神が人類のために造った基本的な生活環境-光

    2018年 11月 06日

    4番目の物事は、人間の目に関する事柄、すなわち光である。光は極めて重要である。あなたがたが眩しい光を見た時、そしてその光がある程度の光度に達した場合、あなたがたは盲目になる。つまるところ、人間の目は、肉の目である。肉にある目は損傷に耐えられない。太陽の光を敢えて直視する者が居るだろうか。(居ない。) 直視してみたことのある者は居るだろうか。試しに直視した者が一部に存在する。サングラスをかければ、直視することが出来るであろう。直視するには、道具の助けが必要となる。道具が無ければ、人間は敢えて裸眼で太陽を直視しない。人間には、太陽を直視できる能力が無い。神は、人間に明るい光を与えるために太陽を造ったが、神はこの光も操作した。神は太陽を造った後、太陽をそのまま放置して無視していたということは無い。「人間の目が太陽に耐えうるかなど関係ない。」などということは、神は決してなさらない。神は極めてきめ細やかに業を行い、あらゆる側面を考慮する。神は、物を見ることができるように、人間に目を与えたが、同時に人間が見ることの出来る光度の範囲も設けた。光量が不足すると、人間の目は見ることができない。人間が目の前にある自分の手を見ることが出来ないほど暗い場合、人間の目は機能しなくなり、役に立たない。人間の目は光量が多すぎる場所に耐えられず、その場合も何も見えなくなる。したがって、人間の生活環境において、神は人間の目に適した量の光を与えた。この光は、人間の目に損傷を与えない。さらに、この光は人間の目の機能を停止させることも無く、この光により、人間が見るべきもの全てを明瞭に見ることが出来ることが保証されている。神が太陽と地球の周囲に適量の雲を加えたのは、このためであり、また空気の濃度も人間の目や肌を負傷させる光を除去することが可能である。こうした事は相互に関連している。さらに、神が造った地上の色彩もまた太陽光やその他の光を反射させ、人間を不快にする光量の一部を除去する。こうしたわけで、人間は、屋外を歩く場合や生活する時に、色の濃いサングラスを常時着用する必要が無い。通常の条件下では、人間の目は視界内の物を見ることが可能であり、光により妨害されることは無い。つまり、この光は眩しすぎることも暗すぎることも無い。光が暗すぎる場合、人間の目は損傷し、間もなく目が機能しなくなり、使えなくなる。光が明るすぎる場合、人間の目はそれに耐えきれず、30年から40年、あるいは40年から50年後には、その目を使えなくなる。つまり、この光は人間が見るのに適しており、光による目の損傷は、神の様々な手段により最低限度に抑制されている。光が人間の目に利益をもたらすか、問題をもたらすかを問わず、光は人間の目を人間の寿命に達するまでの期間にわたり耐用可能とするに十分である。そうではないか。(その通りである。)神はそのことを極めて周到に考慮していたであろう。しかし、サタンすなわち悪魔が業を行う時は、そうしたことは一切考慮しない。サタンは、何かが人間に危害を加えるかどうかなど、全く気にしない。サタンは生態環境に危害を加える業を多数行って来ており、人間は現在その一部を理解するようになった。光は眩しすぎたり、暗すぎたりして、人間の感情を全く考慮していない。

    神が人類のために造った基本的な生活環境,光

    神は視力、聴力、味覚、呼吸、感情など、人体の全側面について考慮し、人間の生存のための順応力を最大限に発揮させているので、人間は普通に生活を続けることができる。神が造った、こうした既存の生活環境は、人間の生存に最適かつ最も有益な生活環境である。こうしたことはとりわけ重要ではなく、すべて至って普通であると考える者も居るであろう。音、光、そして空気は、人間が生来持っているもの、生まれた時点から享受出来るものと感じるものである。しかし、人間がこれらのものを享受する陰で神が行った業は、あなたがたが知る必要のあることである。簡潔に言うと、これらのものを知る必要があると感じるかどうかを問わず、神がこれらのものを造った時、神は配慮し、計画を立て、一定の概念を持っていた。神は単純に、何気なく、あるいは何も考えること無しに、そうした環境の中に人間を置いたわけではない。わたしが話をした物事は、いずれも大したことが無いと考えるかも知れないが、わたしの考えでは、神が人類に与えた物事は、いずれも人類の生存に必要なものである。こうしたものには、神の業が行われている。

    通読おすすめ:

    神の権威により、第一の日に人類の昼と夜が生まれ、確立した

    聖書の部屋へようこそ。あなたが信仰上で困惑や困難にぶつかることがございましたら、いつでも私たちにご連絡ください。あなたの助けになることを望んでいます。私たちがキリストの中に互いに愛し合うように。

    コメントを残す

    信仰の無い人々の生死の周期

    それでは、まず信仰の無い人々の生死の周期の話をする。ある者が死ぬと、その者は霊界の執行官により取り去られる。それでは、その者の何が取り去られるか、というと、それはその者の肉体ではなく、魂である。その者の魂が取り去られると、死んだばかりの者の魂を受け付けることを専門とする霊界の部局に辿り着く。(注:死…

    人間生存のために神が作った最も基本的条件から、神が人類に与えるものが分かります

    人間の生存のためのこれら五つの基本的条件を神が取り扱った方法から、神が人類に与えるものが分かりますか。(はい。)つまり、神は人間生存のための最も基本的条件を作ったのです。同時に、神はこれらを管理し、制御し、人間が存在するようになって数千年を経た今も、依然として継続的に人間の生活環境を変化させ、人類に…

    神は人間のために用意した様々な植物性の食料

    ここまでは、全体的な環境、すなわち神が世界を創造した後に人間のために用意した、人間の生存に必要とされる条件について話をした。5つの物事について話をしたが、この5つの物事が、全体的な環境である。次に話す内容は、肉にある人間全員の生活と密接に関連する事柄である。それは、肉にある人間の生活に一層よく当ては…

    神は万物間の相互関係の釣り合いを取り、人間に安定した生存環境を与える

    ...次に、もうひとつの側面、すなわち、神が万物を支配する、ある方法について話をする。その方法とは、神が万物を造った後に、万物の相互関係の釣り合いを取った方法である。これもまたかなり大きな事項である。万物の相互関係の釣り合いを取ることは、人間が行うことの出来ることであろうか。人間のみでは不可能である。…

    境界は、人間の様々な生活様式に基づいて発展した

    神は万物を造り、その全てについて境界を定め、その中であらゆる生き物を育んだ。万物があらゆる種類の生き物を育んでいたが、それと同時に、神は人間のために様々な生存手段を用意したので、人間の生存手段は1つだけでは無いことがわかる。また人間の生存環境も、1種類だけでは無い。神が人間のために様々な食料や水源を…

    神が人類のために造った基本的な生活環境-気温

    2番目の物事は、気温である。気温が何かは誰でも知っている。気温は、人間の生存に適した環境に備わっていることが必要とされるものである。摂氏40度を超える場合など気温が高すぎる場合、人間の生活は極めて過酷なものとなる。そうした気温は、極めて体力を消耗させるものではなかろうか。摂氏零下40度を超える場合な…

    神は様々な地理環境の境界を定めました

    本日は、こうした神が人間と万物に与えた律法により、どのようにして人類が育まれているかについて話をする。それでは、この主題はどのようなものであろうか。この主題は、こうした神が万物に対して与えた律法が、どのようにして人間を育んでいるか、ということである。これは極めて大きな主題なので、いくつかの部分に分け…

    物語:大いなる山、小川、強風、そして巨大な波

    曲がりくねった小川があり、その小川は大きな山の麓へと流れ込んでいた。この山は小川の流れを遮っていたので、小川は「私を通してください。私の進む道にあなたが立って先へ進むことが出来ません。」と、か弱い小声で山に頼んだ。すると、山は「どこへ行くのか」と尋ねた。小川は「自分の故郷を探しています」と答えた。山…

    聊天前请阅读并同意我们的隐私权政策。

    您已阅读并同意我们的隐私权政策吗?