キリスト教徒映画「いつも誠実な心を」クリスチャンは職場で神様に栄光をもたらす

    2019.06.13 +41

    王欣宇と彼女の夫は衣料品店を経営し、最初は誠実で良心的に店を切り盛りしようとしていますが、あまり儲からず、生活が大変苦しくなります。一方、同輩たちは嘘や詐欺で商売を成り立たせており、夫妻は彼らがそうして車や家を買って贅沢な生活を送っているのを見ると、「取り残されるものか」と決心します。同輩たちに唆されて社会の風潮に従い、嘘とぺてんによる商売を始めます。数年経つと、いくらかお金ができても良心は不安になることが多く、心は空っぽな気分です。そんな中、終わりの日の神の福音を受け入れ、神の御言葉を読むことで、神が正直者を好み、不実な者を忌み嫌われることを知り、正直者が神の祝福を受けることを学びます。しかし同時に、世界の悪と闇を目の当たりにし、「誠実に商売しても金にならないのではないか。むしろ金がなくなってしまうのでは」と懸念しますが、尚も嘘とぺてんで顧客を欺き続ければ、「これだから神に嫌われるんだ」と自覚します。…幾度かの奮闘と失敗を経て、最後には神の御言葉通りの正直者になることを選び、神からの祝福に驚嘆します。商売はもちろん繁栄し、正直者であることによる平和と安心も享受するのです。

    もっと見る:

    私は正直になることの幸福感を味わった

    聊天前请阅读并同意我们的隐私权政策。

    您已阅读并同意我们的隐私权政策吗?