人類の運命と万物の運命は創造主による統治と不可分である

    2019年 05月 03日

    あなたがたは皆、成人である。あなたがたの中には、中年の者もいれば、高齢者もいる。未信者から信者となるまでの間、そして神への信仰を持ち始めてから神の言葉を受け入れ、神の業を体験するまでの間に、あなたがたには神による統治に関する認識がどの程度あったであろうか。人間の運命について、どのような識見を得たであろうか。人間は、生涯のなかで望みを全て叶えられるであろうか。あなたがたは、数十年の生活のなかで、自分の望みをいくつ叶えることが出来たであろうか。叶わなかった望みはいくつあるだろうか。思いもよらなかった喜びはいくつあるだろうか。未だに結実するのを待っていたり、好機を無意識に待っていたり、天の意を待っていたりする事柄はいくつあるだろうか。絶望的で行き詰まったと感じた事柄はいくつあるだろうか。自分の運命には、皆大きな希望を抱き、全てが思い通りになり、衣料や食料が不足せず、財産がめざましく増えることを期待する。貧しく、虐げられ、困難で、災いに苛まれる人生を望む者はいない。しかし人間は、こうした物事を予測することも、操作することも出来ない。一部の人々にとって、過去は様々な経験の無秩序な寄せ集めに過ぎず、そうした人々は天の旨を知る事も、それが何かを考えることも無い。こうした人々は、動物のように、何も考えずに毎日を過ごし、人類の運命や、人類が生きている理由、人間はどのように生きるべきかなど考えることは無い。こうした人々は人類の運命について何も理解することなく年老いてゆき、死ぬときまで人生の意味について何も知ることは無い。そうした人々は死んでおり、魂の無い獣のような生き物である。人間は万物の中で生活し、この世で人々の物質的な需要を満たす様々な方法により快楽を得、この物質世界が継続的に進歩しているのを見ているにもかかわらず、自分自身の経験、すなわち人間の心や霊が感じる事柄は、物質的な事柄と何ら関係が無く、また、物質的な事柄はそうした経験の代替ではない。そうした経験は人間の心で深く認識する物事であって、目に見えないものである。そうした認識は、人生と人間の運命に関して、その者が理解し、それを感じることの中にある。そして多くの場合、そうした認識の結果として、目に見えない支配者が人間のために万物を用意し、指揮していることの理解へと繋がる。こうした物事の中では、人間は運命の定めや指揮を受け入れざるを得ず、また同時に、人間は創造主が計画した将来の道、創造主による個人の運命の統治を受け入れざるを得ない。これは疑いの無い事実である。運命に関して人間がどのような見通しを立て、どのような姿勢であったとしても、その事実を変えられる者はいない。

    類の運命と万物の運命は創造主による統治と不可分である,人生の運命

    あなたがたが毎日どこへ行き、何をして、誰と会い、何を見て、何を言うか、あなたがたに何が起こるか、といった事柄を予測出来るであろうか。人間はそうした事柄の発生を予測することができず、ましてそれらがどのように展開してゆくかを予測することは出来ない。人生において、予期せぬ出来事は日常的に発生する。こうした日常的に起こる変化や、そうした変化の発生のしかた、発生後の展開形態は、何ら規則性無く発生する物事は無く、発生した物事の結果やその必然性は、人間の意志で変えられないということを、人類に対して継続的に喚起するものとなっている。あらゆる出来事は、人間に対する創造主の訓戒や、人間は自分自身の運命を支配できないという知らせを伝達すると同時に、自らの運命を掌握しようとする人間の大それた、そして無意味な野望や願望に対する反証でもある。こうした出来事は、耳元で連続的に発生する強い衝撃音のように、人間に対して、誰が最終的に人間の運命を支配しているかを強制的に再検討させるものである。人間の野望や願望が繰り返し阻まれ、砕かれてゆくにつれ、結果として人間は、待ち受ける運命や、現実、天の意、そして創造主による統治を、無意識のうちに自然と受け入れる。こうした日常的な変化から全人生の運命に至るまで、創造主の計画や統治を明示しないものは無い。すなわち、「創造主の権威は超越不可能である」という知らせを伝えないもの、「創造主の権威は至高のものである」という恒久の真理を伝えないものは存在しない。

    人類の運命と万物の運命は、創造主による統治と密接に絡み合い、創造主の指揮と不可分の繋がりがあり、最終的にそれらの運命を神の権威から引き離して翻弄することはできない。人間は、万物の法則により創造主の指揮と統治を理解するようになり、生存の法則により創造主の統治を認識し、万物の運命により創造主がその万物に対する統治と支配を行使する方法に関して結論を得る。また人間は、人間と万物のライフサイクルによって、万物やあらゆる生物に対する創造主の指揮と采配を真に経験し、そうした創造主による統治や采配が、この世の法令や規則、制度その他の権力や威力よりも優先されるのを目の当たりにする。これに鑑みると、創造主による統治は、いかなる被造物も侵害出来ないものであり、いかなる権力も創造主によって予定された物事に干渉したり変更したり出来ないものであることを、人類は認めざるを得ない。人類や万物の何世代にもわたる生活や繁殖は、こうした神性の法則や規則の下で行われる。これは創造主の権威が真に具現化されたものではなかろうか。人間は客観的な法則の中に、あらゆる出来事や万物の創造主による統治と定めを見出すが、創造主による宇宙の統治の原理を把握できる人間は何人いるであろうか。自分自身の創造主による統治と采配を真に知り、認め、受け入れて、それに服従出来る人間は何人いるであろうか。創造主による万物統治という事実を信じて、創造主が人生の運命も支配していることを真に信じ、認めることが出来る者は、誰であろうか。人間の運命は創造主の掌中にあることを真に理解できるのは、誰であろうか。創造主が人類の運命を支配し、管理しているという事実に直面した時、創造主によるその統治に対して人類はどのような態度で向き合うべきかということは、その事実に直面する全ての者が判断すべきことである。

    通読おすすめ:

    創造主の権威のもとでは、万物が完璧である

    コメントを残す

    クリスチャンの生活と証し・映画「心の鎖を解き放つ」人間は本当に自分の運命を支配しているのだろうか

    陳智は貧しい農家に生まれました。学校で教わった「知識で運命は変えられる」「運命は自分で切り開くもの」という考え方をモットーにしていました。一生懸命働きさえすれば、他から抜きん出ることができて、功績と名声を手に入れられると信じていたのです。大学を卒業すると、陳智は高給の外国貿易の仕事に就きました。しか…

    結婚の物語ー彼女はいかに自分の伴侶を選んだか

    寄稿家:佘琪(中国) 誰の人生でも結婚は一大事ですが、幸せを確かなものにするには、どうやってパートナーを選べばいいでしょうか。あなたの伴侶を選ぶ基準は何ですか。最近ではますます多くの女性が長身で裕福でハンサムな人との結婚を望み、ますます多くの男性が美しい女性との結婚を望んでいます。お金があって贅沢な…

    言葉を用いて人間との契約を立てる神

    (創世記9:11-13)「わたしがあなたがたと立てるこの契約により、すべて肉なる者は、もはや洪水によって滅ぼされることはなく、また地を滅ぼす洪水は、再び起らないであろう」。さらに神は言われた、「これはわたしと、あなたがた及びあなたがたと共にいるすべての生き物との間に代々かぎりなく、わたしが立てる契約…

    人間の人生における6つの節目-結婚:第4の節目

    ある者が成長して成熟すると、自分の両親や自分が生まれ育った環境から離れて行き、自分の両親とは異なる、自分の人生の方向性と人生の目標を追究するようになる。この時、その者は両親を必要としないが、一緒に生活出来る者、すなわちその者の運命が密接な関連性を持つ、配偶者を必要とする。このように、その者が独立して…

    人間の人生における6つの節目-死:第6の節目

    慌ただしい日々と、挫折と失望、歓喜と悲哀、幸運と不運、忘れられない年月など、無数の出来事を経験し、巡る季節のなかで何の前兆もなく様々な人生の重要な節目を瞬く間に過ごした末、人間は衰退期に入る。過ごした年月は身体全体に刻み込まれている。もはや真っ直ぐ立つことは出来ず、濃色の頭髪は白くなり、明るく澄んだ…

    クリスチャンの証し-成功を収めた後の喜びと悲しみ

    寄稿家:ヂィ(イタリア) 私が小学生だった頃、毎年夏休みや冬休みになると私のいとこたちが車で家にやってきて沢山のプレゼントを持ってきてくれました。そして、家の中は親戚、友達、そして近所の人たちでいっぱいになりました。皆が自分のいとこたちを尊敬する目で見つめる様子を見て、私はとても羨望しました。その時…

    自分の唯一の主として神を受け入れることが、救いを得る第一歩である

    神の権威に関する真理は、全ての者が真剣に取り扱い、心で経験して理解すべき真理である。なぜなら、こうした真理は全ての者の人生、過去、現在、そして未来と関係があり、また人生において全ての人間が通らなければならない重要な節目、人間の神による統治に関する認識、そして神の権威に対して取るべき姿勢と関係があり、…

    寓話-私の靴・My Shoes

    動画の中に、男の子は古い服とぼろ靴を着用し、足の指がすべて靴から出ています。彼はよく嘲笑われ、苦痛の中で生きています。ある日、彼は新しい服と靴を着用している、一人の男の子がベンチに座っているのを目にしました。その男の子は彼に挨拶したが、彼は劣等感を持ちながらその場を離れました。ある大樹の下、彼は独り…

    聊天前请阅读并同意我们的隐私权政策。

    您已阅读并同意我们的隐私权政策吗?