韓国の賛美歌「人にとって神の愛はいかに重要なことか」

    2019.10.06 +58

    人にとって神の愛はいかに重要なことか


    「神はアダムに命じられた」という聖書の場面は
    感動的で心温まるものだ
    その場面には神と人しか出てこないが
    両者の関係が親密であることが不思議で
    憧れずにはいられない


    神の溢れる愛はただで 与えられ人を取り囲んでいる
    純粋無垢な人は神の見守るもと幸せに暮らす
    神は人を思いやり、人は神の翼の下に生きる
    人のすべての言動は神と引き離せない


    神は人間を創った瞬間から
    人間に対して責任を持っていた
    それはどのような責任だろうか
    それは人間を守り、顧みるという責任
    神を信じ、言葉に従うよう望む
    まず神はこれを人類に求めたのだ


    この初めの望みを抱いて、神は人に命じて言った
    「園のどの木からでも心のままに取って食べてよろしい
    しかし善悪を知る木からは取って食べてはならない
    それを取って食べると、きっと死ぬであろう」
    これらの簡単な言葉は神の意志を示し
    神の心に始めからあった人への関心の表れである


    この言葉から神のこころ内にあるものが分かる
    それは愛と思いやりではないか
    神の愛と思いやりとは感知できるもの
    あなたが良心と人間性のある人ならば
    温かみを感じ、愛され守られていると感じ
    また幸せを感じることができるだろう


    その時、あなたは神に対してどう振舞うだろう
    神を恋い慕うだろうか?
    敬虔な愛が心に芽生えるだろうか?
    神に心を寄せるだろうか?
    このことから神の愛がどんなに重要か分かる
    だが、もっと重要なのは神の愛を感じ理解できること
    『小羊に従って新しい歌を歌おう』より

    聊天前请阅读并同意我们的隐私权政策。

    您已阅读并同意我们的隐私权政策吗?