今日のみことばー神を知ることこそ神を畏れ悪を避ける道(抜粋3)

    神の言葉を日々読み、場合によっては代表的な言葉を、最も貴重な財産として注意深く覚えようとしたり、その上随所で神の言葉を説教して言葉という手段で他者に備えを与え、援助することさえする人々が大勢居る。この

    今日のみことばー神を知ることこそ神を畏れ悪を避ける道(抜粋2)

    神であるすべて、神が持っているすべて、神の本質、神の性質は、全て神の言葉の中で人間に知らしめられている。神の言葉を体験する時、人間が神の言葉を実行する過程において、神が述べている言葉の根底にある目的、

    今日のみことばー神を知ることこそ神を畏れ悪を避ける道(抜粋1)

    誰もが神を信じて生きる自らの生活を顧み、神を求めるにあたり神を真に理解しているか、真に把握しているか、そして真に神を知るに至っているか、様々な種類の人間に対し神がどのような姿勢で臨むかを知っているか、

    賢い乙女とは何か、賢い乙女が宴席に着く秘訣は何か

    快速ナビ 賢い乙女のたとえ 常に聖書を読み、祈り、苦労して働き、主の再来を熱心で待つ者は賢い乙女なのか 賢い乙女とは何か 終わりの日に、賢い乙女は主の再来をどのように扱うべきか 神様の声をどの

    招かれる者は多いが、選ばれる者は少ない

    わたしは地上において、わたしの追随者となるように多くの人々を求めてきた。これら追随者の中には、祭司として仕える人々、先導する人々、子となる人々、民を形成する人々、奉仕をする人々がいる。彼らがわたしに見

    終わりの日のキリストだけが人に永遠のいのちの道を与えられる

    いのちの道は誰でも持てるものではなく、また誰にとっても簡単に得られるものではない。いのちは神からしか生じ得ないからである。つまり、神自身のみがいのちの本質を有しており、神自身のみがいのちの道をもってい

    今日のみことばー神は人間のいのちの源である(抜粋 2)

    神はこの世を創造し、神がいのちを授けた生けるものである人を、この世にもたらした。次いで、人は両親や親族を持つようになり、もはやひとりぼっちではなくなった。人が最初にこの物質的な世界を見て以来ずっと、人

    真の悔い改めとは何か

    主イエスは言われました。「悔い改めよ、天国は近づいた。」(マタイによる福音書4:17)では、真の悔い改めとは何か。多くの人は主に祈って罪を認め、主の御言葉によって寛容し、へりくだり、忍耐し、苦しみを受けて

    今日のみことばー神は人間のいのちの源である(抜粋 1)

    あなたが泣き声を上げてこの世にやって来るその瞬間から、あなたはあなたの本分を果たし始める。あなたは、神の計画と神の定めにおいてあなたの役割を担う。あなたは人生の旅路を始めるのである。あなたのこれまでの

    新時代の戒め

    あなたがたは神の言葉をもって自らを装備するよう言われているが、あなたがたのために何が采配されようが、すべては神が自らの手で指揮するものであるから、あなたがたの熱心な祈りや嘆願は必要ではない──それらは

    今日のみことばー神の現れによる新時代の到来(抜粋 2)

    神は全人類の神である。神が自分を一つの国や民族の所有物とすることはない。神が自分の計画にある働きを、形式や国、民族といった制限を受けることなく行う。これまであなたはこのような形式を考えたこともなかった

    聊天前请阅读并同意我们的隐私权政策。

    您已阅读并同意我们的隐私权政策吗?