キリスト教讃美歌「最も人を愛するのは神だけである」神様の愛はとても真実である

    2019.05.28 +19

    最も人を愛するのは神だけである


    終わりの日に神は肉となる
    愛する人を救うため
    愛に駆られ
    愛を基礎として
    神は今日の業を行う
    神は肉となり、恥辱を受け
    汚れ傷ついた者達を救う
    この痛みに耐え
    神は、何度も計り知れない愛を示す
    どの魂も神は失くしたくない
    自分の将来を気にせず
    いのちをどう慈しむのか知らない人を
    神だけが愛す Oh...oh...


    癒し、励まし、裁きと呪い
    暴露、そして約束
    "どの神のことばもみな
    神の愛による"
    神の業の真髄だ
    こんなにも大勢が、近づいて従い
    力を得ているのはなぜ?
    それは、神の愛と救いを見たから
    神は遅れず、タイミングは完璧だ
    どの魂も神は失くしたくない
    自分の将来を気にせず
    いのちをどう慈しむのか知らない人を
    そう、神が、神だけが愛す


    自分を一番愛するとは
    どんな愛なのか?
    神の愛こそ真実だと
    あなたは知るだろう
    受肉せず、導かず、人と生きぬ神なら
    その愛を知ることは出来ない
    どの魂も神は失くしたくない
    自分の将来を気にせず
    いのちをどう慈しむのか知らない人を
    そう、神が、神だけが愛す
    そう、神だけが愛す
    ああ、神はこんなにも人を愛している

    もっと見る:

    キリスト教音楽「時」神は愛です