神が人類のために造った基本的な生活環境-空気

    2018年 11月 08日

    神が人類のために造った基本的な生活環境,空気,創世記

    まず、神は人間が呼吸できるように、空気を造った。この「空気」は、人間が日常生活において常に接している空気ではないのか。この空気は、就寝中も含めて、常時人間が依存している物ではないだろうか。神が造った空気は、人間にとって計り知れないほど重要なものである。空気は人間が呼吸するとき毎回必要不可欠であり、命そのものに不可欠な物である。感じることのみ可能であり、目に見えない、この空気という物質は、万物に対する神の最初の賜物である。空気を造った後、神はそれで業を終わりにしたであろうか。これについては、人間の想像を超える側面が多数ある。空気を造った後、空気の正確な濃度や量を、人間の生存に応じて供給する必要があった。濃度については、まず酸素含有量の問題がある。これは物理学の問題である。神が空気を造った時、神は何を考えていたであろうか。神が空気を造ったのは何故であろうか。また神の理由付けはどのようなものであったであろうか。人類には空気が必要であり、呼吸する必要がある。まず、空気の濃度は、人間の肺に対応する必要がある。あなたがたのうち、空気の濃度を知っている者は居るだろうか。空気の濃度は、人間が知る必要のあるものでは無い。空気の濃度を知る必要は無い。その概要について知るのみで十分である。空気の濃度について、正確な数値を把握する必要は無い。まず、神は、人間の肺による呼吸に最適な濃度で空気を造った。空気は人間の呼吸に適したものにした。つまり、空気は、呼気時に身体を害さない濃度である。これが空気の濃度の根本となる概念である。空気の成分は、概して人間に無害であるので、肺や身体に危害を与えることは無い。神はそうしたこと全てに配慮する必要があった。神は、人間が呼吸する空気は円滑に人間から出入りする必要があり、また吸い込んだとき、空気の成分と分量は、血液や肺や身体内部の排気が適切に代謝されるものである必要があり、また空気には有毒な成分が一切含まれていないものである必要があると考えた。こうした2つの基準について、わたしはあなたがたに大量の情報を与えることを望んではおらず、神が万物を造った時、それぞれについて最良の物とするため、神には特定の思考過程があったということを、あなたがたに知らせたいだけである。空気中の粉じん、土中の粉じんや砂、泥、空から舞い落ちる粉じんの含有量についても、そうした物質を除去ないし分解する方法に関し、神には計画があった。神は、粉じんが多少含まれて居ても、それが人間の身体や呼吸を阻害することなく、また粉じんが人体に危害を加えない大きさとなるようにした。神による空気の創造は神秘であっただろうか。(神秘であった。)それは、神が口から空気を吐き出すだけの、簡単な作業であっただろうか。(そうではなかった。) どれほど単純な創造物であっても、そこには神秘や神の心、神の考え、神の知恵が見られる。神は現実的であるだろうか。(現実的である。)つまり、単純な物を造る時でも、神は人類のことを考慮していた。第一に、人間が呼吸する空気は汚染されておらず、毒性が無く、人間の呼吸に適したものであり、人間に危害を与えず、またその濃度は人間の呼吸に合わせて調整されている。人間が呼吸する空気は人間の身体に不可欠である。したがって人間は制約や懸念なく、自由に呼吸することができる。人間は普通に呼吸可能である。空気は神が最初に造ったものであり、人間の呼吸に不可欠なものである。

    通読おすすめ:

    神が人類のために造った基本的な生活環境-光

    聖書の部屋へようこそ。あなたが信仰上で困惑や困難にぶつかることがございましたら、いつでも私たちにご連絡ください。あなたの助けになることを望んでいます。私たちがキリストの中に互いに愛し合うように。

    コメントを残す

    物語:大いなる山、小川、強風、そして巨大な波

    曲がりくねった小川があり、その小川は大きな山の麓へと流れ込んでいた。この山は小川の流れを遮っていたので、小川は「私を通してください。私の進む道にあなたが立って先へ進むことが出来ません。」と、か弱い小声で山に頼んだ。すると、山は「どこへ行くのか」と尋ねた。小川は「自分の故郷を探しています」と答えた。山…

    神が人類のために造った基本的な生活環境-光

    4番目の物事は、人間の目に関する事柄、すなわち光である。光は極めて重要である。あなたがたが眩しい光を見た時、そしてその光がある程度の光度に達した場合、あなたがたは盲目になる。つまるところ、人間の目は、肉の目である。肉にある目は損傷に耐えられない。太陽の光を敢えて直視する者が居るだろうか。(居ない。)…

    信仰の無い人々の生死の周期

    それでは、まず信仰の無い人々の生死の周期の話をする。ある者が死ぬと、その者は霊界の執行官により取り去られる。それでは、その者の何が取り去られるか、というと、それはその者の肉体ではなく、魂である。その者の魂が取り去られると、死んだばかりの者の魂を受け付けることを専門とする霊界の部局に辿り着く。(注:死…

    神は万物間の相互関係の釣り合いを取り、人間に安定した生存環境を与える

    ...次に、もうひとつの側面、すなわち、神が万物を支配する、ある方法について話をする。その方法とは、神が万物を造った後に、万物の相互関係の釣り合いを取った方法である。これもまたかなり大きな事項である。万物の相互関係の釣り合いを取ることは、人間が行うことの出来ることであろうか。人間のみでは不可能である。…

    神は、様々な鳥、獣、魚、昆虫、植物の境界も定めた

    ...こうした神が定めた境界のため、様々な地形により様々な生存環境があり、そうした生存環境は様々な鳥や獣にとって好都合であり、鳥や獣に生存空間を与える。このようにして、様々な生き物の生存環境の境界が発展した。次に話をするのは、このことである。次に、鳥や獣、昆虫が棲息する環境は、どのようなものであろうか…

    霊的世界とは何であろうか

    それでは、霊的世界について話をしよう。霊的世界とは何であろうか。わたしが簡潔に説明する。霊的世界とは、物質世界とは異なる重要な場所である。それでは、わたしがそれを重要であると言う理由は何であろうか。これについて詳細に話をする。霊的世界の存在は、人間の物質世界と不可分の関連性がある。霊的世界は、神によ…

    物語:種、土、木、日光、鳴き鳥、そして人間

    一粒の種が、土に落ちた。大雨が降った後、種は柔らかい芽を出し、根はゆっくりと種の下にある土の中に入っていった。やがて、激しい雨風に負けず、変わる季節の中で、月の満ち欠けとともに、その芽は伸びていった。夏には、芽が激しい暑さに耐えられるように土が水を与えた。その芽は、土のおかげで暑さを感じなかったので…

    神が人類のために造った基本的な生活環境-気温

    2番目の物事は、気温である。気温が何かは誰でも知っている。気温は、人間の生存に適した環境に備わっていることが必要とされるものである。摂氏40度を超える場合など気温が高すぎる場合、人間の生活は極めて過酷なものとなる。そうした気温は、極めて体力を消耗させるものではなかろうか。摂氏零下40度を超える場合な…

    聊天前请阅读并同意我们的隐私权政策。

    您已阅读并同意我们的隐私权政策吗?