クリスチャンの生活と証し・映画「救い」 真の救いとは何か・完全な映画

    2019.03.03 +35

    救いとは何でしょうか?主イエスを信じる者は、誠実に主に祈って罪を告白し悔い改めれば、罪は赦され、救われ、主が再臨するとすぐに天国へ引き上げられると信じています。 しかし、救いとは本当にそんな簡単なものなのでしょうか?

    この映画の主人公であるシュウ ジチァンは、長年神を信じ、熱心に神のために努力し、本分を尽くすために、あらゆることを犠牲にしてきました。そのため中国共産党に逮捕され、拷問されます。刑務所から釈放された後は、本分を尽くすことを続け、実践的な経験を積み、その説教や働きは兄弟姉妹の実際の問題を解決します。その後、妻も逮捕されますが、不平を言ったり諦めたりくじけることはありません。このことで兄弟姉妹から賛辞を受け賞賛されます。シュウ ジチァンは真理の現実を知っているので間違いなく神の国に入れると信じています。しかしすぐに予期せぬ試練が起こります。中国共産党の警察による拷問を受け、妻が亡くなるのです。シュウジチァンはひどく取り乱し、神についての観念や誤解、不満をもつようになり、神への反抗や裏切りさえ考えるようになります…。しかし後になって、神を裏切っていることに気付くと、反省し、自分のように試練を受け、不平を言ったり神を誤解したり裏切ったりする人々が、真に救われるのだろうかと考えるようになります。このような者は本当に神の国に入る資格があるのでしょうか?

    通読おすすめ:

    映画「救い」のレビュー:救いに関する2つの誤解の分析

    聊天前请阅读并同意我们的隐私权政策。

    您已阅读并同意我们的隐私权政策吗?