神への祈り方-どのように祈れば主は耳を傾けてくださるでしょうか

    2018年 02月 08日

    祈りは、クリスチャンが神との正常な関係を維持する手段の一つです。特に早祷と晩祷はクリスチャンにとって不可欠なことです。内山さんは毎日必ず祈ることにしていますが、しかし主が自分の祈りを聞き入れないといつも感じ、主の臨在さえ感じられません。彼はインターネットで自分の感じを書いた後、すぐ多くの兄弟姉妹の共感を呼びました。

    内山さんの言葉が真実であることを証明するために、一部の兄弟姉妹はまた皆さんに打ち明け話をしました。彼らは次のように言っています。「毎回の祈りの中で多くの言葉を言ったが、多くの時、独り言を言い、或いは空気に対して話すように感じ、主が自分の祈りを聞き入れなかったとはっきり感じました。そのため、自分が主に捨てられたのではないかと疑っています」。

    なぜ主がわたしたちの祈りを聞き入れないのですか。そこには、いくつかの原因があります。

    神への祈り方, どのように祈れば主は耳を傾けてくださるでしょうか

    第一番目の原因は、誠実な心によって主に祈ることをせず、神をごまかし、欺くことです。

    イエスはこう言われました。「しかし、まことの礼拝をする者たちが、霊と真理をもって父を礼拝する時が来る。今がその時である。なぜなら、父はこのように礼拝する者を求めておられるからだ」(ヨハ4:23)。だが、わたしたちは神に祈る時、いつも心を落ち着かせて心から神に祈ることをしません。祈る時、わたしたちの口が動いているが、心の中で家のことや、仕事のことを考えていて、心が乱れています。ある時、誠実な態度で祈り、心から祈ることをせず、口先だけで祈り、形式的に祈り、二言三言言っていいかげんにごまかしてしまいました。しかも、わたしたちが祈る時、いつも大きな話をし、無意味な言葉、尾ひれの付いた言葉を言います。例えば、わたしたちは主より自分の父母や事業を愛しますが、「神よ、わたしはあなたを愛します!」と祈り、家の中で気にくわぬことが起こると、消極的になって主を怨みますが、祈りの中で、主に感謝し、主を賛美するような言葉を言います。……心からの祈りをしないなら、そして祈るばかりで実際の行動が伴わず、祈りの中で大きな話をし、無意味な言葉、心にもない言葉を言ったとしたら、神をごまかし、欺いてしまうことになります。そのような祈りを、神は絶対に聞き入れません。

    第二番目の原因は、祈りの意図、目的が正しくなく、いつも神が自分に何かを与えることを要求し、神に対する従順がないことです。

    わたしたちは多くの時、祈りの中で本当のことを言うのだが、しかしいつも神に何かを要求します。例えば、仕事を持っていない者は、神に仕事を準備してくださるようにと祈り、子供を持っていない者は、神に子供を与えてくださるようにと祈り、商人は自分が神の祝福を得て、もっと多くのお金を稼ぐことができるように祈り、学生は神に賢しさ、知恵を与えてくださるようにと祈り、若者は神によい仕事を与えてくださるようにと祈り、老人は神の守りを得て、病気にもならず災難にも遭わず、無事に晩年を送るために祈ります。しかも、わたしたちは病気にかかったら、神に自分の病気をいやしてくださるようにと祈り、家に困難があったら、神に助けてくださるようにと祈ります。平安がある時、わたしたちは祈って主に感謝し、主を賛美し、しかも心の中に、主の守りを得て、いつまでも平安のうちに生きたいという欲望が生じます。患難に遭った時も、試練を受けた時も、わたしたちは神の支配、按配に従うことができず、神は苦杯をわたしたちから取り去って、わたしたちがもはや苦しみを受けないようにすると望んでいました。その上、わたしたちはいつも間違った位置に立って神に要求し、神がわたしたちの意志によって行うことを要求します。……こうして、わたしたちはそのように祈れば祈るほど、神からますます遠ざかります。なぜなら、そのように祈るのは、神と取り引きし、神を利用して自分の目的を達成するのであり、その中に、神に対する本当の信仰がなく、神に対する真の愛もないからです。神が言われたように、「この民は口先ではわたしを敬うが、その心はわたしから遠く離れている」(マタ15:8)。こういうわけで、そのような祈りを、神は全然聞き入れません。

    第三番目の原因は、わたしたちの教会の中に聖霊の働きがなくて、主がわたしたちの祈りを聞かなくなることです。

    これは最も重要な原因です。律法の時代の初期を思い出してください。あの時、神殿の中で聖霊の働きがありました。人が罪を犯したら、聖霊の懲らしめを受け、神に仕える祭司が律法を犯したら、天から火が下って来て、彼らを焼き殺しました。そのため、人々は神を怖がっていて、神を畏れる心を持っていました。だが、律法の時代の後期、すなわち主イエスが働き始めた時、ユダヤ人が神殿の中で両替したり、牛や羊や鳩を売ったりして、神殿を強盗の巣にしてしまったとしても、聖霊は彼らを懲らしめませんでした。こういう時、聖霊はもう神殿を離れて、主イエスの働きを守り始めました。それなら、人が神殿の中で律法を守っても、ヤーウェ神の御名によって祈っても、聖霊の働きを得られませんでした。こうして、ヤーウェ神に仕える神殿は徹底的に宗教的な場所になりました。

    またわたしたちの教会を見てみましょう。わたしたちの今の教会は律法の時代の後期の教会と全く同じではありませんか。わたしたちは毎回欠かさずに集会に参加し、また教会の復興のために懸命に祈りますが、でも道を説く時、新しい光がありません。そのため、信徒たちも本当の供給を得られません。わたしたちは毎日聖書を読み、祈りますが、しかし聖書を読んだ後、字句の表面上の意味しか理解できず、主の言葉の真意が分かりません。その上、わたしたちは自分の霊の中が干からびて暗いとますます感じ、聖霊の臨在を感じられなくなり、たとえ酒食遊楽にふけり、地位、権勢をむさぼり、絶えず罪を犯すとしても、聖霊の懲らしめを受けません。同労者たちも腹を探り合って暗闘しますが、でも聖霊は彼らを懲らしめません。今、わたしたちは常に罪に征服されても、神に負い目があると感じず、わたしたちは異邦人のようになりました。……そのため、わたしたちはわたしたちの教会の中に聖霊の働きがないとはっきり感じました。

    以上のいくつかの原因のほかに、また別の原因がありますが、ここではもう列挙しません。では、どのような祈りは主に聞き入れられますか。

    ページ: 1 2

    コメントを残す

    賢いクリスチャンは果実によって彼らを見分ける

    「すべて良い木は良い実を結び、悪い木は悪い実を結ぶ。良い木が悪い実をならせることはないし、悪い木が良い実をならせることはできない」(マタ7:17-18)。 今日は、皆さんとあることを分かち合いたいと思います。誰かが主は戻られたと説教するのを聞くとき、彼らが伝道する福音が主の再来の福音であるかをどの…

    神に祈るのは、この3つの点を理解することはとても重要だ

    兄弟姉妹の皆さん:主にある平安がありますように。私たちクリスチャンにとって、祈りは神様との正常な関係を築くために重要です。特に朝夕の祈りは重要です。ですから、どのように祈るかを学ぶことは非常に重要なのです。けれども多くの兄弟姉妹が戸惑いを感じます。私たちは朝晩毎日祈り、食前の感謝と食後の感謝、集会で…

    謙そんして真理を求める人は祝福される人です

    2002年、私の叔母は私に主イエス様の福音を話してくれました。私は、主イエス様が人類の罪を贖うために十字架に釘付けにされたことを知って深く心を打たれ、主の私たちへの愛はとても素晴らしいものだと感じました。従って、私と叔母は一緒に主に祈りを捧げ、人生を通して主に従い、そして主を頼りにしていく決意を伝え…

    キリスト教会番組-2018「歴史からの警告」

    2000年前、主イエスが現れ、働きをなされた時、パリサイ人たちは律法にこだわり、イエスの働きを聖書から外れていると非難した。自分たちの地位と生活基盤を守るため、彼らは人々が主イエスの働きを求めるのを必死で止めようとし、ローマ政府と手を組んでイエスを十字架に釘付けにした。終わりの日において、主イエスが…

    なぜ主イエスは普通の姿で人の間で働かれたのか

    わたしは牧師で、主のために長年働き、道を説きました。しかし、主イエスがこの世に来て働かれる時、なぜ普通で平凡な人の姿を取られたのかという疑問はずっとわたしの心底にあります。主イエスの容貌が平凡なので、多くの人は彼が神ご自身であることを否定します。多数の人は彼を普通の人と見なしてしまいます。特に祭司長…

    賛美歌「神はあなたの心と霊を捜し求めている」歌詞付き

    神はあなたの心と霊を捜し求めている Ⅰ 全能者の命の供給を離れ 生きる意味知らずに 死をまた恐れ 支えはなく、救いもないが それでも目を閉じようとせずに 魂の感覚のない肉体を支え 無理をして良心をごまかして生きている 誰も彼もが望みはなく 目標もなく生存している 伝説の聖なる者だけが救う 彼の到来を…

    神の御心に叶う奉仕は4つの重要な要素を理解しなければなりません

    第1に、私たちは神を愛する心を持ち、主の御心を考慮し、全てにおいて主と心を1つにし、主の親友になろうと一生懸命に努力する必要があります。 主イエス様はこう仰りました:「イエスは言われた、『心をつくし、精神をつくし、思いをつくして、主なるあなたの神を愛せよ』。これがいちばん大切な、第一のいましめである…

    聖霊の働き-わびしい教会のための解決策が見つかりました

    寄稿家:ジエン(香港) 私はもっと分別のある年になった時、自分が人気のない子供であったことに気が付きました。私は幼い頃から残念な経験ばかりしており、歩いているだけでこけてしまうことすらありました。私は自分が本当に運の悪い人だと感じていました。私は、「どうしてなんだ?どうして嫌な目に遭うのはいつも私な…

    聊天前请阅读并同意我们的隐私权政策。

    您已阅读并同意我们的隐私权政策吗?