クリスチャンの生活と証し・映画「福と禍」主イエスは私が幸せな人生を見つけるように導く

    2018.11.24 +37

    杜鵑は貧困家庭の出身だったので、小さな頃から大金を稼いでもっと良い暮らしをしようと心に決めていました。この目標のために、学校を中退して手作業の仕事に就きました。お金を稼ぐためにできることは何でもやり、仕事がきつくて疲れても、不平不満は漏らしませんでした。しかし、お金持ちになりたいう希望はかなわず、どんなに一生懸命働いても、思い通りには行きませんでした。大金を稼ぐことを夢見て、2008年に彼女は夫と一緒に日本に向かいました。数年後、彼女は仕事の重圧とと働きすぎによって倒れてしまいました。病院の検査結果を知り、彼女の気持ちはかつてないほど落ち込みました。しかし、想いを叶えるため、杜鵑はまだ降参するわけにはいきませんでした。病気を抱えながら働き続けました。夢を叶えるまで戦い続ける心構えでした。ところが病気は悪化し続け、どうにも身体が辛く、やむを得ず、金を追い求めることを一時中止したのでした。痛みに耐えながら、じっくりと考えてみると、結局のところ、人間が生きる意味は何なんだろうという考えに行きつきました。お金のために命を危険にさらす価値があるのかしら?お金がある人生が幸せな人生ということなのかしら?こんな考えが彼女の頭の中に浮かび続けたのです。そうするうちに全能神の最後の日々の救済に出会いました。全能神の言葉から、人生の苦痛の源を知り、人間が何のために生きるべきか、どのように生きるべきかも理解できました。これらを理解したうえで、意味ある人生を生きることができるのです。この時の経験を考えるたび、杜鵑の胸にはなんとも言えない感慨がこみ上げため息をつくのでした。この病気との闘いのうちに、まさに災い転じて福となったのです。

    通読おすすめ:

    キリスト教映画「わが子よ 家に帰りなさい!」

    キリスト教映画「私の家はどこに」-日本語吹き替え

    聊天前请阅读并同意我们的隐私权政策。

    您已阅读并同意我们的隐私权政策吗?