聖書に述べられている「勝利を得る者」とはどういう意味か

    2017年 07月 29日

    主を信じるすべての人は主の心にかなう人、勝利を得る者になりたく、十四万四千人の勝利を得る男の子の一人になりたいです。勝利を得る者が言及される時、ある兄弟姉妹がこう言うかもしれません。「わたしたちが主の御名を守り、主のために労苦し働き、さまざまな迫害、患難の中で主の証しのために立つことができれば、勝利を得る者になることができ、主が戻られる時、天の国に携え上げられることもできます」と。わたしたちのこのような観点は一体正しいでしょうか。十四万四千人の男の子、すなわち勝利を得る者とは一体どういう意味でしょうか。

    わたしたちは聖書の数節を見ましょう。「また、わたしが見ていると、見よ、小羊がシオンの山に立っており、小羊と共に十四万四千人の者たちがいて……」(黙14:1)。「……彼らは大きな苦難を通って来た者で、その衣を小羊の血で洗って白くしたのである」(黙7:14)。「玉座の中央におられる小羊が彼らの牧者となり、命の水の泉へ導き、神が彼らの目から涙をことごとくぬぐわれるからである」(黙7:17)。「勝利を得る者を、わたしの神の神殿の柱にしよう。彼はもう決して外へ出ることはない。わたしはその者の上に、わたしの神の名と、わたしの神の都、すなわち、神のもとから出て天から下って来る新しいエルサレムの名、そして、わたしの新しい名を書き記そう」(黙3:12)。預言からわたしたちが分かりますが、十四万四千人の勝利を得る者は大きな苦難を通って来た者で、彼らは玉座の中央におられる小羊の牧養を得たので、真理の実際を持つようになり、彼らは自分の「衣」を洗い清め、すなわち神にきよめられ、それゆえに神の新しい聖なる都に生きて、神の特別な恩顧を享受するようになります。つまり「勝利を得る者」は、主を信じた後、苦しみを受け、代価を払い、主の御名を守ることができ、迫害、患難の中でも退かない人を指すのではありません。なぜなら、神を信じるわたしたちが神の新しい御名と、神からの命の言葉、真理を得て、わたしたちの中の罪を取り除いて、きよめられ、変わる時こそ、十四万四千人の勝利を得る男の子の一人になる見込みがあります。これで分かりますが、わたしたちの以前の考え方は成り立ちません。長年主を信じたわたしたちは少し捨て、費やし、外側のよい行為が少しあったけれども、このように費やせば、天の国に入るという祝福を得、この世で百倍を受け、後の世で永遠の命を得ることができるのか、といつも心の中で思っています。主を信じるすべての人はいくらかの外側のよい行為があったが、依然として、昼間に罪を犯し、夜に罪を告白するという状態の中で生きていて、きよめられていません。長年主を信じた後、主に対して本当の認識がないばかりか、かえって自分が一番偉いとうぬぼれ、眼中に何ものもなく、傲慢で一人よがりで、兄弟姉妹をさげすみます。うわべでは、主イエスを信じているのですが、いつも心の中に主の位置がなく、心の中で有名人、気高い姿のある人、大言壮語できる人を崇拝しています。わたしたちは人を崇拝し、仰ぎ見て、心の中に人の位置だけがあり、神を畏れる心を少しも持たないのです。うわべでは、主の道に従えと叫びますが、兄弟姉妹には寛容ではなく、忍耐せず、名利、地位のためには、人と互いに腹を探り合って暗闘し、人に嫉妬し、人と論争することさえします。こうして、わたしたちは自分が常に悪いことばかりを心に思い計らっているのを見ました。それは完全にサタンの表現です。こんなわたしたちが勝利を得る者だと言えるでしょうか。だから、わたしたちの観点は間違っているのです。実は、本当の、勝利を得る者は徹底的に罪悪から逃れてきよめられ、神に味方することができ、死に至るまで神に従うことができる人を指します。神の目には、これこそ無垢な人です。聖書に記されているヨブのことを例にあげましょう。ヨブがサタンの試みに打ち勝ち、神の証しのために立つことができるのは、ヨブが一生の中で神を畏れ悪を避け、神の言葉を守り行い、神に対する本当の認識、勝利を得る命を持っていたからです。神がどのように働き、言葉を言っても、彼は無条件に神に従い、絶対に神に忠実でした。サタンがどのように彼を苦しめても、彼は不平を言わず、神に対する本当の信仰を失わず、神の証しのために立つことができました。またたとえば、ペテロは極みまで神を愛し、神のためにさかさまに十字架につけられ、死に至るまで神に従順で、神のためによい高らかな証しをすることができました。これらのことから、わたしたちは彼らこそキリストの精兵、サタンに打ち勝つ人だと見ました。

    ヨハネの黙示録の中の、勝利を得る者である十四万四千人の男の子、すなわち災難の前に神に完全にされる人たちは、神が自ら導かれる特殊な人たちです。それは聖書に書かれているとおりです。「耳ある者は、“霊”が諸教会に告げることを聞くがよい。勝利を得る者には隠されていたマンナを与えよう。また、白い小石を与えよう。その小石には、これを受ける者のほかにはだれにも分らぬ新しい名が記されている」(黙2:17)。ヤーウェ神は「その日、わたしは奴隷となっている男女にもわが霊を注ぐ」(ヨエ3:2)と言われました。聖書の言葉からこういうことが分かります。世の終わりに、聖霊は自ら声を発し言葉を言って、人に真理を供給されます。賢い乙女は「主が来られた」という叫び声を聞くと、主を迎えることができます。そして主と共に宴席に出ます。すると、主は隠されているマンナ、すなわち神の言葉を彼らに与えられます。彼らはまた新しい名を得ます。神は自ら彼らを牧し、彼らに注がれ、彼らは小羊から真理、命を得、その心が洗い清められる衣のようにきよいです。真理が人の命の実際となったら、人はサタンのさまざまな試みに打ち勝って、神のために勝利を得たという証しをすることができます。彼らはしるしと奇跡を見ることによってではなく、小羊の言葉によって生きています。彼らは神に対して本当の認識と信仰を持つようになりました。だから、彼らは大きな苦難を通って来た人たち、神に完全にされる初穂です。この人たちは神の言っている勝利を得る者であり、神の国に入って永遠の命を受け継ぐことのできる人です。

    コメントを残す

    神の働きの三段階はどのように深化し、人々に救いをもたらすのか。

    答え: 「人類を経営する働きは三つの段階に分けられるが、それは人類を救う働きが三つの段階に分けられることを意味している。これら三つの段階には、天地創造の働きは含まれず、むしろ、律法の時代、恵みの時代、そして神の国の時代の三つの段階の働きのことである。天地創造の働きは、人類全体を作り出す働きであった。…

    誠実な人こそが心から神を愛することができる

    主イエスはわたしたちにこう教えられました。「はっきり言っておく。心を入れ替えて子供のようにならなければ、決して天の国に入ることはできない」(マタ18:3)。主はわたしたちが子供のようになることを要求されますが、では主が言うような子供はどんなふうな人ですか。単純で誠実で、神をひたむきに愛していて、神を…

    65条のキリストが二回目降臨することに関する最も良い聖句

    聖書には主イエス・キリストの二回目の降臨について預言する聖句がたくさんあります。以下の聖句はイエスの再来の兆候、時間、方法及びキリストが再臨したらどんな働きをなさるかなどの面からまとめました。あなたがキリストの再臨する預言をよりよく理解し、そして、この中から新しい光を得て、一日も早くイエス・キリスト…

    超大型ハリケーン「ハービー」が来襲した。「不測の風雲」の背後の警告を求めるべきだ

    最近、アメリカの「風雲の変化」はいつも大衆の注目を集める。それは政治とは関係がなく、世の終わりの奇観、災難と関係がある。8月21日、ほとんどすべてのアメリカ国民は百年に一度しか起こらない皆既日食に驚嘆した。一部のクリスチャンは聖書の預言がすでに実現したのを見たので、「これ以上神に悔い改めないなら、ど…

    6種の言動を見るだけでも、あなたが主と正常な関係を持つかどうかを知ることができる

    あなたは主と正常な関係を持っていますか 一部の兄弟姉妹たちはこの質問を聞いた後、「神との正常な関係は一体どういう関係ですか」と聞くかもしれません。実は、正常な関係は、被造物と造物主の関係です。わたしたちが神を神として礼拝し、神に従うようになったら、神と正常な関係を持つようになります。つまり、わたした…

    あなたは神の「みこころ」を理解しているのか

    昨日、わたしはインターネットでこういう物語を読みました。ある少年は外で大金を儲けました。そこで、彼は馬に乗って、喜んで家路をたどりました。しかし途中で大雨が降り出しました。そのため、彼の全身がびっしょりとぬれました。すると、彼はお天道様が意地悪をすると文句を言いました。彼が林まで行った時、拳銃を手に…

    神との関係が正常かどうかを判断する三つの基準

    神を信じるすべての人は、自分が神と正常な関係を築いて、神に認められ、神に良しとされることを望んでいます。しかし、人が神を信じると、神に良しとされることができるというのではありません。パリサイ人のことを例にあげましょう。パリサイ人は神を信じながら、神に逆らうようなことをしていました。彼らは神と敵対関係…

    「船」という字の由来と奥義

    わたしたちが知っているように、「船」は現代で航海し、遠出するのに欠かせない一種の乗り物であり、科学研究を行なったり、戦ったりするための一種の武器でもあります。ところが、「船」という字の由来と「船」という字の奥義を知っている人は少ないです。実は、「船」という字の構造には意味があるのです。どの字の背後に…

    聊天前请阅读并同意我们的隐私权政策。

    您已阅读并同意我们的隐私权政策吗?