「天国への危険な道」NO.6 神がサタンを利用して働きをなさる方法とは

    2020.03.12 +154

    クリスチャン映画「天国への危険な道」抜粋シーン(6)神がサタンを利用して働きをなさる方法とは

    神はこう仰っています。「わたしの計画において、サタンは一歩ごとにかかとに噛み付いてきたのであり、わたしの知恵の引き立て役として、いつでもわたしの本来の計画を邪魔をする方法を探っている。しかし、わたしがサタンの欺きに満ちた策略に屈するものだろうか。天と地のすべてはわたしに仕えている。サタンの欺きに満ちた策略も同様ではないのか。これはまことにわたしの知恵の交わるところ、これはまことにわたしの業の驚くべき点であり、これはまことにわたしの全経営(救いの)計画が実行される原理なのだ。」(『言葉は肉において現れる』より)終わりの日の神の働きとして、中国共産党や宗教界の反キリスト勢力を利用し、人々を完全にさせる方法とは何でしょうか。サタンの陰謀を基に神の知恵が実行されていると言われるのは何故なのでしょう。真理を嫌悪し、神に激しく反抗し続けてきた中国共産党や宗教界の反キリスト勢力は最終的にどうなるのでしょうか。この短編動画をご覧ください。

    聊天前请阅读并同意我们的隐私权政策。

    您已阅读并同意我们的隐私权政策吗?