教会番组-漫才2018「板挟み」十字架の道が栄光の道です

    2018.11.13 +28

    教会番组-漫才2018「板挟み」十字架の道が栄光の道です

    『板挟み』というこの漫才は、中国共産党公務員でありながら終わりの日の全能神の働きを信じた耿信の物語である。その内容は耿信が神への信仰が原因で職を失い、中国共産党警察によって逮捕されて残酷な拷問を受け、それでも最後まで神への証をたてる経験である。中国におけるクリスチャンたちの苦難を物語り、神に頼って悪魔を打ち破り神の証人となる彼らの信仰と決意を描いている。

    もっと見る:

    教会番组-寸劇2018「警察の新年訪問」

    宗教迫害の実録その6「果てない逃亡の道」

    聊天前请阅读并同意我们的隐私权政策。

    您已阅读并同意我们的隐私权政策吗?