説教師の悩み-主イエス・キリストの再臨をお迎えする方法とは

私は教会で説教師をしているのですが、宣教するに値することが何もなく、兄弟姉妹たちに有益な啓示をすることができません。彼らの信仰は全般的に弱く気が抜けてしまった状態にあり、集会になると彼らは居眠りをするか、小声でお喋りをするといった始末です。教会で普段からこういう状況を目にしていると、いつもとてもイライラしてしまいます。私は幾度となく主に祈り、何度も兄弟姉妹たちに集中して注目するように注意しているのですが、彼らは主の再臨を受け入れられていないので、信仰を失ってしまっています。私は何を試しても教会を蘇らせることができません。そして、今は終わりの日で、不信者でさえ大災害が近々起こることを知っています。だからこそ、主が再臨されると考えるのは当然のことだと言えます。ならば、どうして私たちは主をお迎えすることができていないのでしょうか?私たちは本当に、ただ単に雲と空を見つめているだけで主の再臨をお迎えすることができるのでしょうか?私の心はつい最近までひどく混乱していました。

説教師の悩み,主イエス・キリストの再臨をお迎えする方法とは

私がやる気をなくし、困惑していた丁度その時、私の同労者3人、リュウ姉妹、ヂャン兄弟、そしてワン兄弟が私を尋ねて自宅までやってきました。なので、私は彼らに自分の悩みを話しました。

ワン兄弟は言いました、「荒廃した教会はもう既に宗教界全体でごく一般的な現象となっています。しかし、牧師と説教師たちの多くは自分たちの地位と生活を維持するためにこれを認めようとしません。なので、彼らは自分たちが得たものにしがみ付いているのです。しかし、災害はその勢力をどんどん増し、ブラッドムーンも既に4つ観測されており、それは聖書の中のヨエル書に記されたこの預言を成就しています:「その日わたしはまたわが霊をしもべ、はしために注ぐ。わたしはまた、天と地とにしるしを示す。すなわち血と、火と、煙の柱とがあるであろう。ヤーウェの大いなる恐るべき日が来る前に、日は暗く、月は血に変る。」近頃、私はこの預言についてよく考えるのですが、4つのブラッドムーンの出現は ‘日は暗く、月は血に変わる。’ の部分を成就しているように思えます。この預言は、「ヤーウェの大いなる恐るべき日が来る前に」、とも述べています。そして、「大いなる恐るべき日」というのは大災害のことではないかと思うのです。さらに、「その日わたしはまたわが霊をしもべ、はしために注ぐ」、という部分は大災害が起こる前の時期に神がなさる働きのことを指しているに違いありません。このように、私はこの預言の節を受け入れました。大災害が起こる前に、神の御霊は語り、それは神の御言葉を神のしもべとはしために注がれるように思います。私は聖霊が終わりの日に新たな段階の働きをなさるような気がしています。

「ここで言う神の御霊の御言葉は、聖霊が教会に語りかけるというヨハネの黙示録に記されている預言に関連しているように思えます。聖書の説明者の大多数が、神は大災害の起こる前に勝利者の集団をお作りになると確信しています。これについて、私は、神の御霊が語ることと神が勝利者の集団をお作りになることは間違いなく関連していて、勝利者全員が神の目前で神のしもべとはしためになると思っています。」

全員がこれに啓発されて、ワン兄弟に目を向けました。

私がワン兄弟の言った内容について熟考していた時、ヂャン兄弟がワン兄弟に続いてこう言いました:「もし本当にそうだとしたら、私たちは聖霊の御言葉を探しているべきでしょう。私たちは神から排除されて大惨事を被ったパリサイ人のようになってしまうのを防ぐために、聖霊の御言葉のある場所を見つけるべきです。」

これを聞いて、私は心の中で更なる希望を感じました。私は言いました:「あなたの交流を聞いていたら、主イエス様のこの御言葉が頭に浮かびました、「 求めよ、そうすれば、与えられるであろう。捜せ、そうすれば、見いだすであろう。門をたたけ、そうすれば、あけてもらえるであろう。」(マタイによる福音書07章 07節)、「義に飢えかわいている人たちは、さいわいである、彼らは飽き足りるようになるであろう。」(マタイによる福音書 05章 06節)私たちは急いで聖霊の御言葉を探して、聖霊が語りかけている教会を見つけるべきだと思います。そうしないと、うかつにぶらぶらしているだけでは主から捨てられてしまわないかと心配です。」

すると、リュウ姉妹が抑えた口調で言いました:「神の御霊が語るということは、聖霊が教会に語りかけているということだとあなたは言われましたが、私はそれを受けて東方閃電の信者たちが全能神を主の再臨として証言していることについて考えました。全能神は真理をたくさん表され、教会を起点に裁きの働きをされ、現在は勝利者の集団を作っておられます。これは神の御霊が神のしもべとはしために神の御言葉を注いでおられるということに関連していると思いますか?もしそうならば、私たちは早急に東方閃電が神の御業なのかどうかを調査するべきです。」

ワン兄弟はこう言いました:「はい、私もそう聞きました。主の再臨をお迎えすることについてですが、主イエス様はとても重要で、かつ重大なことを仰り、それは私たちが賢い乙女になることを後押ししてくださります。主はこう仰ったのです:「夜中に、『さあ、花婿だ、迎えに出なさい』と呼ぶ声がした。」(マタイによる福音書 25章6節)これより、主は再臨なさる時に人々を遣って、主を待ちわびている人々全てにその御声をお伝えになることが分かります。私たちは主の再臨を証言する人々がいると耳にしたら、賢い乙女になって、注意深く主の御声に耳を傾けるべきです。そうすれば、私たちは主の再臨をお迎えすることができるでしょう。」

説教師の悩み,主の再臨をお迎えする方法とは,主の御言葉

すると、リュウ姉妹がこう言いました:「私には遠く離れて暮らし全能神を信仰するようになった従妹がいるのですが、彼女は私に福音を説いてくれました。私はそれについて彼女と議論したのですが、私たちの教会の牧師が東方閃電の持つ書籍を読む人は除名すると脅かしてくるので、それ以上は調査しませんでした。私の従妹は主の預言について話してくれました。例えば、ヨハネの黙示録16章15節‘「 見よ、わたしは盗人のように来る。」、それからマタイによる福音書25章6節、「 夜中に、『さあ、花婿だ、迎えに出なさい』と呼ぶ声がした。」、さらにヨハネの黙示録03章20節「見よ、わたしは戸の外に立って、たたいている。だれでもわたしの声を聞いて戸をあけるなら、わたしはその中にはいって彼と食を共にし、彼もまたわたしと食を共にするであろう。」主の御言葉によると、主は盗人のように来られ、誰かが ‘夜中’ に ‘花婿が来る’ のを目撃するということは、神は人々が知らぬ間に人の子として受肉され、御言葉を表して働きをするために静かに、そして秘かに来られるということだと、彼女は言いました。それは全ての人が知ることではありません。主の御声が聞けて、主の御心に気が付く人たちのみが主を受け入れることができるのです。 私の従妹は、主の再臨の証言する人がいると聞いて、注意深く主の御言葉に耳を傾ける人なら誰でも神の御座の前に引き上げられ、主と食事をするとも言いました。」

ワン兄弟はこう言いました:「これらの預言の中で、主イエス様は再臨なさる時に人々全員が主の御姿を目にするわけではないと確かに仰っておられます。主の御声を聞く人々のみ、主をお迎えすることができるのです。主の来臨をお迎えしたければ、主の御声を聞くことにとても慎重な注意を払う必要があるようです。」

ヂャン兄弟は考え込むように私たちの方を見てこう言いました:「あなたの交流はとても合理的です。天地は滅びても、主の御言葉は一画もすたることはないのです。主はこう仰りました、「そして、行って、場所の用意ができたならば、またきて、あなたがたをわたしのところに迎えよう。わたしのおる所にあなたがたもおらせるためである。」(ヨハネによる福音書14章3節) これは間違いなく実現します。主の預言がどのようにして実現し、成就されるかについてですが、私たちには理解できない奥義と真理があるはずです。私たちはただ単に牧師に従って東方閃電を拒否し、非難するのではなく、急いで調査に取り組むべきのように思えます。そうしなければ、私たちは主に捨てられてしまい、それを後悔する時間すら無くなってしまいます!」

ワン兄弟はこの題目について続けてこう言いました:「そうですよ、私たちは主の再臨をお迎えし、天国に引き上げていただくために人生の半分も主を信仰してきたのです。私たちは既に主の再臨について耳にしている訳ですから、探求して調査するべきで、牧師たちからの抑制に屈しているべきではありません。’タンジェリンは食べてみないと酸っぱいのか、甘いのかも分からない’、という諺があるくらいですから。」

私は兄弟姉妹たちの交流を聞いて、自分の抱える困難を解決できたことを主に感謝します。私は宣教することがないという問題を解決するため、これ以上は時間を浪費せず、直ちに聖霊の働きが宿る教会を探しなければならないと思います。もし主が本当に再臨されておられるのなら、私は少なくともこうすることで、天国に引き上げられるという人生において極めて重大な出来事を兄弟姉妹たちが逃してしまう原因にはならずに済むことでしょう。

通読おすすめ:

ディ ボー ション ノート-イエス・キリストの再臨の方法

聖書の部屋へようこそ。私たちのWebサイトのコンテンツに関してご提案、或は信仰における悩みやその他いろいろご質問がありましたら、私たちと分かち合いましょう。主イエス様は言われました。「わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互に愛し合いなさい。」(ヨハネによる福音書 15:12)いのちの成長を目指して、キリストにあってお互いに支え会いましょう。私たちが聖書の奥義を知り、神様に対する認識が深まるように、神様が導いてくださいますように。次の方法で私たちと連絡を取ることができます。ご連絡をお待ちしております。1.ウェブサイト下部にあるオンラインチャットウィンドウを利用。2.info@bible-jp.orgにメールを送信。

アプリ「やさしい聖書」:好きなときに聖書を読んで、主と共に歩もう
iOS、Android用の無料アプリ

コメントを残す