人生の虚しさを解放する道はここにある

    【編集者メモ】人生の虚しさを埋めるため、彼はよく友だちと飲み食いや遊びに出かけます。しかし彼の霊はいまだに満足していないだけでなく、そのような人生は虚しさに苦痛をも加えます。神様を信じるようになったあと、彼は自分の虚しさの根源を理解するとともに、それを解決する道を見つけます。 寄稿家:思明(韓国) 朝早く、私は窓際の小さな机の前に座って『カナ

    地震後の熟考:人生において、追い求めることに価値と意味があるものとは

    2018年6月18日の朝8時ごろ、私はいつも通りに作業場で仕事を始めようとしていました。その瞬間、いきなり地鳴りがして、地面が揺れ始め、床が陥没し始めたのです。作業場のドアがバタンと閉まるのを見た瞬間、私たちは地震が起きていることに気が付き、同僚と私は慌てて建物から避難しようとしました。やっとの思いで空地に駆けだすと、私は恐怖感に満ちた恐ろしい現状をま

    人生の意味ー命をお金と引き換えにする人生に別れを告げる

    「お金のために生き、お金のために死に、一生のあいだお金を追い求める。お金のために負け、お金のためにだまされ、お金のために生き、そして死ぬ」。この言葉は、今の時代に多くの人が一生涯、追い求めているものであり、この記事の筆者もその例外ではありません。かつて彼は、自分の命をお金と引き換えにし、お金で命を買い戻し、大きな痛みの只中に生きていました。そ

    土を振り落としてその上に立つ(オーディオブック)

    ある農夫がラバを飼っていました。そのラバが、ある日涸れ井戸に落ちてしまいました。井戸は余りに深く、ラバを助ける方法はないと考えた農夫は、諦めるしかありませんでした。けれども井戸の中でラバが苦しみ続けるのも可哀想だと思った農夫は、井戸の中に土を入れて、ラバを埋めてしまう方が良いと考えました。農夫は土を投げ込み続けましたが、ラバは背中に落ちてくる

    幸せを得る秘訣(オーディオブック)

    彼は結婚したばかりの出稼ぎの若い男性です。妻とは仲がよく、子供も利口です。しかし一家を養うためには、毎日せわしなく立ち働かなければなりません。 彼は中年になったホワイトカラーで、衣食に困らない生活をしています。だが、昇進し、給料を増やすためには、懸命に残業しなければなりません。彼はいろいろと付き合いがあり、仕事が終わってもすぐには家に帰られ

    クリスチャンの証し-成功を収めた後の喜びと悲しみ

    寄稿家:ヂィ(イタリア) 私が小学生だった頃、毎年夏休みや冬休みになると私のいとこたちが車で家にやってきて沢山のプレゼントを持ってきてくれました。そして、家の中は親戚、友達、そして近所の人たちでいっぱいになりました。皆が自分のいとこたちを尊敬する目で見つめる様子を見て、私はとても羨望しました。その時、私は、「いとこみたいな立派な人になって、先

    お茶とは沸騰させた水よりもわずかに苦いものにすぎないのでしょうか

    私は茶店の見習いです。私は茶道を学ぶ前、お茶は沸騰させた水や他のドリンクと比べて少しにがいだけのものに過ぎないと思っていました。しかし、私は茶店で働き始めると、お茶には沢山学ぶことがあり、思っていたほど単純ではないことを知りました。 例えば、紅茶、緑茶、黒茶、白茶、黄茶、ウーロン茶、菊花茶、そしてプーアル茶等があります。このそれぞれに独自の

    精練:神様からの最高の贈り物

    人生は浮き沈みがあり、恐ろしい嵐があり、まるで海のようだと言う人がいます。また、人生は1つの桟橋から未知の港に向かい、停泊することもある、海の上を漂流する小舟のようだと言う人もいます。 私達は日々の生活の中で、強盗にあったり、病気に苦しんだり、困難な人生を歩んだり、仕事で失敗したりフラストレーションを感じたり⋯⋯と、あらゆる失望に遭遇します。

    満足を知ってこそ、恩を感謝し、喜ぶことができる

    先日、ある友達と雑談した時、あの友達はこういうことを話してくれました。彼女の一人の同僚の母親はもともと裕福な生活をし、100平方メートルの部屋に住んでいましたが、満足を知らず、別荘に住む人々をうらやましがっていました。とても悩んでいるので、いつも息子に別荘に住む人々の生活こそ質の高い生活だと言いました。そこで、彼女の息子は母親を別荘に住ませるため

    あなたは「乞食」のような生活に別れを告げたのか

    わたしは「借金」という短い物語を読みました。物語の内容は次のとおりです。一人の乞食はある通行人に千円を求めました。その通行人は彼に「今日は800円しか持ち合わせていない」と言い、そしてそのお金を彼に渡しました。だが、乞食はそのお金を財布に入れた後、お礼を言わず、かえって胸を張って「それなら、あなたはまだわたしに200円の借りがあるね」と言いました。そ

    あなたは機会をとらえたのか

    ある日、わたしはこういう物語を読みました。一人の豪商はポスターを貼って、皆さんにこう教えました。だれでも某日午前9時から12時までに彼の会社に来るなら、彼はその者のために借金を完済すると。しかしその日になったら、町の多くの人はやじ馬見物をするが、誰一人彼の会社に入りませんでした。11時頃になってはじめて、ある人は試してみようという気持ちで豪商のオフ

    あなたは神の「みこころ」を理解しているのか

    昨日、わたしはインターネットでこういう物語を読みました。ある少年は外で大金を儲けました。そこで、彼は馬に乗って、喜んで家路をたどりました。しかし途中で大雨が降り出しました。そのため、彼の全身がびっしょりとぬれました。すると、彼はお天道様が意地悪をすると文句を言いました。彼が林まで行った時、拳銃を手にしている強盗は道に待ちかまえて彼の財物を強奪

    四季の美しさー造物主の権威による傑作を記録するもの

    太陽と月が互いに交替し、四季が循環し、海や河川の中の万物、陸地上の万物は流転している。造物主の権威と支配は天地万物のあらゆる細部に表れている。…… わたしはカレンダーをめくるたびに、「神の権威はあらゆる面に表れている。神の御業は本当に人を感嘆させるのだあ!」と感慨にふける。天地は見渡す限り果てしない。太陽と月は輝いている。何もかも神のすばら

    それらを嫌わないでください

    生物に対する人の好みがそれぞれ違うので、人の評価、意見もそれぞれ違います。ある人は獰猛な獅子、虎が好きです。獅子、虎は横暴な気質とたくましい体を持っているからです。ある人は蝶が好きです。蝶の姿は美しくてたおやかだからです。ある人は小犬が好きです。子犬の飼い主に対する忠誠は立派だからです。ある人は象が好きです。熱帯森林の中で、象の生命力が最も強

    挫折は成功への入場券

    わたしはこういう短い物語を読んだことを覚えています。一人の博学な人は、神が彼に有名になる機会を与えない、といつも文句を言いました。そのため、神は「あなたは博学だが、あなたの身につけたどの知識も深くない」と、彼に失敗の原因を教えられました。この博学な人はそれを聞いた後、専心に懸命にピアノを練習し始めました。このように練習することによって、彼は上

    違った角度から人生を見れば、人生はもっとすばらしくなる

    わたしは二枚の、憂い顔の写っている写真を見たのを覚えています。二枚の写真を上下逆さまにして二つの憂い顔を逆さに見ると、異なった視覚効果が生じ、独特な美しさも表れてきます。実は、人の一生もそうなんです。人の一生の中で苦難とままならぬことがあるけれども、もし悲観的にならないで、違った角度から問題を見るなら、そのすばらしい面を見られます。 人の一

    命の選択

    わたしはこういう短い物語を読んだことがあります。一群の若者たちは一人の有名な哲学者に会いに行って、彼に人生の真の意味が何かを聞きました。この老人は彼らの来意を知った後、彼らにリンゴ園に行って彼らの思っている最も大きなリンゴをもぐように言いました。しばらくしてから、若者たちはリンゴ園から出てきました。でも、彼らは自分のもいだリンゴが気に入らず、

    人生の悟り:ありのままの自分でいい

    『三国志演義』は中国の四大名著の一つです。この本の中の周瑜、諸葛亮はみなこの上なく賢い人でした。兵隊を率いて戦っている間に、彼ら二人はそれぞれ自分の君主に仕えているため、いつも知恵比べをしたり、勇気を比べたりして優劣を競いました。だが、諸葛亮は天体の現象を観察することにたけているので、周瑜に比べて少し優れています。そのため、周瑜はしばしば諸葛

    困難は成功に向けての踏み石

    わたしはこのようなことを聞いたことがあります。若鷹が高い空を飛ぶことができるように、鷹は若鷹の羽毛が生えそろう時、若鷹を崖から突き落とします。若鷹は落ちている時、命を守るために懸命に羽ばたきします。つらいもがきをしているうちに、若鷹は翼を広げて飛ぶことができるようになります。しかし高い空を飛ぶためには、飛ぶことのできる若鷹はもっと残酷な訓練を

    苦難を経験するのは、美しく咲くためである

    果てしのない砂漠で、エメという名の花は咲いています。どの花も赤、黄、白、藍の四色があります。この花のために、砂漠の景色が美しくなりました。しかし、エメが美しく咲くまでにどのくらいの苦難を経験したかを知る人は少ないです。 一般的に、幅広い根系を持つ植物だけが甚だしく水に欠けている砂漠でよりよく生存することができます。ところが、エメは一つの根し

    「死亡」の神秘のベールをはがして

    一人ひとりがこの世界に来ました。人が生まれることはなければならないことで、人が死ぬことは避けられないことです。だれ一人人生の最後の関門――死亡を逃れることができません。わたしたちはみな、生死輪廻という命の歩みを知っていますが、でもどんな人であれ、死亡を直視する度胸がなく、しかも極力死亡に関する話題を避けています。その原因は、わたしたちが死亡の

    どうすれば失敗の暗い影から出てこられるのでしょうか

    この間、インターネットでこういう一人の高校生がいるのを見ました。彼は何事もうまくいかないので、自分が失敗者だといつも思っています。そのため、彼はとても落ち込んでいて、気落ちしています。両親やクラスメートや先生は彼と共に困難に立ち向かっていますが、彼は依然として失敗の暗い影から出て来られません。 実は、わたしたちは自分の人生の中でいつも失敗し

    聊天前请阅读并同意我们的隐私权政策。

    您已阅读并同意我们的隐私权政策吗?