メニュー

次に

キリスト教賛美歌「受肉の神は最も愛すべき方」歌詞付き

2,618 2019年10月29日

受肉の神は最も愛すべき方


神は肉体となった後
人の中で生活をして
人の堕落しきった様子と生活の実情を見た
肉体となった神は
人の無力さ惨めさを深く感じていた
そして彼らの悲しみも同じように深く感じていた
受肉した神は人々の状態により深く同情し
肉体としての本能で
従う者達をより一層思いやった


いつも神の心の中では
神が治め救いたいと願う人々が
何よりも大切で価値がある
絶えず人は逆らい傷つける
神は大きな代価を払った
神は決して人を見捨てず
その業を後悔も不満もなく続ける
受肉した神は人々の状態により深く同情し
肉体としての本能で
従う者達をより一層思いやった
受肉した神は人々の状態により深く同情し
肉体としての本能で
従う者達をより一層思いやった
『小羊に従って新しい歌を歌おう』より

通読おすすめ:

イエスキリストが受肉して再臨する意味は何か

コメントを残す