入れ替えて子供のようにならなければ、決して天の国に入ることはできない」(マタ18:3)。主はわたしたちが子供のようになることを要求されますが、では主が言うような子供はどんなふうな人ですか。単純で誠実で、神をひたむきに愛していて、神を…

    あなたは機会をとらえたのか

    ある日、わたしはこういう物語を読みました。一人の豪商はポスターを貼って、皆さんにこう教えました。だれでも某日午前9時から12時までに彼の会社に来るなら、彼はその者のために借金を完済すると。しかしその日になったら、町の多くの人はやじ馬見物をするが、誰一人彼の会社に入りませんでした。11時頃になってはじ…

    聖書に述べられている「勝利を得る者」とはどういう意味か

    主を信じるすべての人は主の心にかなう人、勝利を得る者になりたく、十四万四千人の勝利を得る男の子の一人になりたいです。勝利を得る者が言及される時、ある兄弟姉妹がこう言うかもしれません。「わたしたちが主の御名を守り、主のために労苦し働き、さまざまな迫害、患難の中で主の証しのために立つことができれば、勝利…

    誠実な人になってこそ、天の国に入ることができる

    聖書の中で、主イエスはこう言われました。「はっきり言っておく。心を入れ替えて子供のようにならなければ、決して天の国に入ることはできない」(マタ18:3)。わたしは主イエスのこの言葉を読むことによって、次のことが分かりました。神は誠実な人が好きです。彼はわたしたちが神の前で偽りを言わず、己を偽らず、子…

    救われる=天の国に入る?

    今日、わたしは道を説く時、大災難がもうすぐ起こると言い、兄弟姉妹たちに積極的に集会に参加し、もっと多く聖書を読み、現実生活の中で主の道を行い、目を覚まして主の到来を待つように要求しました。わたしは一部の兄弟姉妹が依然として力を持たず、自分が天の国の中に携え上げられることができるかどうかを疑うのを見て…

    神との関係が正常かどうかを判断する三つの基準

    神を信じるすべての人は、自分が神と正常な関係を築いて、神に認められ、神に良しとされることを望んでいます。しかし、人が神を信じると、神に良しとされることができるというのではありません。パリサイ人のことを例にあげましょう。パリサイ人は神を信じながら、神に逆らうようなことをしていました。彼らは神と敵対関係…

    聊天前请阅读并同意我们的隐私权政策。

    您已阅读并同意我们的隐私权政策吗?