彼女が大晦日に帰宅できなくなったのは誰のせい

    「リン、リン⋯」シャオリ―は目覚まし時計の音で目が覚めました。彼女は眠そうな目を開けながら枕の横に置いてあった携帯電話を掴みました。彼女の目には北京語と英語の両方で「Happy New Year's Eve」と明るく書かれた赤ちょうちんが映りました。そして、窓の外では爆竹がパチパチと鳴っているのが聞こえました。完全に目が覚めた彼女はベッドから出て、コートで体を包み、朝

    私は大患難を乗り越えて大きな恩恵を授かりました

    全能の神を従うようになった後、私は神を信仰したことを理由に刑務所に入れられてしまいました。当時私は信者になって間もなく、神は、私が頑固たる姿勢で神の証言をするために力を与えてくださいました。しかし、私は自分にそれなりの霊的背丈があると勘違いしてのです。神への多大な信仰、愛、そして忠誠心を持てていると思った私は裁きと刑罰における神の御言葉を頂く

    神の言葉により生まれ変わる

    私は農夫です。私の家族は貧しいので、お金を稼ぐ単発の仕事を見つけるために私はいつも至る所を旅しなければなりませんでした。自分の肉体労働によって良い生活を送ることができると思っていました。しかし、現実には、私のような移住労働者には法的権利が何も保証されていないことが分かりました。私の給料は何の理由もなく天引きされていました。再三再四私は騙され、

    迫害と逆境は私の成長を促した

    かつて、私は「神の知恵はサタンのプロットで実践され、神は賢い神で、サタンは神に敗北した敵である」と理論として知っているのみで、実体験に基づく理解や知識はありませんでした。その後、神が用意してくれた環境を通してのみ、真理のこの側面に対する実体験を得ることができました。 ある日の午後、ミーティングに参加していると、地区リーダーのパートナーが突

    悪意ある弾圧を経験して立ち上がる

    わたしは貧しい遠くの山岳地方で生まれ、そこでわたしたちは何世代にもわたって香を焚き、仏を崇拝してきました。その地一帯には仏寺があり、すべての家族はよく香を焚きに行きました。誰も神を信じていませんでした。1995年、わたしの妻とわたしはその地方の別の地域にいて主イエスを信じていました。帰郷してからわたしたちは福音を分かち合い始め、福音を受け入れた人

    いのちの豊かさ

    全能者である神の終わりの日の働きを受け入れてからの年月は、赤い大きな竜の抑圧の下で、妻と私は共にこれを経験してきました。この期間中、私は信仰が弱くなったり、辛くなったり、涙を流したりもしましたが、この抑圧を経験したことでたくさんのことを学んできました。この辛い経験は、私に赤い大きな竜の反動主義的な邪悪な本性と醜い顔をはっきりと見せただけではな

    聊天前请阅读并同意我们的隐私权政策。

    您已阅读并同意我们的隐私权政策吗?