キリスト教映画「ついに訪れた幸せ」予告編

    2019.08.14 +38

    キリスト教映画「ついに訪れた幸せ」予告編 日本語吹き替え

    お金を稼いでいい生活を送るため、丁瑞琳と彼女の夫は商売を始めるためにきつい重労働をしています。しかし中国共産党政府による搾取と不当な扱いのせいで夫妻には多くの借金が残り、外国に出て働くしか選択肢がありません。さらに多くの収入を得ようと、丁瑞琳は二つの仕事を掛け持ちします。仕事の重荷と周囲の人たちの無関心は、金銭のために生きることの苦痛と無力を彼女に気づかせます。苦しみと混乱の中、彼女は高校のクラスメート林智欣と出会います。話をする中で、林智欣が神様への信仰のおかげで多くの物事を理解するようになっていたことを丁瑞琳は知ります。神様の臨在があるので霊の平和と幸福を感じ、穏やかかつ楽な状態で暮らしているというのですが、それを聞いた丁瑞琳は自分も神様を信じたいと望みます。程なく、丁瑞琳夫妻はさらに収入を増やそうとレストランの経営を引き継ぎますが、長期にわたる疲労のせいで丁瑞琳は重い病気にかかり、そのため麻痺状態に陥る危険にさらされます。病気の苦痛にさいなまれた丁瑞琳は人生について考え始めます。人は何のために生きるべきか。富や名声に自分の命を捧げる価値はあるのか。金銭は人が空虚さや惨めさから脱出する手助けをできるのか。それは人を死から救えるのか。神様の御言葉に関する姉妹たちの話を通じ、丁瑞琳は人生についてのこうした疑問にはっきりと答えを見つけることができ、人生の中で追い求めるべき一番大事なものについて知り、ついに霊の解放を見つけます。神様の御言葉にあるお導きを通じ、丁瑞琳は最後に人生における幸福を発見します…

    もっと見る:

    聊天前请阅读并同意我们的隐私权政策。

    您已阅读并同意我们的隐私权政策吗?